本年度アカデミー賞主要部門6部門(作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞)ノミネート、第74回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞(ケイシー・アフレック)受賞、第88回ナショナル・ボード・オブ・レビュー主要賞4賞受賞など、全米の賞レースを席巻している、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(5月よりシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほかにて全国公開)のティザービジュアル・特報が完成!

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
© 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

本作は、マット・デイモンがプロデューサーを、『ギャング・オブ・ニューヨーク』の脚本でアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたケネス・ロナーガンが監督・脚本を務めた珠玉の人間ドラマ。ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷の“マンチェスター・バイ・ザ・シー”へと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

主演のケイシー・アフレックは、本作でキャリアの中でも白眉と言える演技を見せ、「素晴らしい!」「偉大な俳優たちの仲間入りを果たした!」「オスカー最有力!」と各メディアも絶賛。ゴッサム賞、ニューヨーク映画批評家協会賞、ボストン映画批評家協会賞、クリティクス・チョイス・アワード、そしてゴールデン・グローヴ賞…現在30を超える主演男優賞を続々受賞し、賞レースを騒がす作品群の中で圧倒的に抜きん出る受賞数でアカデミー賞最有力候補になっている。また、主人公の元妻を演じたミシェル・ウィリアムズ(『マリリン7日間の恋』)、甥を演じた新星ルーカス・ヘッジズも、それぞれ数々の助演女優賞、助演男優賞を受賞し、主要キャストが揃ってアカデミー賞ノミネーション入りを果たしている。

この度解禁となったティザービジュアルでは、ケイシー・アフレックとミシェル・ウィリアムズが、悲しげな表情で海辺に佇み、向き合い、「心も涙も、美しかった思い出も。すべてを置いてきたこの街で、また歩きはじめる――」というキャッチが添えられている。
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
© 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

特報では、兄の突然の訃報を受けて、ケイシー・アフレック演じる主人公リー・チャンドラーが、戻りたくなかった故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーへと帰ってくるところから始まり、甥の後見人になることを言い渡されて、困惑するリー、「あの時 私の心は壊れた。あなたもでしょ?」と涙する元妻ランディ(ミシェル・ウィリアムズ)や甥パトリック(ルーカス・ヘッジズ)とのやり取りが映し出される。リーの過去に何があったのか。感情の波に揺り動されながら、彼がどのように過去と向き合っていくのか―。誰もが胸をうつドラマを感じさせる特報に仕上がった。

監督・脚本:ケネス・ロナーガン 
出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ、カーラ・ヘイワード
2016年/アメリカ/137分 ユニバーサル作品 配給:ビターズ・エンド/パルコ
© 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.
http://manchesterbythesea.jp/

5月シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー!



マット・デイモンをamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で