廃棄生地を、次世代を担うクリエイターの新しい発想と縫製企業の優れた技術で、製品としてよみがえらせる!
ファッションの専門学校エスモード ジャポンと弘前市がコラボした、 アパレル産業イノベーションプロジェクト「LA BOUTIQUE ESMOD」は、 学生クリエイターが廃棄生地を蘇らせた最先端のエコファッションです。

エスモード ジャポン×弘前市~LA BOUTIQUE ESMOD(ラ・ブティック エスモード)

アパレル産業イノベーションプロジェクト

◆「アパレル産業イノベーションプロジェクト」とは

「アパレル産業イノベーションプロジェクト」とは、 素材開発や縫製の現場で生じるロス(廃棄になる素材)を、 新たな発想から生まれたデザインにリサイクル使用、 製品化を弘前市内の縫製工場で行い、 店舗で販売するというビジネスモデルに結びつけていくというプロジェクトです。
言い換えれば、 エスモード東京校・京都校の学生が、 企画・立案からマーケットリサーチ・商品デザイン・生産(縫製)・販売までのすべてのプロセスを、 企業や専門家とコラボレーションしながら実践するという、 現場連動型のプロジェクトです。

◆「業界や地域社会とのコラボレーション」弘前市

アパレルビジネスにおいて生地をはじめとする素材は、 その工程において残ってしまうもの、 廃棄の対象になるものが多々出てきてしまいます。 このプロジェクトでは、 アパレルメーカーや繊維会社の協力を得て、 廃棄となる素材をリサイクル活用し、 縫製を青森の弘前市にある縫製工場で行います。 弘前市は10年以上前から全国高等学校ファッションデザイン選手権大会(通称:ファッション甲子園)を実施するなど、 アパレル・ファッション産業で市の活性化を図っています。 その弘前市にある、 世界の有名ブランドの生産を請け負う高い技術を持つ縫製工場とのコラボレーションが実現するのです。

◆ 「学生クリエイター自身による販売」ラフォーレ原宿2Fポップアップスペース“CONTAINER”にて

ハイレベルの縫製で製品化された商品は、 クリエイターであるエスモード東京校の学生自身の手で販売します。
次世代クリエイターを生み出し、 ラフォーレ原宿2Fのポップアップスペース“CONTAINER”で、 ストリートファッションから最先端モードまで、 プロジェクトから生み出された商品が並び、 エスモードのクリエイティブな世界を楽しんでいただけます。
同時に、 このプロジェクトが産業・行政とのコラボレーションであることを展示し、 新しいビジネスモデルへの挑戦を発信します。

◆ LA BOUTIQUE ESMOD ラ・ブティック エスモード

 ファッションの専門学校エスモード ジャポンと弘前市がコラボレーションした、 アパレル産業イノベーションプロジェクト「LA BOUTIQUE ESMOD」は、 学生クリエイターが廃棄生地を用い、 “HUMAN”“WEAR ART”をコンセプトに、 未来の人間像や100年後の原宿を想像し、 新たな発想から生まれたアイテムの集積されたポップアップショップです。
ストリートファッションから最先端モードまで、 プロジェクトから生み出された商品が並ぶ、 エスモードのクリエイティブな世界をお楽しみください!

【概要】
産学官協同プロジェクト:アパレル産業イノベーションプロジェクト~LA BOUTIQUE ESMOD~
参加縫製企業(4社):(有)サッシュ弘前 (株)アルファーソーイング (株)ワークス (株)センチュリーテクノコア
ショップ:ラフォーレ原宿2Fポップアップスペース“CONTAINER”
ショップ展開:2017年3月1日~3月6日

エスモード ジャポン

【ESMOD】
エスモードは、 1841年のフランスで、 ルイ・フィリップ皇帝の時代にアレクシス・ラヴィーニュがパリに設立した世界最初のファッション教育機関です。 1984年、 フランス国外に初めて東京校を設立し、 現在エスモードインターナショナルグループは、 世界14ヶ国21校に拡大しています。
http://www.esmodjapon.co.jp

【リリース】株式会社PR TIMES



ラフォーレ原宿をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で