テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『奪い愛、冬』の「AbemaTV」限定番組。
最終回に向けて「産休前に、(蘭役を)完全にやり切りたい」と熱い想いを語る。
2月25日(土)の放送では「嫉妬はする」と話す大谷のプライベートな一面をお届けします。

水野美紀,三浦翔平,大谷亮平
ⒸAbemaTV

株式会社AbemaTVが運営する“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」の「AbemaSPECIALチャンネル」では、本日2月25日(土)夜8時より、前日に放送したテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『奪い愛、冬』の第6話を放送。

あわせて、奥川康太役の三浦翔平さんが見どころをお伝えする『もうすぐ、奪い愛』と、ドラマの裏側を語る『もうちょい、奪い愛』を同日夜7時57分より、さらに、尾上礼香役のダレノガレ明美さんが主演する『もうちょい、奪い愛 with 生ドラマ』の第6話を本編終了後の夜8時54分より生放送にてお届けします。

前回2月18日(土)に放送した『もうちょい、奪い愛』では、森山信役の俳優・大谷亮平さんと、森山蘭役の女優・水野美紀さんが三浦さんと対談。放送直後からSNSで大きな話題をよんでいる、第3話の “「ここにいるよ」と掃除機入れから蘭が突如現れるシーン”について、水野さんは「(そのセリフは)台本では、(掃除機入れの)外で言うはずだったが、(掃除機入れ)中で言ったほうが、面白いんじゃないかとなり、(現場で)出来上がったシーン」と名場面誕生の秘話を話しました。続けて、同日放送された第5話にて、光役を演じる倉科カナさんと水野さんが、ビンタし合うシーンについて水野さんは、「鼻血が出たかと思って確認した」と告白。撮影の裏側を紹介しました。
また、余命2ヶ月を告白された信を演じる大谷さんの顔色が悪くなっていくことについて三浦さんと水野さんが触れると、大谷さんは「マジですから!(顔色が悪いのは)メイクとかではないです。気持ちを込めていると、(顔色が悪く)なるんですかね」と話し、三浦さんと水野さんを驚かせました。

三浦翔平
ⒸAbemaTV

2月25日(土)に放送する『もうちょい、奪い愛』では、前回に続き森山信役の俳優・大谷亮平さんと、森山蘭役の女優・水野美紀さんが三浦さんと対談します。三浦さんは、「プライベートの恋愛では束縛をするタイプか?光のように、携帯の暗証番号が前の彼氏の(誕生日の)番号だったらどうするか」と質問。それに対し、大谷さんは「嫉妬は多少する。(嫌なことがあったら)我慢できないので相手に言う」とコメント。ドラマの印象とは少し違う、大谷さんのプライベートな一面を公開します。その他、“蘭の足をさするシーンでの大谷流・工夫ポイント”を話す、大谷さんにも大注目です。

対談の最後には、次週が最終回になる『奪い愛、冬』の放送に対して、大谷さんは「役としてはあと2、3ヶ月しか生きられないので、そこに向けて全力でやりたい」、水野さん「完全にやりきりたい。『奪い愛、冬』の撮影を撮り終えてから、産休に入るので、悔いの残らないようにしたいです」と意気込みを語る、出演者3人の姿をお届けします。

■AbemaTV 『奪い愛、冬』第6話
放送日:毎週土曜日
放送時間:夜8時~夜9時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/8oCwnc2VBUWVEf

■テレビ朝日 金曜ナイトドラマ『奪い愛、冬』番組概要
放送曜日:毎週金曜日
放送時間:夜11時15分
※一部地域除く
http://www.tv-asahi.co.jp/ubaiai/

《テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ「奪い愛、冬」キャスト》
池内 光(いけうち・ひかる) ……… 倉科 カナ
奥川 康太(おくがわ・こうた) ……… 三浦 翔平
森山 信(もりやま・しん) ……… 大谷 亮平

豊野 秀子(とよの・しゅうこ) ……… 秋元 才加
尾上 礼香(おのうえ・れいか) ……… ダレノガレ明美
加藤 清(かとう・きよし) ……… 西銘 駿
斎藤部長(さいとう) ……… ミスターちん

池内 麻紀(いけうち・まき) ……… キムラ緑子

武田 玄(たけだ・げん) ……… 三宅 弘城
奥川 美佐(おくがわ・みさ) ……… 榊原 郁恵
森山 蘭(もりやま・らん) ……… 水野 美紀
 《テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ「奪い愛、冬」スタッフ》
脚本:鈴木 おさむ
音楽:沢田 完
ゼネラルプロデューサー
 横地 郁英(テレビ朝日)
プロデューサー
 川島 誠史(テレビ朝日)
 遠田 孝一(MMJ)
 八巻 薫(MMJ)
演出
 樹下直美 小松隆志 星野和成
制作
 テレビ朝日
 MMJ



水野美紀をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で