2016年カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した映画『パーソナル・ショッパー』が5月12日(金)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて全国ロードショー。
本作は、全世界で大ヒットを記録した「トワイライト」シリーズの女優クリステン・スチュワートがフランスの鬼才・オリヴィエ・アサイヤス監督と『アクトレス~女たちの舞台~』に続き、2度目のタッグを組んだ作品。

2016年カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した映画『パーソナル・ショッパー』

2016年カンヌ国際映画祭では、<何が起きるのかルールなど存在しない―ヴァラエティ><壮大かつ型やぶり!ビリビリと衝撃が走る。―タイムアウト><意味ありげで心をかき乱される心理ミステリー。―テレグラフ><カンヌ国際映画祭で長らく待ち焦がれていたような純粋な狂気の叫びを聞いた ―ガーディアン>とその衝撃的な展開が称賛、物議を醸し、見事監督賞を受賞!カンヌ受賞最新作がいよいよ日本で公開となります!

シグリッド・ブアジズ (Sigrid Bouaziz)
作中では、クリステン演じるモウリーンの亡き双子の兄の恋人・ララ役を演じる。さらにFENDI 2017春夏コレクションの新たなミューズにも選出され、ブランドの新作フィルム「ガールズ シークレット」で主演を務め、コケティッシュでフェミニンな魅力を振りまいている。

STORY
忙しいセレブに代わり服やアクセサリーを買い付ける“パーソナル・ショッパー”としてパリで働くモウリーンは、数カ月前に最愛の双子の兄を亡くし、悲しみから立ち直れずにいた。なんとか前を向き歩いていこうとしているモウリーンに、ある日、携帯に奇妙なメッセージが届き始め、さらにある殺人事件へと発展する―。果たして、このメッセージは誰からの物なのか? そして、何を意味するのか?

監督:オリヴィエ・アサイヤス(『夏時間の庭』『アクトレス ~女たちの舞台~』)
出演:クリステン・スチュワート、ラース・アイディンガ―、シグリッド・ブアジズ
原題:Personal Shopper/2016年/フランス映画/英語・フランス語/1時間45分/シネマスコープ/カラー/5.1ch
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
http://personalshopper-movie.com/
©2016 CG Cinema – VORTEX SUTRA – DETAILFILM – SIRENA FILM – ARTE France CINEMA – ARTE Deutschland / WDR



オリヴィエ・アサイヤス監督をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。