本年度アカデミー賞主演男優賞・脚本賞を受賞した、マット・デイモン プロデュース、ケイシー・アフレック主演、ケネス・ロナーガン監督・脚本『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が、いよいよ5月13日(土)よりシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国公開。

マンチェスター・バイ・ザ・シー
© 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

本作は、アカデミー賞主演男優賞、脚本賞受賞をはじめ、世界中で227部門にノミネート、107部門受賞という快挙を成し遂げている注目作。ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公リーが、兄の死をきっかけに故郷“マンチェスター・バイ・ザ・シー”へと戻り、16歳の甥パトリックの面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。リーの絶望と再生を、時折ユーモアを交えながら丁寧に紡ぎ出した珠玉の人間ドラマです。

★ヒュー・ジャックマン、ニコール・キッドマン…ハリウッドも熱狂の珠玉の人間ドラマ

本作のプロデューサーはマット・デイモン。自身も脚本家としてオスカー受賞経験のあるデイモンが、企画から携わり、“ささいな判断ミスがきっかけで人生が崩壊してしまう男のストーリー”というアイデアをもとに、旧知の脚本家・監督ケネス・ロナーガンに脚本をゆだねた。

デイモンは当初は監督・主演も務める予定が、「第一稿を読んで、あまりのすばらしさに、雷に打たれたように衝撃をうけた。

『これはケネス・ロナーガンの映画だ!』と思い、監督はケネスにお願いした」と語る。スケジュールの関係で主演は「ケイシー・アフレックならば」とその座を譲った。結果、マット・デイモンは映画の出来に大満足。「これは、人々の心に一生涯刻まれる映画だ。」と太鼓判。

他にも、ツイッターで、ヒュー・ジャックマンが「『マンチェスター・バイ・ザ・シー』には、驚くほど心を揺さぶられた。全キャストの演技があまりにも素晴らしい!」と絶賛。『誘う女』でケイシー・アフレックと共演経験のあるニコール・キッドマンは、Varietyの対談番組で「心を奪われた!並外れの深さ、本物の演技、絶妙なストーリーテリング。この映画は信じられないほどパワフル!」と本作に惚れ込みきっていた。他、本作でケイシー・アフレック演じる主人公リーの甥パトリックを演じ新人にしてアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたルーカス・ヘッジズによると、彼の憧れアンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーンも本作を気にいってくれていたとか!

「これは、人々の心に一生涯刻まれる映画だ。」
―マット・デイモン(プロデューサー)

「驚くほど心を揺さぶられた。全キャストの演技があまりにも素晴らしい!」
―ヒュー・ジャックマン

「心を奪われた!並外れの深さ、本物の演技、絶妙なストーリーテリング。この映画は信じられないほどパワフル!」
―ニコール・キッドマン

★日本でも著名人が続々と応援!

日本国内でも、絶賛の声は続々とあがっている。女優の板谷由夏さんは、オスカー予想で、『ラ・ラ・ランド』一色の中、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』に作品賞、主演男優賞、助演女優賞を投票。「ここまで人の心のひだに寄り添った映画はない。素晴らしい!」と、早くから“応援団”として本作をプッシュし、先日の日本最速イベントにも登壇し本作を強く宣伝。

ほかにも、町山智浩さん、LiLiCoさん、西川美和監督、李相日監督、柴田元幸さんなどから応援コメントがあつまっている。

「アルビノーニのアダージョ」と共に明らかになる決して贖えない罪。この映画は安易に救いを与えない。その代わり、黙って肩を抱いてくれる。
―町山智浩氏(映画評論家)

“悲しみ”や“憎しみ”が、時が経つと“許し”に変わるのかもしれない。観ているうちに気がつく。この映画は人生そのものだ!
―LiLiCo氏(映画コメンテーター)

僕らは深い傷や心の痛みに無理にでも向き合い、克服する姿を見ようとしてしまう。しかし、たとえ立ち直れなくても、人生は続く。この先、生きていて良かったと思える瞬間が宿るような気がしてならない。
―李相日氏(映画監督)フィガロジャポン 6月号より

鼻水が膝に垂れるほど大泣きしてしまった。作り手としての自身のやり方も根本から考え直したいと思える一作でした。本当に完璧に美しいシナリオで、40代になって観たものの中でナンバーワンではないかと思います。
―西川美和氏(映画監督)

予定調和の号泣も、感動的許し合い&抱擁も排して、裁かずに寄りそい、謳い上げず静かに見守る。とてもいい映画だと思います。
―柴田元幸氏(翻訳家)

★『ラ・ラ・ランド』、『ムーンライト』だけじゃない!

総勢約50名の“映画のプロ”が絶賛!!もう一つのオスカー有力作!

生きる意味を見失うほどの壮絶な過去を持つ主人公のリーの絶望と、しっかり者の兄や現代っ子の甥、かつては愛し合った元妻とのやり取り、帰郷を経て過去と向かい合い、微かながら確かな再生へと向かっていく本作が、私たちの心に残す小さな希望―
アカデミー賞といえば、『ラ・ラ・ランド』、『ムーンライト』だけじゃない!

総勢約50名もの“映画のプロ”が、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』の持つ魅力を絶賛しています。一部絶賛コメントをご紹介!

「ここにはささやかだけど本物の感動があります」―渡辺祥子さん(映画評論家)

「人は深く傷ついたとしてもいつか必ず再生出来るという事を教えてくれる。」―コトブキツカサさん(映画パーソナリティ)

「悲惨な時でもふとこぼれる笑いを掬い取ってくれてありがとう」―村山章さん(映画ライター)

「身動き取れない人の脆さに寄り添う本作は、とても優しく静かに沁みる。」―中井圭さん(映画解説者)

「輝かしい時だけが、生きる意味じゃない。この映画に描かれる人生の真実に触れた瞬間、心が震えた。」―立田 敦子さん(映画ジャーナリスト)

「自分の中にこんなにまで涙が貯まっていたのか?愛を背負う男の内なる感情が物語を綴る傑作中の傑作!」―伊藤さとりさん(映画パーソナリティ)

「ハッピーエンドなんて嘘っぽいと思いながら、悲しい結末には耐えられない。そんな時は、この映画を。」―村尾泰郎さん(映画/音楽ライター)

監督・脚本:ケネス・ロナーガン 
出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ、カーラ・ヘイワード
2016年/アメリカ/137分 ユニバーサル作品 配給:ビターズ・エンド/パルコ
© 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved. 

http://manchesterbythesea.jp/

5月13日(土)シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー!



マット・デイモンをamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で