ドイツ国内で220万部以上を売り上げ26カ国で翻訳された国民的小説を、『ソウル・キッチン』の名匠ファティ・アキンが実写化した「Tschick(原題)」の日本公開タイトルが『50年後のボクたちは』に決定。『50年後のボクたちは』は9月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開。

50年後のボクたちは,ファテアキン,ドイツ映画,Tschick
Maik (Tristan Göbel) und Tschick (Anand Batbileg)

ドイツで 220 万部の大ベストセラーとなった国民的小説の映画化!

疾走感と切なさがつまった、一生忘れられない旅がはじまる―
14 歳のマイクはクラスでも目立たない存在で、両親の仲もうまくいっていない。ある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来る。夏休み、オンボロ車を無断で借用して、マイクとチックは地図にない場所「ワラキア」を目指し南へと走り出す。ふたりにとって一生忘れることのできない旅がはじまる―

原作は、ドイツ国内で 220 万部以上を売り上げる大ベストセラーとなった国民的小説「14 歳、ぼくらの疾走」(ヴォルフガング・ヘルンドルフ著)。世界 26 カ国で翻訳され、ドイツ児童文学賞をはじめ数々の賞を総なめした。メガホンを執ったのは、ベルリン国際映画祭金熊賞(『愛より強く』)、カンヌ国際映画祭脚本賞(『そして、私たちは愛に帰る』)、ヴェネチア国際映画祭審査員特別賞(『ソウル・キッチン』)と、世界三大国際映画祭の全てで主要賞を受賞し、最新作「In The Fade」が今年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品されているドイツの名匠ファティ・アキン。子ども以上・大人未満の14歳という一瞬の煌めきを瑞々しく捉え、かつての自分を思い出させてくれる、爽やかで切ない一作に仕上がった。

監督・共同脚本:ファティ・アキン
脚本:ラース・フーブリヒ
原作:ヴォルフガング・ヘルンドルフ(「14歳、ぼくらの疾走」)
原題:Tschick
出演:トリスタン・ゲーベル、アナンド・バトビレグ 配給:ビターズ・エンド
2016 年/ドイツ/93 分/ビスタ
©2016 Lago Film GmbH. Studiocanal Film GmbH
http://www.bitters.co.jp/50nengo/

9 月 16 日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか



『ソウル・キッチン』の名匠ファティ・アキをamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で