トークゲストには女優の黒木 瞳さんや映画監督の石井 裕也氏・俳優の前野 朋哉氏が登場開催期間:2017年9月16日(土)~18日(月・祝)開催場所:グランフロント大阪北館4F「ナレッジシアター」
一般社団法人ナレッジキャピタル(代表理事:宮原 秀夫)ならびに株式会社KMO(代表取締役:小田島 秀俊)は、 グランフロント大阪北館4F「ナレッジシアター」において、 2017年9 月16日(土)~18日(月・祝)の期間、 米国アカデミー賞公認国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 大阪 2017(以下 SSFF & ASIA 大阪 2017)」を開催。
 
黒木瞳,ショートショートフィルムフェスティバル,SSFF ASIA osaka

 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」は、 新しい映像ジャンルである「ショートフィルム」を日本に紹介するために、 俳優の別所 哲也氏が 1999年に東京で立ち上げました。 2004年には、 米国アカデミー賞公認映画祭に認定され、 アジア最大級の国際短編映画祭へと成長しています。

 「SSFF & ASIA 大阪」 は、 大阪・関西からの新しいショートフィルム文化の発信を目的に、 2013年からナレッジキャピタルが主催しており、 今年で5回目を迎えます。

 大阪開催での独自企画として、 プログラム上映後にさまざまなスピーカーが繰り広げるトークプログラムを開催します。 映画祭初日の9月16日(土)には、 2016年に長編映画監督としてデビューを果たし、 初のショートフィルム作品「わかれうた」でメガホンをとった女優の黒木 瞳さんのほか、 映画監督の石井 裕也氏と映画監督で俳優の前野 朋哉氏によるトークセッションも予定しております。 (日程未定)

 上映作品やプログラムの詳細は、 7月下旬に発表いたします。
                                                 以上

■黒木 瞳 プロフィール (監督・女優)
福岡県出身。 宝塚歌劇団娘役のトップスターとして活躍。 退団後、 映画、 ドラマ、 舞台など多方面で活躍するほか 、 詩集やエッセイも手がける。 近年は、 「楽園」(WOWOW)、 「就活家族」(テレビ朝日) など連続ドラマに出演、 今年11月に「京の螢火」明治座座長公演もひかえている。 昨年公開の映画「嫌な女」
(松竹)は、 劇場用映画初監督となり、 今回上映予定の「わかれうた」は、 短編映画として初めての監督作品。

■石井 裕也 プロフィール (映画監督)
1983年生まれ。 埼玉県出身。 商業映画デビュー作『川の底からこんにちは』で第53回ブルーリボン賞監督賞を史上最年少で受賞。
『舟を編む』で第38回日本アカデミー賞作品賞、 監督賞他、 主要6部門で最優秀賞を受賞。

■前野 朋哉 プロフィール (映画監督・俳優)
1986年1月14日生まれ。 岡山県出身。 『剥き出しにっぽん』(05)で映画デビュー後、 俳優と映画監督を並行し、 映像作品を中心に幅広く活動。
auの三太郎シリーズCMでは、 一寸法師役に抜擢され話題を集めた。

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 大阪 2017」 開催概要
開催日程  : 2017年9月16日(土)~18日(月・祝)
開催会場  : グランフロント大阪 北館4F「ナレッジシアター」
料金    : 無料 ※要事前予約   ※8月1日より予約開始予定
主催    : 一般社団法人ナレッジキャピタル、 株式会社 KMO
協力    : MBS、 大阪ドイツ文化センター
企画・統括 : ショートショート実行委員会

<ご参考>
■今年の テーマ は「cinema TIC ! cinemaTEC」

 20世紀に花開いた映画文化。 銀幕の向こうに広がるシネマの世界が人々を魅了してきました。 21世紀を迎え、 デジタル化を筆頭にあまたの最先端技術が次々に興隆。 撮影や制作現場に革新をもたらすテクノロジーとテクニック ―。
 シネマテックが花開き、 エンターテインメントは垣根を越え、 新時代を切り開き、 進化し続けています。 その一方で、 映画が紡ぎ出すシネマチックな体験は、 昔も今も変わりません。
 来年に控える映画祭20周年を前に、 今年は『cinemaTIC! cinemaTEC!』をテーマに、 シネマの普遍性と進化の先にある映画・映像の未来に光をあてます。

■ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)について

 米国アカデミー賞公認、 日本発・アジア最大級の国際短編映画祭。
 新しい映像ジャンルとして「ショートフィルム」を日本に紹介するため、 俳優の別所 哲也氏が 1999 年に創立。 初年度は、 映画『スターウォーズ』で有名なジョージ・ルーカス監督の学生時代のショートフィルムも6作品上映されました。
 2002年には「ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)」と名称を改め、 2004年には米国アカデミー賞公認映画祭として認定され、 2017年の開催で19周年となります。
 また、 アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成目的から誕生した「ショートショート フィルムフェスティバル アジア(SSFF ASIA 共催:東京都)」は14周年を迎えました。 現在、 この2つの映画祭が“SSFF&ASIA”として同時に開催されており、 アジア最大級の国際短編映画祭へと成長しています。

【施設概要】
施設名
ナレッジキャピタル
所在地
〒530-0011大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪 北館
施設案内
The Lab.みんなで世界一研究所
(アクティブラボ.・カフェラボ・イベントラボ)
地下1階~3階
フューチャーライフショールーム
1階~6階
ナレッジシアター
4階
ナレッジサロン
7階
コラボオフィス・コラボオフィスネクス
7階~8階
カンファレンスルーム
8階・10階
ナレッジオフィス
9階~13階
コンベンションセンター
地下1階~地下2階
運営組織
代表者
一般社団法人ナレッジキャピタル 代表理事  宮原 秀夫
株式会社KMO 代表取締役 小田島 秀俊
事業者
(五十音順)
NTT都市開発株式会社
株式会社大林組
オリックス不動産株式会社
関電不動産開発株式会社
新日鉄興和不動産株式会社
積水ハウス株式会社
株式会社竹中工務店
東京建物株式会社
日本土地建物株式会社
阪急電鉄株式会社
三菱地所株式会社

【リリース】株式会社PR TIMES



黒木瞳をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で