“ヤンキー鬼”に扮したお笑い芸人・バカリズムさんが、様々な職業の女性たちが経験した“鬼ギレ”エピソードを吟味し、最も地獄に落とすべき人を決めていく1時間のレギュラー番組です。今回は、ゲストにタレントの菊地亜美さん、女優でタレントの團遥香さんを迎え、街ゆく女性たちの鬼ギレエピソードを聞いていきました。

菊地亜美,可愛い子,鬼ギレエピソード
ⒸAbemaTV
菊地亜美,可愛い子,鬼ギレエピソード,團遥香,abematv
ⒸAbemaTV

■菊地亜美「可愛い子に限ってやる」鬼ギレエピソードを告白

オープニングトークで、菊地は「一般人の声の掛け方に超ムカつくことがある」と話し始めると、「(一般人に)『変顔して!』とか言われて、バカにされるから、『やめてくれる?』とか『他の芸能人にはやらない方がいいよ』って普通にキレる」と激怒したエピソードを告白。

その後番組の中では、街ゆく女性たちの鬼ギレエピソードを紹介する映像が流れると、「巨乳が好きとか言うくせに可愛くて、細い子を選ぶ男」、「遅刻するくせに急かす客」や「自分の顔だけ可愛いかを確認してSNSに載せる女」など、次々と怒りの声が紹介された。

紹介されたエピソード内の「自分の顔だけ可愛いかを確認してSNSに載せる女」について、菊地と團は激しく共感。菊地は友達と写真を撮った際に、菊地の写りが悪い写真に対して「亜美この写真めっちゃ良くない?すごい可愛く写っているよ」と相手の写真写りが良い方を勧められた過去の体験談を告白。

「(可愛いく撮れた写真を)その子自身のSNSに載せるだけならまだ良いけど、私のSNSに載せる写真に対して、私の写りが悪い写真を勧めてきて、(相手の写りがいい写真を)載せてっていうアプローチを可愛い子に限ってやる」と怒りをあらわにし、「足を細くしたり、長くしたり修正することも最近(周りに)多くて、自分の写真を修正するなら許すんだけど、隣に私が写っている写真に、その子だけ修正すると、隣の私が大きく見えるから辞めて欲しい」と鬼ギレした。

菊地亜美,可愛い子,鬼ギレエピソード,團遥香,abematv
ⒸAbemaTV

■菊地がドッキリをかけられた後にブチギレした“新人マネージャー事件”とは…!?

番組後半、菊地は新人のマネージャーが変わっていると話し始め、先日菊地がドッキリにかけられた際の鬼ギレエピソードを告白した。「ドッキリにかけられているのを知っているのが、マネージャーさんだけで、ドッキリの時に私はどういうリアクションしていましたか?って聞いたら『すみません、移動中で見てなかったです』って言ってきて、『なんで見てないんですか!私のリアクションを見るのがあなたの仕事です』とブチ切れました」と大激怒した旨を明かしました。

それに対してバカリズムは「やってる仕事が女芸人じゃねーか」と突っ込み、笑いを誘った。その他、菊地と團に起きた“鬼ギレエピソードは無料で視聴可能。

『必殺!バカリズム地獄』番組

■『必殺!バカリズム地獄』番組概要
放送日時:毎週木曜 夜9時~夜10時(生放送)
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
『必殺!バカリズム地獄』番組放送
『必殺!バカリズム地獄』次週番組



團 遥香(だん はるか、1993年6月2日 – )
日本の女優、タレント。東京都生まれ。ボックスコーポレーション所属。聖心女子大学卒業。2人姉妹の次女。2010年(平成22年)に東京・渋谷の商業施設、「109」でスカウトされて芸能界デビューした。
愛称は「だんちゃん」、「だんだん」。特技は水泳(遠泳4km)、三味線、ピアノ、バドミントン。趣味はキャンドルやポストカードの観賞。
菊地亜美をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で