2017 年は『007』シリーズにとって 3 つの意味で特筆すべき節目の年です。『007 は二度死ぬ』から 50 年目、『007 私を愛したスパイ』から 40 年目、そして『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』から 20 年目にあたります。

20170705_Michael.G Wilson_Samantha Bond_Raynald Aeschlimann
Michael.G Wilson_Samantha Bond_Raynald Aeschlimann

20170705_Michael G. Wilson_Raynald Aeschlimann_Samantha Bond with Watch
20170705_Michael G. Wilson_Raynald Aeschlimann_Samantha Bond with Watch

これら 3 作品にはいずれも、英国海軍中佐の軍服を着たジェームズ・ボンドが登場しています。オメガは、このボンドの名誉ある“コマンダー(中佐)”という階級にちなんで「シーマスター ダイバー 300 “コマンダー“ ウォッチ リミテッド エディション」を製作し、7 月 6 日より限定 7007 本で世界同時発売となり、日本でも同日より発売を開始します。(税抜価格530,000 円)

“コマンダー” ウォッチは、英国海軍のシンボルカラーであるホワイト、ブルー、レッドを全体に取り入れ、上品で風格のある印象に仕上げました。

41mm のステンレススティール製ケースには、ブルーセラミックのベゼルにリキッドメタルのダイビングスケールを合わせ、最初の 15 分間の部分にはレッドラバーを配しています。

20170705_Atmosphere_NATO Strap carpet
Atmosphere_NATO Strap carpet
20170705_Atmosphere_James Bond watch display
Atmosphere_James Bond watch display

ポリッシュ仕上げのホワイトセラミック製ダイアルには、ブルーのインデックスとスケルトン針に、赤い「Seamaster」のロゴがあしらわれています。また赤いセンターセコンド(秒針)には、ピストルをかたどった「007」ロゴのカウンターウェイトをあしらい、日付窓からのぞく数字は 7 だけを赤に、他の数字はブルーするなど、このモデルならではのユニークさが満載です。

ブルー、レッド、グレーの 5 本のストライプパターンの NATO ストラップが、ミリタリーテイストにファッション性をプラス。また、バックル部分に「007」ロゴがエングレーブされたステンレススティール製のブレスレットもセットおり、好みに合わせて付け替えて楽しめます。

20170705_Atmosphere_Commander Bonds Naval Uniform
Atmosphere_Commander Bonds Naval Uniform
0708omga6
Michael G. Wilson_Samantha Bond_Raynald Aeschlimann_v2

シースルーのケースバックから見えるローターは、3 本のストライプが特徴的な“コマンダー”の階級章と弾丸をモチーフにした特別なデザインです。また波模様がデザインされたねじ込み式のケースバックには「Commander’s Watch」「Limited Edition」の文字に加え、限定番号が刻印されています。

ムーブメントは自動巻きのキャリバー2507 を採用。3 年保証付きで、勲章のケースをイメージしたスペシャルボックスに収められ、交換用ツールのほか、NATO ストラップと同じデザインの“海軍仕様のピンバッジ” も付いてきます。

ステンレススティール モデルは世界限定 7007 本。そしてわずか 7 本しか生産しない 18K イエローゴールド モデルもあります。

なお、今年後半に開催するスペシャルオークションに、この「シーマスター ダイバー 300 “コマンダー” ウォッチ リミテッド エディション」の 3 モデルを出品し、その収益は厳選した慈善事業に全額寄付する予定です。出品するのはステンレススティール モデルと 18K イエローゴールド モデルの限定番号 007 番と、世界に 1 つしかない 18K ホワイトゴールドのスペシャルモデルです。

コマンダーのボンド、オメガ、そして英国海軍

1995 年の『007 ゴールデンアイ』以来、ジェームズ・ボンドの腕を飾っているオメガ。この作品以降のどのような危険な冒険でも、時計はボンドにとっては欠かせない相棒です。

007 はオメガを着けるべきだと提案したのは、『ゴールデンアイ』(1995 年)から『カジノ ロワイヤル』(2006 年)までの衣装デザイナーを務めたリンディ・ヘミングでした。シーマスターを選んだ理由について彼女は、「世界に名だたる海軍の軍人であり、ダイバーであり、用心深い紳士である海軍中佐のボンドなら、この時計を着用するはずだと私は確信していました。誰もが予想した時計とは違いましたが。」と語っています。

また「私の父は英国空軍に所属していましたが、海軍の軍人たちとも親しく、その中の 1 人がよくうちに来ていたことを幼心に覚えています。彼がいつも着けていたのがオメガで、まるで海軍専用のようなとてもスポーティーなデザインに私は魅了されていました。重要なのはディテールへのこだわりです。だからこそ、ピアース・ブロスナンが演じる新しいボンド像を作るにあたっては、早い段階から大道具や小道具の打ち合わせを重ね、オメガの採用を主張したのです。」とも述べています。

興味深いことに、オメガを英国海軍と結びつけたヘミングの判断はまさしく正解でした。世界中の海軍でダイバーに支給されたのは、他ならぬシーマスター 300(1957 年発売)だったのです。

1967 年には、有名な第 2 世代のシーマスター 300 もイギリス国防省に納入され、特定の部隊に支給されました。

また第二次世界大戦の初期には、イギリス国防省が陸・海・空の英国軍で使用する腕時計の仕様を決定し、これを受けてオメガは、パイロット、ナビゲーター、兵士用に 11 万点以上の時計をイギリス国防省に納入しました。信じられないかもしれませんが、これによって、戦時中にイギリスに納入されたスイス製時計全体の 50%以上をオメガが一手に引き受けることになり、残る 50%を他のブランド各社が分け合うという構図になりました。

コマンダー(海軍中佐)の肩書を持つボンドには、オメガの時計が支給されていたに違いありません。

“コマンダー” ウォッチ発表イベントをロンドンで開催

世界同時発売に先駆け、7 月 5 日夜にはジェームズ・ボンドの縁の地であるロンドンで、新作“コマンダー”ウォッチの発表イベントが開催されました。ゲストは『007』シリーズにたびたび登場するテムズ川をクルーズした後、会場の「テート・ブリテン」に到着。

そこでオメガ社社長 兼 CEO のレイナルド・アッシェリマンが、『007』シリーズを手掛ける映画プロデューサー、マイケル・G・ウィルソン氏とともに“コマンダー”ウォッチを披露し、次のように述べました。「ジェームズ・ボンドはさまざまな謎を秘めたキャラクターです。 彼が所属していた英国海軍とオメガは昔から縁があり、コマンダー(海軍中佐)という彼の階級に敬意を表したいと考え、このモデルを製作しました。」

新しい“コマンダー”ウォッチのお披露目に合わせて、会場には歴代の『007』シリーズで使用された小道具や美術作品も展示され、MI6 のスパイとしてのボンド、そして英国海軍中佐としてのボンドに思いをはせ、1962 年から半世紀以上にわたって世界中で愛され続けているこの映画シリーズの節目となる年を祝いました。

https://www.omegawatches.jp/ja/





OMEGA(オメガ)をamazonで探す
楽天Fashion The Bargain 7/1- 8/1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で