7 月 14 日から 30 日まで、ハンガリーのブダペストで開幕される第 17 回世界水泳選手権(通称:世界水泳 2017)。この大会のオフィシャル タイムキーパーをつとめるスイスのウォッチメーカーであるオメガは、計時とデータ処理における長年の経験をいかし、世界最高の水上・水中競技選手たちにふさわしい精密さと性能で計時を行います。

今回担当するのは、全 6 種目(競泳、シンクロナイズドスイミング、高飛び込み、飛び込み、オープン ウォーター スイミング、水球)の 3000 人を超える選手たちです。

そもそもオフィシャル タイムキーパー、計時とは何なのか? 何をしているのか?
「ウォッチメーカーだからタイムを計る時計を提供している」
— Yes であり、No でもあります。

オメガはタイムを計るだけではなく、結果を測定、記録することすべてに関わり、そのために必要な機器の開発や技術革新、選手の競技環境の向上、さらにはテレビや会場で競技を見る方の楽しみや興奮を高めるための技術開発など、非常に多岐にわたることを手がけています。

今回は、現地時間 7 月 23 日から始まる競泳競技に導入されている、オメガが開発したいくつかの機器や技術をご紹介します。

タッチパッド:手動のタイマー
タッチパッド:手動のタイマー

今ではおなじみのタッチパッドは、1967 年に導入されました。競泳選手が 1.5~2.5kg の圧力をかけて、自らの手でタイマーを止めるユニークな装置で、プールの各レーンの両端に設置されています。フィニッシュの瞬間はオメガのハイスピード ビデオカメラでも記録され、もし一見して判別がつきにくい結果になった場合でも、勝敗を判断できるようになってます。

タッチパッドは 1967 年に導入された、スポーツ競技における計時の歴史上、最も高度なイノベーションの 1 つです。そのきっかけとなったのは、激しい論争の的になった 1960 年のローマオリンピックでの目視での判定でした。

クァンタム・アクアティクス・タイマー :100 万分の 1 秒を記録し、即座に配信クァンタム・アクアティクス・タイマー

クァンタム・アクアティクス・タイマーは、レースごとにそれぞれの選手のタイムを記録し、配信します。1 マイクロ秒(100 万分の 1 秒)という、高精度を実現したこのタイマーは、オメガの計時テクノロジーにおける新しい時代の到来を告げるデバイスです。
非常にコンパクトなこと計時装置は、単にタイムを収集、保存するだけではなく、現地で、そして世界中での生放送のために即時にデータ配信も行います。

スターティングブロック:最適なスタートのために
スターティングブロック

スターティングブロックは、陸上競技向けに開発されたものと同様、フライング検知システムと、スタートの合図が各選手に同時に聞こえるようにする音声スタートデバイスを搭載しています。また傾斜角度を調整できるスタート台によって、選手は最適なスタートポジションが得られ、より力強いスタートを切ることができます。

ハイスピード ビデオカメラ:高性能なバックアップ

オリンピックや世界選手権レベルでは、オメガのハイスピード ビデオカメラが使用されます。万が一、疑義が起きた際には、審判員はカメラを参考にすることができます。この技術は、2008 年北京オリンピックの男子 100 メートルバタフライの試合でその実力が問われました。電子計時システムでは、マイケル・フェルプス選手が 2 位の選手に 0.01 秒差で勝ったと判定されました。

そしてハイスピードカメラでも、全く同じ結果が確認されました。また 4 年後のロンドンでは、同じテクノロジーにより 200 メートルバタフライでフェルプス選手が チャド・レクロー選手に僅差で敗れたと判定されました。その試合でのタイム差は 0.05 秒。それはこのページの単語を1 つ読むのにかかるのと同じくらいの時間です。

ヴァーチャル レコードラインとオンスクリーン グラフィックス:テレビ観戦をより楽しく
ヴァーチャル レコードラインとオンスクリーン グラフィックス

ヴァーチャル レコードラインとオンスクリーン グラフィックス

オメガのオンスクリーン グラフィックスは、2000 年から競泳の TV 中継の一端を担っています。ヴァーチャル レコードラインは、各種目での世界記録のペースを示す赤いラインのことです。先頭の選手がこのラインより前にゴールしたら、世界新記録が樹立されたことになります。
オンスクリーン グラフィックスは、スタート前に選手の名前、レーン、国籍を表示し、ゴールと同時に上位 3 位までの選手の名前と順位が、該当するレーンにハイライト表示されます。その後間もなく、各選手の最終順位とタイムが表示され、試合中に樹立された新記録があれば、あわせて表示されるのです。これらの技術により、テレビの前での観戦がよりわかりやすく、臨場感にあふれ、白熱したものになります。

スイミングショー:観客に瞬時に結果を知らせるために
スイミングショー

スイミングショーという革新的なライトシステムは、2012 年ロンドンオリンピックで導入されました。このシステムでは、プールの端にあるスターティング ブロックにライトが取り付けられています。ゴール直後にスターティング ブロックにライトが 1 つ 点いていたら、その選手は 1 位だということを示します。ライトが 2 つ点いていれば 2 位、3 つ点いていれば 3 位ということです。この分かりやすい情報により、観客は試合の展開を追いやすくなり、すぐに結果を知ることができるのです。

バックストロークレッジ: より力強いスタートをサポート

バックストロークレッジ
Omega
Swimming Nuoto Kazan Arena
Day10 03/08/2015 Evening Finals
XVI FINA World Championships Aquatics Swimming
Kazan Tatarstan RUS July 24 – Aug. 9 2015
Photo G.Scala/Deepbluemedia/Insidefoto

バックストローク レッジは、背泳選手のスタート時の蹴り出しと入水を向上させます。このデバイスにより、選手はスタートの際に水面に対してより高いポジションを取ることができ、水との接触が最小限に抑えられるために、水の抵抗がより少なくなり、より力強いスタートが切ることができます。
バックストローク レッジの高さは、手動回転式でいくつかのポジションに調整することができます。滑らない素材で表面が覆われたグリップ構造のため、選手はより自信を持ってスタートを切ることができるのです。
この装置は、オメガのブランドアンバサダーでありオリンピックでメダルを 12 回獲得したナタリー・コーグリンと、オリンピックで 7 回メダルを獲得した背泳のスペシャリストであるアーロン・ピアソルの協力を得て開発されました。

ラップカウンター: 選手の集中力のために

ラップカウンター:
Doha Qatar 05-12-2014 Hamad Aquatic Centre, 12th FINA World Swimming Championships (25m). Nuoto Campionati mondiali di nuoto in vasca corta.
Photo Giorgio Scala/Deepbluemedia/Insidefoto

オリンピックや世界選手権レベルで使用されるラップカウンターは、800 メートルや 1500 メートルといった 距離の長い試合で残りラップ数をカウントします。各レーンのプールの底に 1 台ずつ設置され、選手は折り返し地点に来る度に残りラップ数をはっきりと見ることができます。
ラップカウンターができる前には、プールの端に立った競技役員が手作業で選手に残りラップ数を掲げて見せていたため、選手は試合から注意をそらさなければなりませんでした。
ラップカウンターは非常に見やすいデジタルスクリーンを備えている為、選手は残りの距離を容易に把握しつつ、テクニックやペース、自身の順位に集中することが可能になります。
このラップカウンターは、過去にオメガが導入した他の機器や技術とは異なり、試合の計時やデータ処理には関係がなく、各選手のレース環境の改善という目的のためだけに作られました。

自分の限界に挑戦し、より高みを目指す選手の記録を精密に計測するために、それを公正、正確にジャッジする審判のために、そしてその真剣勝負が生み出す感動を 世界中の観客に伝えるために。それがオフィシャルタイムキーパーとしてのオメガの役割です。

https://www.omegawatches.jp/ja/



OMEGA(オメガ)をamazonで探す
楽天Fashion The Bargain 7/1- 8/1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で