『C.W.Dixey&Son』(シー ダブル ディキシー アンドソン)は、
ウィリアム・フレーズ氏により、光学と測量機器の会社として
1777年に創業されました。
創業よりほどなくして、彼らの工学技術が認められ、
中国の清王朝第六代皇帝「乾隆帝」、
フランス第一帝政「皇帝ナポレオン・ボナパルト」
の望遠鏡を制作すると、その高い技術が広く知れ渡るようになります。

こうした経緯のなか、アイウェアの制作にも励み、
英国の王族、紳士に愛されるアイウェアブランドとして確立されると、
“7人の英国王、王女”が愛用し、その中にはコリン・ファースが演じて話題となった、
映画『英国王のスピーチ』に登場する「ジョージ6世」も名を連ねます。
230年以上の歴史をもち、決して奇をてらうことない伝統的で美しい
フレームデザインには、そこはかとない気品を擁しています。

このたび、blinc vaseでは上記ブランドを日本で初めてお取り扱い致します。
歴史と伝統を育んだ『C.W.Dixey&Son』のコレクションをぜひご覧ください。
皆様のお眼鏡にかないますように。
http://www.facebook.com/cwdixeyandson

<Sir Winston Churchill>「01モデル」

英国紳士の代表格の一人とされる「サー・ウィンストン・チャーチル」。
軍事、政治、文学の才能に恵まれ、第2次世界大戦で英国を勝利へと導き、
BBCが2002年に行った”偉大な英国人”投票で1位に選ばれるなど、
国民的な人気を誇ります。
そんな偉人の愛用品の一つが『C.W.Dixey&Son』のアイウェア。
こちらはその復刻モデル、紳士のたしなみの一つとして
欠かすことの出来ない逸品といえます。

<ブリンク・ベース ディレクター 荒岡のコメント>

斬新なモダンデザインで、心をハッとさせる眼鏡があります。
それと対極に落ち着きのある伝統的なデザインの眼鏡もあります。
『C.W.Dixey&Son』はその後者にあたり、眼鏡というアイテムを通して、
本物の伝統と歴史を感じさせてくれる数少ないブランドだと思います。
この飾り気がなくシンプルで美しい眼鏡には、誰もが心惹かれ、「長く愛用したい」と感じるに違いありません。
また、黒、鼈甲柄のクラシックなフレームの風合いを最大限に引き出すかのようなクラフト感溢れる仕上げも、ぜひ堪能ください。


・cw_01:「01モデル」価格:¥44,100 写真クレジット:Hayato Uenosono


・cw_02:「02モデル」(老眼鏡)価格:¥44,100


・cw_03:「03モデル」価格:¥44,100 写真クレジット:Hayato Uenosono

<発売予定日>
・10月13日(土)

<取り扱い店 blinc vaseについて>

“CHANGE THE WORLD”をコンセプトに、アメリカ、ヨーロッパの眼鏡を
いち早く展開するアイウエアショップです。
群を抜くアイテム群と徹底的なフィッティングに定評があります。
店内は眼鏡のみならず、クリエイターのプレゼンテーションスペースを設け、
年数回のペースでイベントを開催しています。

住所: 東京都港区北青山3-5-16 1F
定休日:毎週月曜日/月曜日が祝日の場合は振替で火曜日休
TEL: 03-3401-2835
URL:
http://blinc-vase.com/

Android アプリ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で