グローバルフィットネス ライフスタイルブランドのリーボックは、歴代の名作を中心に展開するリーボックのカジュアルライン“Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)”より、「ZOKU RUNNER(ゾク ランナー)」の秋冬モデルの発売を記念して、俳優の中川大志さん、女優の織田梨沙さんが出演する映像作品「ZOKU THE MOVIE」を2017年7月28日(金)より公式サイトにて公開。
http://reebok.jp/classic/movie/

ゾクランナー,中川大志,織田梨沙,暴走族,映像作品,ZOKU RUNNER

リーボックの歴史を彩った名作ランニングシューズのヘリテージを受け継いだ「ZOKU RUNNER」は、日本の人、文化、ファッションからインスピレーションを受け、日本語の「続(to be continued)」 と「族(TRIBE)」の意味から名付けられました。

ゾクランナー,中川大志,織田梨沙,暴走族,映像作品,ZOKU RUNNER

そのストーリーからのインスピレーションをもとに、本作品「ZOKU THE MOVIE」では、日本特有の「暴走(RUNNING) 族(TRIBE)」をテーマに、この作品のためだけにオリジナルにデザインされた特攻服を着用した中川大志さんが指揮者、織田梨沙さんをはじめとした出演者たちが演奏者となり、和太鼓や鮮やかにカスタマイズされたバイクのコール音を鳴らしながら、夜をイメージしたネオンをバックに音楽を奏でます。

監督は気鋭の若手映像作家・柿本ケンサク氏が務めています。映像に使用されている楽曲は、話題の4人組バンドDATSがこの「ZOKU THE MOVIE」のために制作したオリジナル曲であり、ムービーにも出演しています。 映像中に登場するオリジナルの特攻服は、ファッションデザインユニット・THE モンゴリアンチョップスがデザイン、制作を担当しました。

今後、リーボック クラシック公式SNSアカウントにて、撮影の舞台裏などメイキング風景やインタビュー映像なども順次公開していく予定です。

■中川大志さん 、織田梨沙さん コメント

Q . 「ZOKU RUNNER」を履いてみた感想は?

中川さん:「Reebok CLASSICは普段のファッションに取り入れやすいけど、他にはないデザイン性を持っているというブランドイメージです。“ZOKU RUNNER”は実際に履いてみるととても軽く、一日中履いていても疲れづらいシューズだと思いました。」

織田さん:「本当に履いているのかな?と思うほど軽く、足首までフィットして履き心地が良いです。カラーバリエーションも豊富で、その日の気分やファッションに合わせて履きこなせると思います。」

Q. 「ZOKU RUNNER」のコンセプトや、セットなど「ZOKU THE MOVIE」の世界観はいかがですか?

中川さん:「男臭いバイク、和太鼓、独創的な照明が不思議な空気感だと感じましたが、衣装を着て一気に気持ちが入りました。この世界観の中に“ZOKU RUNNER”が入ることによって、化学反応が起きて、本当にかっこいい作品だと思います。撮影中は、男としてテンションが上がってしまいました!」

Q. 「ZOKU RUNNER」プロモーションムービーの見どころは?

中川さん:「カルチャーとファッションが組み合わさった、本当にかっこいい“ZOKU RUNNER”の世界観が出来上がったと思います。“ZOKU ZOKU”してもらえるような作品になったと思いますので皆さん是非ご覧ください!」
織田さん:「日本のかっこいいカルチャーが全て集まったと言えるくらい、素敵な作品になっているので是非見てください!」

中川大志

俳優。1998年生まれ[19歳]。
NHK大河ドラマ「真田丸」にて豊臣秀頼役を演じ国宝級イケメンと注目を浴びる。「家政婦のミタ」「夜行観覧車」と高視聴率テレビドラマに出演。容姿、実力ともに今後も大注目の若手実力派俳優。来年公開予定「坂道のアポロン」にも出演。

織田梨沙

女優。1995年生まれ[21歳]。
昨年、映画「秘密THE TOP SECRET」でスクリーンデビュー。今年放送されたNHK大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」でセナ役を演じ、11月から放送予定の同ドラマ最終章にも出演する。現在、サムスン電子ジャパン「GalaxyS8」のCMにも出演中。来月8月4日公開予定「STAR SAND-星砂物語-」で主演を務める今注目の女優。

DATS

杉本亘(ヴォーカル)、伊原卓哉(ベース)、早川知輝(ギター)、大井一彌(ドラム)の4人組。マスタリング・エンジニアに砂原良徳、リミキサーに杉本と大井が所属するyahyelを迎え、今年3月にリリースされた限定1stシングル『Mobile』は発売日当日に完売する店舗が続出し、大きな話題を集める。フジロック・フェスティバルを筆頭に各地様々なフェスへの出演も続々と決定し6月には待望のデビュー・アルバム『Application』をリリース。

柿本ケンサク(映像作家・演出家)

学生時代より、映画、MUSIC VIDEOなどで助監督を経験しながら、作品の制作を始める。中野裕之監督の下、助監督やピースな制作ユニット「ピースブラザーズ」の末っ子として活動。中野監督とともに「Spoken Word!」や「Opinions」を制作。数多くの短編映画を自主制作し、それをまとめた「Straw Very Short Films」を発表。2005年22歳にして長編映画「COLORS」を制作。映画「スリーピングフラワー」で劇場デビューを果たす。以後映画を中心にMVやCMなど多くの作品を演出。D.O.P、フォトグラファー、アートディレクターとしても活動の場を広める。

THE モンゴリアンチョップス(デザイナー・スタイリスト)

大阪発のストリートファッションブランド。代表の安藤仁彦氏とデザイナーの山本健太氏によって2013年に本格スタート。「日本人の誇りを胸にありがとうの気持ちを忘れず TANOSHII コトをしています」をコンセプトに展開。

お問い合わせ先

リーボック アディダスグループお客様窓口
TEL:0570-033-033(電話受付 平日9:30〜18:00)
http://reebok.jp



Reebok(リーボック)をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で