春夏コレクションは、 1970年代後半から1980年代初めのニューヨークのストリートカルチャーにインスピレーションを受けました。 ニューヨークのヤングカルチャーの象徴であるグラフィティアーティストやミュージシャン、 クリエイターたちがアンダーグラウンドでの活動を通して自分たちのアイデンティティーを表現しました。

バリー,2018年春夏,コレクション,ミラノ,BALLY

バリー,2018年春夏,コレクション,ミラノ,BALLY

バリー,2018年春夏,コレクション,ミラノ,BALLY

それは社会や文化に変革をもたらそうとした世界観そのものです。 無造作にはがされた壁、 珍しい小物類や家具は、 当時のラフなストリートライフスタイルを思い出させます。

コレクションの色合いは穏やかで落ち着いたクリーム、 柔らかなピンク、 ベージュ、 レッドを中心に構成されています。

80年代に人気を博したスニーカーが、 アップデートされてRetro Sneakerという名のもと発表されました。
ウィメンズのバッグとシューズに用いられたチェーン金具やグラフィカルに配されたロゴも80年代を彷彿させます。 メンズのスニーカー、 ソックス、 タックインされたパンツ、 ジャケット、 キャンバストートも80年代が現代に生まれ変わったアーバンスポーツそのものです。

新しいバリーオフィスはミラノのランドマークであるPorta Venezia移り、 ショールームも常設されました。 1902年にクルサール劇場と誕生し、 1925年から1989年までは映画館として使用された建物です。 バリーのショールームとして使用するにあたり、 歴史ある建物を残すことが重要と考えてシアターとしての輝きを取り込んだ場に生まれ変わりました。

BALLY(バリー) 2018年春夏コレクションをミラノにて発表

バリー,2018年春夏,コレクション,ミラノ,BALLY

バリー,2018年春夏,コレクション,ミラノ,BALLY

お問い合わせ先 バリー 銀座店 TEL:03-6264-5471
http://www.bally.jp/

【リリース】株式会社PR TIMES


BALLY(バリー)をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で