『グロリアの青春』でパウリーナ・ガルシアにベルリン国際映画祭主演女優賞をもたらしたチリの俊英セバスティアン・レリオ監督作、自分らしさを守るための闘いに挑んだトランスジェンダーの女性を描いた映画『A Fantastic Woman(原題)』が、邦題『ナチュラルウーマン』として日本公開が決定し、2018年2月よりシネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショーの運びとなりました。

ナチュラルウーマン,トランスジェンダー,女性を描いた映画,A Fantastic Woman

ナチュラルウーマン,トランスジェンダー,女性を描いた映画,A Fantastic Woman

自らもトランスジェンダーで歌手のダニエラ・ヴェガが驚くべき才能を開花!各国映画祭を席巻中!!

チリ、サンティアゴ。ウェイトレスをしながらナイトクラブで歌っているトランスジェンダーのマリーナは、年の離れた恋人、オルランドと暮らしていた。マリーナの誕生日を祝った夜、自宅のベッドでオルランドの意識が薄れて亡くなったことで、彼女は思いもかけないトラブルに巻き込まれることに。最愛の人を失った悲しみの最中に浴びせられる不躾で容赦のない差別や偏見。それでもマリーナは愛する人に最後のお別れを告げるため、前を向いて歩き始める――。

逆境に負けずまっすぐに生きる美しきヒロイン・マリーナを演じるのは、自身もトランスジェンダーの歌手であるダニエラ・ヴェガ。圧倒的な美貌と唯一無二の存在感を放ち、トランス女優として初のオスカーノミネートもささやかれる注目の逸材だ。監督は、パブロ・ララインを輩出するなど躍進目覚ましいチリ映画界が生んだ才能、セバスティアン・レリオ。プロデューサー陣は『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』『ありがとう、トニ・エルドマン』の実力派。2017年米アカデミー賞外国語映画賞チリ代表に選出されたほか、ベルリン国際映画祭では脚本賞を受賞。さらに、映画批評サイト「ロッテントマト」では100%フレッシュと高く評価されている。

映画『ナチュラルウーマン』は2018年2月より、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA

<STORY>
チリ、サンティアゴ。トランスジェンダーでナイトクラブのシンガー、マリーナは歳の離れたボーイフレンドのオルランドと暮らしていた。マリーナの誕生日を祝った夜、自宅に戻ると突然オルランドの意識が薄れ亡くなったことで、マリーナは思いもかけないトラブルに巻き込まれていく。それでもマリーナは女性として生きていく権利を胸に、自分らしさを守るための闘いに挑むことを決める。ほか全国ロードショー。

監督・脚本:セバスティアン・レリオ『グロリアの青春』『Disobedience』
出演:ダニエラ・ヴェガ、フランシスコ・レジェス、ルイス・ニェッコ
2017年/チリ・ドイツ・スペイン・アメリカ作品/スペイン語/104分/
原題:Una Mujer Fantástica/
英題:A Fantastic Woman
提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

Ⓒ2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA

2018年 2月シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開


A Fantastic Woman Official Trailer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で