幻想的な映画監督、バズ・ラーマンがERDEM x H&Mのために特別な世界を描いたショートフィルムを制作しました。

“The Secret Life of Flowers”は荘厳な田舎の邸宅を舞台に、俳優やモデルが出演し撮影されました。フィルムにはYears &Yearsの新曲「Hypnotised」を使用。フルムービーのように繰り広げられる世界には、バズを世界的な映画監督に押し上げた情熱、ドラマ、そして快活さといった全ての要素が含まれています。フィルムはhm.comでご覧いただけます。

アーデム,エイチアンドエム,バズラーマン監督,シネマティック,ショートフィルム

アーデム,エイチアンドエム,バズラーマン監督,シネマティック,ショートフィルム

「フルムービーのように仕立てようと考えました。秘密めいた田舎の邸宅を舞台にしたとてもモダンなラブストーリーです。厳しい外側の世界とは対照的に、ここでは本当に大切なものが永遠の春の中で育ち続ける、という現代のメタファーのような空間です。」(バズ・ラーマン)

バズ・ラーマンがERDEM x H&Mのために制作した短編映画の舞台は「一年中季節が春」のミステリアスな邸宅。
外界と切り離され、ひっそりと存在するその場所には、ERDEM自慢のフローラルプリントにインスパイアされた花々で常に満ちています。そこを訪れたトム・ライズ・ハリーズ、ヒーロー・ファイアンズ・ティフィン、ルビー・ダッグナルといった若手俳優たちが演じる魅惑的な三角関係が始まります。

アーデム,エイチアンドエム,バズラーマン監督,シネマティック,ショートフィルム

アーデム,エイチアンドエム,バズラーマン監督,シネマティック,ショートフィルム

さらにストーリーに花を添えるのは、有名女優のハリエット・ウォルターや、スーパーモデルのサスキア・デ・ブロウ、イマン・ハマン、グレース・ハーツゼル、フェルナンド・カブラル、ニールズ・ビサー、トニー・ウォードの面々。Years & Yearsの新曲がポジティブ、友情、そして愛の雰囲気を盛り上げる中、各シーンに取り入れられたERDEM x H&Mコレクションのアイテムがキャラクターやストーリーを引き立てています。

バズ・ラーマンは、『ムーランルージュ』、ウィリアム・シェークスピアの『ロミオ+ジュリエット』、『華麗なるギャツビー』、『ダンシングヒーロー』等の映画や、最近ではTV番組『ゲットダウン』など数々の作品を手がけ、現代で最も愛されている映画監督の一人です。

ERDEM x H&M は11月2日から、一部のH&Mストアおよびオンラインストアで販売開始です。日本では、渋谷、新宿、銀座、名古屋松坂屋、心斎橋、福岡天神のH&Mストア、そしてオンラインストアで展開予定です。

ショートフィルム(フルバージョン:4分)

メイキング映像

ERDEM x H&M コレクション先行ショッピングのエントリー募集中

H&Mは、11月2日(木)に世界中の限定店舗にて展開予定のERDEM x H&M発売日当日に、店舗に優先的にお並びいただける参加者を募集しております。

毎年長蛇の列を作るH&M恒例のデザイナー・コラボレーションの先行ショッピングをごゆっくりとお楽しみいただけるチャンスです。是非お見逃しなく!

応募手順

① H&MアプリもしくはH&M公式オンラインサイト(hm.com)よりH&M Clubへ入会
② 特典ページの説明に従い、指定のメールアドレスに氏名を記載して、空メールを送信
③ 受信したメール内にあるリンクをクリックして、入力ページへ遷移
④ 希望店舗、時間を選択し応募完了

募集 (H&M CLUB入会ページ)

応募期間  2017/10/29(日) 23:59まで

展開店舗  H&M SHIBUYA、H&M GINZA、H&M SHINJUKU、H&M 名古屋松坂屋店、H&M SHINSAIBASHI、H&M TENJIN

※当選者の発表はEメールにてご連絡いたします。
※ご応募は、おひとり様1回限りとさせていただきます。
※複数応募(同一の住所や名前)は無効となります。
※H&M Clubへの入会は応募必須条件となります。

当日の流れ(当選者の方)
•Eメールに記載がある時間に当選された店舗へお越しください。
•当日は、当選EメールとCLUB IDをお持ちください。
•入り口にてH&M保管の当選者リストとご本人確認後、ブレスレットを配布します。お忘れの方は入場できませんのでご注意下さい。
•その後の流れについては、当日ストアスタッフの指示に従いください。

http://www2.hm.com/ja_jp/index.html
【リリース】株式会社PR TIMES


Erdem(アーデム) をamazonで探す
バズ・ラーマン監督 をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で