MACAO, SAR (October 19, 2017):ラぺルラジャパン株式会社は、2018年春夏コレクションをマカオにて開催し、レディ・トゥ・ウェア ファッションショーを200人もの豪華なゲストを招待し、ガラディナーパーティースタイルで、ランウェイプレゼンテーションを現地時間2017年10月19日20時から開催。

ラペルラ,2018年春夏コレクション,マカオ,La Perla

スケール感あるランウェイでは、レディ・トゥ・ウェア、プレタポルテの中から厳選した70のルックを発表しました。トップランウェイモデルには、Natasha Poly、Liu Wenを始めとする現地の有名モデルを起用し、現地の著名タレントであるFan BingbingやHu Bingも、ガラディナーやベネチアンマカオでのランウェイショーを大いに楽しみました。

『私は、この美しく、エキゾチックな場所で2018年春夏コレクションを発表することができ、本当にエキサイティングです。“La Perlaの世界観”をレディ・トゥ・ウェア、オートクチュール、シューズ、アクセサリーを通して表現していくことは、La Perlaを真にファッションとラグジュアリーなグローバルデスティネーションブランドにできる事を光栄に思うし、私たちはボーダーレスな、世界中で認められるラグジュアリーファッションハウスを目指しているのです。』ジュリア ハートは語ります。

La Perlaの2018年春夏コレクションにおいて、クリエイティブ ディレクターであるジュリア ハートは、ストーンの中に存在する相反するものを探求しました。つまりは、硬さともろさ、個体と液体、静と動。それらの構成にインスパイアされ、荒々しく、頑丈な表面にも、目を見張る美しい模様や、液体が流れていたのであろう何層もの折り重なりなど、不釣り合いにも不調和にも見えるものの中に美を見出したのです。

ジュリアは、女性らしさにおける大いなる理解をまさに相反するもので探索をします。60年以上もの偉大な歴史を持つLa Perlaが、まさに、時を超えて、女性のミューズとしての生まれ変わりであるとともに、2018年春夏コレクションは、革新という非常に大きな意味を持ちます。特に今回のコレクションにおけるプリントは、La Perlaの設立者であるアダ マソッティが、クリエイティブなアイデアで世界中にセンセーションを巻き起こした時のアーカイブであり、大きな役割を担うのです。

2018年春夏コレクションでは、流動性の概念を表現しました。ジュリアは、こう語ります。『現存するものはまだ進化の中にいます。このコレクションで私が表したかったのは、人間性という観念は固定化されたものではないということ。それどころか不変や永遠を形成するもの(概念)でさえも、変化し続けているということです。』

https://www.laperla.com/jp/

【リリース】@Press


La Perla (ラペルラ) をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で