『グロリアの青春』でパウリーナ・ガルシアにベルリン国際映画祭主演女優賞をもたらしたチリの俊英セバスティアン・レリオ監督作『ナチュラルウーマン』が、2018年2月よりシネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショーの運びとなり、ポスタービジュアルを解禁。

映画,ナチュラルウーマン,ポスタービジュアル,コメント,A Fantastic Woman

解禁されたのは、主人公マリーナを演じたダニエラ・ヴェガの力強さと女性らしさを含んだ眼差しが印象的なポスタービジュアル。愛する人とにきちんとさよならを伝えるため健気な闘いに挑むマリーナを、自身もトランスジェンダーであるダニエラ・ヴェガが抑えた演技でありながら喜びと悲しみ、怒りをエモーショナルに伝える素晴らしい表現力で熱演し、各国の映画祭で脚光を浴びている。

歌手として活躍していたところ主演に抜擢されたダニエラは、トランスジェンダーの女性を演じ、さらに劇中ではその美声も披露している。彼女だからこそ出せる説得力と自信に満ち溢れている。スクリーンデビューとなった本作がベルリン国際映画祭で上映されるや絶賛を浴び、トランス女優として初の受賞もささやかれるオスカーの行方にも注目したい。

メガホンをとったのは、チリの新星セバスティアン・レリオ。2009年には『Navidad(原題)』がカンヌ映画祭監督週間でプレミア上映され、続く『デストロイ8.8』を2011年ロカルノ国際映画祭に出品。4作目の『グロリアの青春』(13)はベルリン国際映画祭銀熊賞(女優賞)を受賞し、ジュリアン・ムーア主演でハリウッドリメイクが決定するなど、熱い視線が注がれている気鋭のクリエーターだ。

そんなレリオ監督からのコメントも到着。難しい境遇の女性を描く本作の意図を、「幼い頃からずっと隅に追いやられていたこの人物を、ジャンヌ・モローやブリジット・バルドーのような大女優と同じように、この映画の中心にしたかったのです。」と語る。

さらに、キャスティングについて、「最初はトランスであるダニエラにこの映画について相談していました。でも話をするうちにダニエラの人生経験が脚本に色濃く反映されるようになったんです。『目の前に女優がいるのに、どうしてわざわざほかの女優を探しに行こうとするんだ?』と思ったんですよ。マリーナはダニエラを通して立体的なキャラクターになっていきました」と絶大なる信頼を寄せている。

映画『ナチュラルウーマン』は2018年2月より、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー。

<STORY>

チリ、サンティアゴ。トランスジェンダーでナイトクラブのシンガー、マリーナは歳の離れたボーイフレンドのオルランドと暮らしていた。マリーナの誕生日を祝った夜、自宅に戻ると突然オルランドの意識が薄れ亡くなったことで、マリーナは思いもかけないトラブルに巻き込まれていく。それでもマリーナは女性として生きていく権利を胸に、自分らしさを守るための闘いに挑むことを決める。

監督・脚本:セバスティアン・レリオ『グロリアの青春』『Disobedience』
出演:ダニエラ・ヴェガ、フランシスコ・レジェス、ルイス・ニェッコ
2017年/チリ・ドイツ・スペイン・アメリカ作品/スペイン語/104分/
原題:Una Mujer Fantástica/英題:A Fantastic Woman 
提供:ニューセレクト/
配給:アルバトロス・フィルム
Ⓒ2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA



“A Fantastic Woman” International Trailer (English Subtitles)

セバスティアン・レリオをamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で