タグ・ホイヤー(TAG HEUER)は、公益社団法人日本プロサッカーリーグの協力で23歳以下の選手の中から11人選抜し讃える『TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD(タグ・ホイヤー ヤングガン アワード)授賞式』を12月4日(月)に1 OAK TOKYOで開催。

タグホイヤー,ヤングガンアワード,授賞式,中山雅史選手,中田浩二,TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD

本アワードは、Jリーグの次世代を担う若い選手層の育成・発展を目的として2017年6月に新しく発足したアワードで、受賞対象者は、 J1、J2、J3のクラブに所属の満23歳以下の519名の選手。シーズンを通しての活躍とJリーグ選手OBやサッカー雑誌編集長等を含むアワード サポーターによる選考を経て候補者30名を選出され、更に11月6日より公式サイト内にてファンの一般投票約1万3千票を含む最終選考を経て今年の11人の選手を選出いたしました。

栄えある本アワードを受賞したのは、中村航輔選手、植田直通選手、中山雄太選手、ミロシュ・デゲネク選手、三好康児選手、川辺駿選手、青木亮太選手、井手口陽介選手、西村拓真選手 、鈴木優磨選手 、前田大然選手の11名。授賞式には、11名の受賞者のうち、中山雄太選手、三好康児選手、川辺駿選手、青木亮太選手、西村拓真選手、鈴木優磨選手、前田大然選手が、普段ピッチ上で見せるユニフォーム姿ではないカジュアルなファッションスタイルで登場し、受賞した喜びを語りました。また、特別ゲストとして中山雅史選手、中田浩二氏が受賞した選手達への祝福に駆けつけました。

本アワードを受賞して、中山雄太選手は「このような素晴らしい賞をいただき本当にありがとうございます。率直に嬉しいという気持ちが大きいです。今シーズンは個人としても課題が多く残りましたが、成長した面も多く見つけられたので来年はそこを克服しつつ、もう一段階レベルアップできるように頑張っていきたいです。」と、今シーズンを振り返りつつ喜びを語りました。川辺駿選手は「この賞をもらって自信にするとともに責任感を持って今後プレイをしていきたいと思います。 」と述べました。

改めて、受賞者の顔ぶれを見て、アワードのキックオフから見守ってきた中山雅史選手は「私と中田浩二さん以上の華のある選手がこれだけいるっていうことをみなさんにわかってもらいたいですし(笑)、それ以上に多くの若い選手がいるということを知ってもらいたいです 」とコメント。また、中田浩二氏は「ベテラン勢向けの授賞式も是非、開催して欲しい。本当に今回受賞された皆さんを、羨ましく思います。新しい賞が設けられて、間違いなく若い選手のモチベーションになったと思います。オールド、ヤングだけでなく、ミドル向けの賞を作っていただけたら嬉しいです䛽(笑)。」と語り、会場の笑いを誘いました。

今回のアワード受賞者には、特別に文字盤に鮮やかなブルーを使用した「タグ・ホイヤー アクアレーサー キャリバー 5セラミック」が贈呈され、鈴木優磨選手は「タグホイヤーのレベルに自分が追いついていきたいです! 」と着用したコメントを述べました。西村選手は「この服装と時計がまだちょっと似合うレベルにないので・・・すごく今日はカッコつけて臨みましたが、やはりうまくいかなかったので、今後しっかりとこの時計に似合うプレイと結果を残したいです。」とコメント。さらに、前田大然選手は「つけやすいですし、見やすいので、寝る時もお風呂はいる時もつけて生活して行こうかなと思いました。 」と選手達はユーモアたっぷりのコメントで会場を沸かせました。

最後に、『これからの野望は?』という質問に対し、三好選手は「タグホイヤーに名前負けしないぐらいのブランドに自分自身がなりたいと思います。また、世界を目指してピッチで活躍する姿を見せていければと思っています。」と意気込みを語りました。青木選手は「来年しっかりチームで活躍できる様になっていくことと、もちろん世界で活躍できる様になっていきたいのでそこを目標にして頑張っていきたいなと思います。」と今後の野望を掲げました。

【その他トークセッションQ&A】

Q、「時計をつけるたしなみを、若い選手に伝えるとしたら??」

A、中山雅史選手:「サッカーをしていく上で、1分1秒の時間を大切にし、時間を意識し集中していくかが成長に繋がっていくと思います。そのような気持ちを大切に、タグホイヤーの時計をつけて欲しいと思います。」

A、中田浩二氏:「これからは他の人たちから《見られる》ということもことも意識して、サッカーに取り組んで欲しいですし、私生活を過ごして欲しいです。」

タグホイヤー,ヤングガンアワード,授賞式,中山雅史選手,中田浩二,TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD

<イベント概要>

タイトル :『TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD 授賞式』

(タグ・ホイヤー ヤングガン アワード )
日時 :2017年12月4日(月) 16:00 〜17:00
会場 :1OAKTOKYO (東京都港区六本木5-10-25 )
受賞者 :中村航輔(なかむら こうすけ)選手(柏レイソル)
植田直通(うえだ なおみち)選手 (鹿島アントラーズ)
中山雄太(なかやま ゆうた)選手 (柏レイソル)
ミロシュ・デゲネク選手 (横浜F・マリノス)
三好康児(みよし こうじ)選手 (川崎フロンターレ)
川辺駿(かわべ はやお)選手 (ジュビロ磐田)
青木亮太(あおき りょうた)選手 (名古屋グランパス)
井手口陽介(いでぐち ようすけ)選手 (ガンバ大阪)
西村拓真(にしむら たくま)選手 (ベガルタ仙台)
鈴木優磨(すずき ゆうま)選手 (鹿島アントラーズ)
前田大然(まえだ だいぜん)選手 (水戸ホーリーホック) ※下線の選手は本授賞式にお越しいただいた選手です。
登壇者 タグ・ホイヤー ジェネラルマネージャー 河村恭臣(かわむら やすおみ)
Jリーグ チェアマン 村井満氏 /Jリーグ 副理事長 原博実(はら ひろみ)氏
中山雅史(なかやま まさし)選手/中田浩二(なかた こうじ)氏

【贈呈時計】
モデル名:アクアレーサー キャリバー5 セラミック
価格: 255,000円
ケース径: 41mm
アクアレーサーはサッカーなどのスポーツ選手に人気のモデルで、ダイバーズウォッチでありながらスタイリッシュなデザインが特徴。

【TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD(タグ・ホイヤー ヤングガン アワード)とは】
Jリーグの次世代を担う若い選手層の育成・今後のJリーグの発展を目的として、2017年6月に新しく発足したアワード。
受賞対象者は、 J1、J2、J3のクラブに所属の満23歳以下(※1994年4月2日以降に出生した選手)の519名の選手。シーズンを通しての活躍とJリーグ選手OBやサッカー雑誌編集長等を含むアワード サポーターによる選考を経て候補者30名を選出され、更に11月6日より公式サイト内にてファンの一般投票を含む最終選考を経て今年の11人の選手を選出いたしました。

【TAG Heuer】

タグ・ホイヤーは、イングランド・プレミアリーグ、ドイツ・ブンデスリーガ、米国・MLS(メジャーリーグサッカー)、スペイン・ラ・リーガ、中国サッカー・スーパーリーグ、オーストラリア・ナショナル サッカーチームにおいてオフィシャルタイムキーパーを務め、2016年より、Jリーグトップパートナーとして、Jリーグで初のオフィシャルタイムキーパーとなりました。 また、世界的スーパースターのクリスティアーノ・ロナウドやドイツでも活躍する香川真司がブランド・アンバサダーを務め、サッカー界との結びつきを強化しています。

http://www.goal.com/story/youngguns/

【リリース】株式会社TANK


TAG HEUER(タグ・ホイヤー)をamazonで探す

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で