アイエス・フィールドは、今関あきよし監督最新作『ライカ』を2018年2月17日より新宿K’scinema他全国順次公開の運びとなりました。

今関あきよし監督,最新作,ライカ,オール,モスクワロケ,愛の依存と喪失の物語,LAIKA

『アイコ十六歳』、『十七歳』に代表される少女のピュアな素顔を映像に切り取ってきた20世紀。21世紀に入り『カリーナの林檎~チェルノブイリの森~』でベラルーシ・ロケ、『クレヴァニ、愛のトンネル』ではウクライナ・ロケなど東欧圏に目を向け始めた今関あきよしが、監督人生の大きな集大成としてロシア、モスクワを舞台に日本人とロシア人の2人の女性の間に芽生えた繊細な心の機微を映像に焼き付けた最新作『ライカ』がついに日本公開です!

アンバランスな女性の心情を描いた本作で、愛しすぎたゆえの依存性と喪失感を表現、今関監督のフィルモグラフィーが新たなステップに踏み出しています。主役を演じる2人のヒロインは日本とロシアでのオーディションで選ばれた宮島沙絵とクセーニア・アリストラートワ。少女からと大人への過程という難しい年代を見事に演じただけではなく、初ヌードによる禁断のシーンにも挑んでいる。なお、宮島沙絵は本作での演技が認められ、今年の第12回ロサンゼルス日本映画祭最優秀新人賞を受賞しています。

今関あきよし監督コメント

念願のモスクワでのロケ。ベラルーシ、ウクライナを舞台にした映画を演出し、ついにロシアだ。モスクワ独特の空気感の中で、同性愛を越えるような強く依存しあう関係の日本人“ライカ”とロシア人“ユーリャ”という女の子同士の恋愛劇。人はひとりでは生きていけない。誰かを強く想い続けることでしか生きていけない弱さを描いてみたかった。

出演:宮島沙絵 クセーニア・アリストラートワ
監督:今関あきよし
エグゼクティブ・プロデューサー:嶋田豪
プロデューサー:高瀬博行 星野晴美/
ロシア側ラインプロデューサー:木下順介
脚本:いしかわ彰
音楽:遠藤浩二 宮崎道
撮影:三本木久城
イメージビジュアル:水野歌
主題歌:erica「きっといつか、もっと強く、私らしく」(PEACE VOICE RECORDS)
製作:アイエス・フィールド2016年/日本/カラー/94分/ビスタサイズ/5.1ch/R15+
配給・宣伝:アイエス・フィールド
©2016“LAIKA” Film Partners

映画「LAIKA-ライカ-」公式



宮島 沙絵(みやじま さえ)
2017年 Japan film festival Los Angeles
「LAIKA-ライカ-」最優秀新人賞受賞
宮島沙絵 @saemiyajima023 | twitter

今関あきよし をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で