株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、2017年12月15日(金)の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の上映開始に伴い、TOHOシネマズ日劇にて、上映期間中、12月15日(金)・16日(土)・17日(日)の3日間限定で、週刊『スター・ウォーズ R2-D2』の創刊を記念した体験型イベントを実施。

ファンの聖地,有楽町,TOHOシネマズ日劇,スターウォーズ,R2-D2,創刊記念,フォトイベント,

同イベントでは、本格的多機能ドロイド「R2-D2」の実物の1/2スケールの展示に加え、ジェダイやシスになりきって「R2-D2」と撮影できるフォトコーナーも設置。「スター・ウォーズ」の世界を存分にお楽しみいただけます。

スター・ウォーズの魅力・世界観をご堪能できる今だけのスペシャルイベント!

■イベント名 :週刊『スター・ウォーズ R2-D2』創刊記念イベント
■開催日時 :2017年12月15日(金)~17日(日) 9:00~20:00
■開催場所 :TOHOシネマズ日劇
(東京都千代田区有楽町2丁目5-1有楽町マリオン内阪急デパート側 11F)
https://www.tohotheater.jp/theater/034/access.html

■概要 :スター・ウォーズのオープニングをイメージしたバックパネルの前で、ジェダイやシスの衣装を身につけて、

「R2-D2」の実物の1/2スケールとの撮影会を開催。
※このイベントにご参加いただけるのは、映画のチケットをお持ちの方のみです。予めご了承ください。

ジェダイやシスのキャラクターになりきって撮影!

フォトコーナーには、最新作の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のポスターをイメージした、ジェダイとシスの衣装をご用意しています。
映画の世界感をイメージしたフォトコーナー前で簡単に羽織ることができるローブを身に着け、ライトセーバーを持てば、映画ファンにはたまらないジェダイやシスになりきったオリジナルの撮影をお楽しみいただけます。もちろんご自分のオリジナル衣装でフォトコーナーにて撮影することも可能です。

※数に限りがございますので、無くなり次第終了とさせていただきます。

「スター・ウォーズ」の世界にワープ!映画のシンボル的なシーンでの撮影

まるで「スター・ウォーズ」のオープニングシーンにワープしたようなバックパネルで、「スター・ウォーズ」の登場人物になりきって、人気のアストロメク・ドロイド「R2-D2」のオリジナルスケールモデルと写真撮影ができるフォトコーナーをご用意しています。
このR2-D2スケールモデルは、映画に登場する実物の1/2スケールで、その特徴的な動きに至るまで、映画そのままのR2-D2を精巧に再現したもの。週刊『スター・ウォーズ R2-D2』に毎号付属されるパーツを組み立てて完成させ
ることができます。実際に動いて音も出る「R2-D2」の隣で写真を撮れば、身も心も「スター・ウォーズ」の世界感と一体になれること請け合いです。

12月15日(金)より全国公開!最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』について

前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、待望のシリーズ最新作が遂に公開!『フォースの覚醒』のラストシーンで、万感の思いを込めてルークにライトセーバーを差し出すレイ。彼女をじっと見つめるルーク。そこに言葉はない。観る者の胸を感動で満たし、同時に様々な想像をかき立てずにはいられなかった、このラストシーン。

――そして物語は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』へと受け継がれる。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーとめぐり逢ったレイが知ることになる驚くべき真実とは? さらには、レジスタンスを率いるカイロ・レンの母親レイアと、ポー、フィン、BB-8らレジスタンスたちの新たなるミッションとはー

2018年1月4日(木)創刊! 週刊『スター・ウォーズ R2-D2』概要

毎号付属のパーツを組み立てると、映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場する人気アストロメク・ドロイド「R2-D2」が完成するマガジンシリーズ。
本シリーズで組み立てる「R2-D2」には、映画のようなホログラム表示シーンを再現する
プロジェクターや、ビデオ・静止画カメラ、顔検出機能などの本格的な機能が満載。映画と同じメカニズムにより独特の動きを再現したオリジナルモデルになっています。

■タイトル:週刊 『スター・ウォーズ R2-D2』
https://deagostini.jp/r2d/
■価格:創刊号特別価格:499円
第2号以降通常価格:1,998円 ※8%税込
■創刊日:2018年1月4日(木)
■刊行形態:第2号以降毎週火曜日発売 ※一部地域を除く
■刊行号数:全100号(予定)
■仕様:A4変形/ページ数(表周り含む) 12ページ

“スター・ウォーズ ファンの聖地 “ TOHOシネマズ日劇

1978年に公開された第1作から映画スター・ウォーズの全エピソードを上映していることから、一部のスター・ウォーズ ファンの間で“聖地”と呼ばれているTOHOシネマズ日劇。日劇で「スター・ウォーズ」を鑑賞することは、熱心なスター・ウォーズ ファンにとって一種のステータスとなっているといわれています。
2018年2月上旬で閉館することが決まっている日劇での「スター・ウォーズ」映画の上演は、今回の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が最後。日劇では、12月15日(金)の全国公開に先駆け、前日14日(木)18:30より、いち早く最新作を鑑賞できる前夜祭の開催を予定しています。




スター・ウォーズ R2-D2をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で