ルーク・スカイウォーカーを演じるマーク・ハミルさんが、 R2-D2、 C-3POとともに、 朝日新聞出版発行の「週刊朝日」2017年12月22日号(12月12日発売、 定価400円)の表紙を飾ります!

スターウォーズ,R2-D2,C-3PO,34年ぶりの3ショット,ルーク役,マーク・ハミル,週刊朝日,表紙,star wars

世界に衝撃を与えた最初の「スター・ウォーズ」から40年。
「週刊朝日」では、 12月15日に、 シリーズ最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が公開されるのを目前に、 表紙とカラーグラビア8ページで大特集。

表紙は贅沢にも撮り下ろし。
37年ぶりに来日を果たしたマーク・ハミルさんが、 “旧友”のドロイドR2-D2とC-3POと、 「ジェダイの帰還」以来34年ぶり?の3ショットを披露してくれました。

もちろん、 マークさんの独占インタビューも掲載。
この3部作への出演をオファーされたときの正直な気持ちや、 昨年末に亡くなられたレイア役のキャリー・フィッシャーさんへの思い、 そして、 今作「最後のジェダイ」の脚本を読んで監督に告げたセリフなどを、 惜しみなく明かしてくれています。

そして、 今作の脚本・監督に抜擢され、 さらにはEP10~12にあたる新たな3部作の創作をまかされたことが報じられたばかりの気鋭、 ライアン・ジョンソン監督の独占インタビューも実現。 スター・ウォーズにまつわる子供時代の思い出、 シリーズで最も好きな場面、 脚本を書きはじめたときの思いや、 今作で描こうとしたことなどを、 たっぷり語ってくれました。

それだけではありません。 キャリー・フィッシャーさんが生前に遺した貴重なコメントをはじめ、 レイ役のデイジー・リドリーさん、 カイロ・レン役のアダム・ドライバーさん、 フィン役のジョン・ボイエガさん、 ポー役のオスカー・アイザックさん、 そして新キャラクターとして登場する、 ベネチオ・デル・トロさんや、 ケリー・マリー・トランさんへのインタビューと、 盛りだくさん。

さらに! 熱狂的なファンを自認する、 俳優でミュージシャンの及川光博さんと、 ハーバード大卒の芸人パックンことパトリック・ハーランさんが、 期待と願望を込めて、 「最後のジェダイ」の展開を大予想!

「ジェダイの帰還」の30年後を描いた前作「フォースの覚醒」で、 姿を消した“最後のジェダイ”ルークを探す戦いのなか、 強いフォースを覚醒させた主人公レイと、 祖父ダース・ベイダーに憧れるカイロ・レン。 彼らの物語はどこへ向かうのか――。
公開を目前に控えた今もストーリーが明かされず、 謎に包まれたままの“衝撃作”に、 さまざまな方向から迫ります。

お宝化必至の「週刊朝日」、 どうぞお見逃しなく!

週刊朝日 2017年 12/22 号
定価:400円(税込)
発売日:2017年12月12日

https://www.amazon.co.jp/dp/B07853QPJM

【リリース】株式会社PR TIMES



キャリー・フィッシャー(英: Carrie Frances Fisher、1956年10月21日 – 2016年12月27日)
最も知られている出演作は、レイア・オーガナを演じた『スター・ウォーズ・シリーズ』旧3部作(エピソード4-6)。
アメリカ合衆国の女優、映画脚本家。カリフォルニア州ビバリーヒルズ出身。
2015年公開の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では約30年ぶりにレイアを演じた(同作品では娘のビリー・ラードもカメオ出演している)。2016年12月公開の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』にもコンピューター・グラフィックスとアーカイブ映像を駆使して『エピソード4』出演当時の姿で登場している。
2017年12月公開の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(死去当時は副題未公表で『エピソード8』として報じられた)にレイア・オーガナ役で出演、これが遺作となる。

キャリー・フィッシャー(Carrie Fisher) をamazonで探す
スター・ウォーズ(STAR WARS) をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で