全世界328億円越えの大ヒットを記録し、日本でも2016年の1月に公開され、“パディントン”旋風を巻き起こした、ロングセラー児童小説の実写映画『パディントン』。続編となる『パディントン2』が、絶賛公開中!
本作の公開を記念し、日本語版吹替えキャストである松坂桃李、古田新太、三戸なつめ、斎藤工らが登壇する舞台挨拶が行われました!

パディントン2,松坂桃李,古田新太,三戸なつめ,斎藤工,日本語,吹き替えキャスト,paddington2
『パディントン2』公開記念舞台挨拶 左から古田新太、松坂桃李、斎藤工、三戸なつめ

上映後の熱気冷めやらぬ会場に、豪華キャスト陣が舞台に姿を現すと、会場からは黄色い歓声が!まずは“パディントン”役の日本語版吹替えキャストを務めた松坂が「本日は『パディントン2』観に来てくださりありがとうございます!本当に面白い作品だと思うので、是非作品をみなさん広めてくれたら嬉しいです」と挨拶。

続いて、「みなさん面白かったですか?僕も大好きな作品なので、ぜひたくさんの方に広めて貰えたら」(ブラウンさん役/古田)、「ジュディは、前作では反抗期で暴言を吐いたりしていたけれど、続編では少し成長していて、演じてとても嬉しかったです。『また観たいな』と思ってもらえたら嬉しいです」(ジュディ役/三戸)、「続編からの参加となりましたが、僕にとっても本当に大好きな作品になりました。観ていただいた方の声が、すごく作品にとって大きな宣伝になるかと思うので、ぜひSNSなどで広めてもらえたら嬉しいです」(ブキャナン役/斎藤)とそれぞれ挨拶し、舞台挨拶はスタートいたしました。

前作に引き続き日本語版吹替えキャストとして続投を果たした松坂。海外で大ヒットを記録していることもあり、「これは“3”もあるんじゃないか?と。そうなったら嬉しいですね!日本のみなさんの反応が大きければ、きっと製作の可能性も高くなるのではないかと思いますし、僕もまた(パディントン役の声優を)やれるのであればやりたいですね」と、続編への期待を明かしました。一方古田は「お父さんがふざけだしていますからね。もし“3”があるのなら、もっとふざけてほしいです」と、“古田節”が繰り出される場面も。

先日行われたジャパンプレミアでは、ブラウン役を演じたヒュー・ボネヴィル、そしてブキャナン役を演じたヒュー・グラントが来日し、大きな話題を集めたが、プレミアに参加し二人に会った三戸と斎藤は「大きかったですね!目も綺麗で、優しくて…」と声を揃える中、その感想に思わず「ずるい!羨ましいですね」と声を漏らす場面も。さらに三戸は「ボネヴィルさんやグラントさんと一緒にイベントの打ち合わせをさせていただいた際に、ボネヴィルさんが横にいらっしゃって、『サンドイッチ食べる?果物食べる?』って声をかけてくれて。本当にお父さんみたいでした(笑)」と微笑ましいエピソードもを明かしました。

一方の斎藤は、本作ではヒュー・グラント扮する、落ち目の俳優で“変装の名人”ブキャナン役を演じる。そんな役どころにかけ、『変装するとしたら何になりたいか』という質問が及ぶと、松坂は「某、有名アニメの青いロボットになりたいです(笑)」と回答!「お笑い芸人のシソンヌさんが好きで、その方々がだいぶ前にやっていたネタで、青いロボットが出てくるネタがあるんですが、それをやりたいですね(笑)」と笑い交じりに答えました。続く古田は「普段仕事で変装しかしてないからなあ…」と悩みつつも、「美女になりたいです。外国人の女優みたいになりたい。前作で登場したニコール・キッドマンみたいな」と答えて、会場を沸かせました。

本作でパディントンとブキャナンが出会う移動遊園地は、「すべての夢が叶う場所」と言われていることもあり、『自身の夢』についてそれぞれ質問が及ぶと、「ロンドンに行きたいです!双子モデルのりんかちゃん&あんなちゃんが、パディントンのお仕事でロンドンに行ったという話を聞いて、私も行きたくなりました」と明かしました。一方斎藤は「本作の続編が出来るなら、違う役でも良いので、また出演したいですね」と、“パディントン愛”を垣間見せる場面も。

また、2018年の抱負について話が及ぶと、松坂は「事務所の人が増えるような活躍をしたいです!スタッフの人員が足りなくて…」と語ると、思わず古田からは「ずいぶん実務的な抱負だな!」とツッコミが。一方古田は「目標は、365日酒を飲むことです。次の日朝が早いとか、色々とくじけることがあるんですが…今年は365日オールで頑張りたい」と明かし、会場の笑いを誘いました。

続く三戸は「旅行に行きたいですね!世界に行きたいです!プライベートもお仕事も充実させたいです」野望を語り、さらに斎藤は「現実的になってしまいますが、この早い段階で確定申告の住み分けをさせたいです。今のうちから準備したい」と語ると、再び会場は笑いに包まれました!

最後には、先日ヒュー・ボネヴィルとヒュー・グラントが来日した際に完成させた、ヒットを祈願する世界に一つの“パディントンだるま”が登場!ボネヴィルとグラントのサインが添えられた“パディントンだるま”が運ばれてくるなり、「すごいなぁ」と声を漏らし、だるまをまじまじと見つめる松坂らキャストたち。そしてキャストらによって、『祝大ヒット!』とあしらわれたステッカーをパディントンだるまに装飾させると、会場からは大きな拍手が沸き起こりました!

最後に、キャストを代表して松坂が「みなさんの感想がこの作品の良さを広めていきます。ぜひ皆さんが感じたことを、SNSなどで呟いて広めていただけると嬉しいです。そして、本作は『字幕版』と『日本語吹替版』、2つあるので、両方で楽しんでください!」と熱く作品をPRし、イベントは終了いたしました。

【STORY】
ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。彼はどこに行っても元気とマーマレードを振りまき、コミュニティの人気メンバーになっていた。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために完璧なプレゼントを探していたパディントンは、グル―バーさんの骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つける。その絵本を買うために様々なアルバイトを始めたパディントンだったが、ある時その絵本が盗まれてしまう。犯人の正体を暴けるかどうかはパディントンとブラウン一家の手にかかっている…!
出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス他
日本語吹替え版キャスト:松坂桃李、古田新太、三戸なつめ、斎藤工
監督:ポール・キング 
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ 
原作:マイケル・ボンド 配給:キノフィルムズ
公式サイト
公式twitter
公式facebook
公式instagram

©2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.


パディントン をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で