『日村がゆく』#39を2月7日(水)夜9時から1時間にわたって放送した。
同番組は、世にはびこるバラエティの定番を超えるべく、お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀が体を張ってバラエティの“新定番”を開拓していく番組だ。

日村がゆく,打倒ナスD,バナナマン,日村勇紀,推薦,名物スタッフ,イモD
ⒸAbemaTV
日村がゆく,打倒ナスD,バナナマン,日村勇紀,推薦,名物スタッフ,イモD
ⒸAbemaTV

2月7日(水)の放送では、2017年10月18日の放送回でお届けした“雑学の新しい夜明けを見つけるの巻”の第2弾として、“雑学”をテーマに、日村が番組内で新たなバラエティを開拓する際に、発見されたトリビアならぬ“ヒムビア”を紹介していった。

 番組冒頭では、昨年末にネットニュースで話題になった、日村の相方であるバナナマン・設楽統が家を建てた話になり、家を建てる予定を聞かれた日村は、「全然ない」と即答。「番組の企画で“日村勇紀、家を買う。やりましょうよ」という質問には、「やらなくていい!家とかにまで入り込むんじゃないよ」とツッコミを入れ、現場の笑いを誘った。「夢としてはハワイですよ」と、ハワイに家を建てたい願望を語った日村に、「いい物件探しますよ!あのチャイナタウン辺りに」と話すと、日村は「行くか!あんな一面見せやがって」と、先週の放送回でお届けしたハワイのチャイナタウンの様子を振り返り、さらに笑いが起こった。

 今週は、地上波で大人気の“ナスD”に負けないような名物スタッフを、『日村がゆく』から誕生させようということで、「里芋みたいな顔をしている」同番組のディレクター“イモD”が、視聴者の方だけでなく、番組制作者やYouTuberにも役立つ様々な“ヒムビア”を披露していった。

 最初に紹介された“世界一辛い物を食べた後、世界一甘い物、あるいは世界一すっぱい物、もしくは世界一マズイ物を食べると辛さは和らぐ”という“ヒムビア”のVTRを見ていった。イモDが今回使用したのは、唐辛子の44倍もの辛さがあると言われる世界一辛い香辛料の“キャロライナ・リーパー”。これを1瓶全てラーメンに入れ、その辛さを検証してみると、イモDは一口でむせてしまい、「舌が取れる」とかなり苦痛な表情を見せた。

そして、早速世界一甘いと言われるインドのドーナツや、お土産でもらうと人間関係を破滅に導く世界一マズいグミ、大量の梅干しのすっぱい部分を凝縮したエキスの3つを試すものの、どれを食べても辛さは消えず、失敗に終わる。このままでは“ヒムビア”が成立しないという事で、味覚に詳しい専門家にアドバイスを聞き、氷で舌を冷やし麻痺させてから再びラーメンを食べてみることに。すると、あれだけ辛かったラーメンの辛さが嘘のように消え、見事イモDは“ヒムビア”を成立させることが出来た。

 VTR後、日村も早速試してみようということで、氷を口の中に入れ麻痺させてから同じ辛さのラーメンを食べてみるが、一口入れただけでむせ始め、「辛い!激辛じゃねぇかよ!」と、あまりの辛さに涙を流す日村。その後日村は、「嘘ばっか言いやがって…」と、その場にいたイモDに再度チャレンジさせますが、イモDも日村と同じく一口でむせ始め、「辛い!あれぇ?」と、検証したときと全く違う辛さに驚いた様子を見せた。そんなイモDの様子に日村もスタジオも大爆笑。「第3弾でもう1回やってみます」と話すイモDの粘り強さに、日村は「えー!(まだ)やるの?」と驚き、スタジオに笑いが起こった。

 その他、イモDが体を張って紹介した“テニスラケットでお尻を叩いても痛くない”や、“ぐるぐるバットをした後にシャドーボクシングをすると酔拳みたいになる”などの、きっと役に立つ“ヒムビア”の数々は「Abemaビデオ」にて無料で視聴可能。ぜひ、ご覧ください。

日村がゆく,打倒ナスD,バナナマン,日村勇紀,推薦,名物スタッフ,イモD
ⒸAbemaTV
日村がゆく,打倒ナスD,バナナマン,日村勇紀,推薦,名物スタッフ,イモD
ⒸAbemaTV
日村がゆく,打倒ナスD,バナナマン,日村勇紀,推薦,名物スタッフ,イモD
ⒸAbemaTV
ⒸAbemaTV

■『日村がゆく#39 もう激辛なんて怖くない!〜雑学の新しい夜明け〜ヒムビア第2弾』
放送日時:2月7日(水)夜9時~夜10時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
U▶過去放送



友寄 隆英(ともより たかひで)通称「ナスD」
テレビ朝日総合編成局制作1部所属のテレビプロデューサー・演出家。兵庫県出身
2017年から放送されている旅バラエティー番組『陸海空 地球征服するなんて』ではゼネラルプロデューサーとして番組制作を統括する傍ら、部族アースの取材ディレクターも担当している。通称「ナスD」として出演。

ナスD をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で