ユナイテッド カラーズ オブ ベネトンの2018年春夏キャンペーンビジュアルは、メンズ、ウィメンズ、キッズモデルがデイジーやバラ、カーネーション、ヒマワリといった季節の花々をスタイリングに取り入れたビジュアルを展開します。今回のビジュアルは、ジェンダー(性)に関する永遠のジレンマを語っています。

ベネトン,オリビエーロ・トスカーニ,2018春夏,キャンペーン,ビジュアル,

民族や性別の違いを称嘆する独特な写真は、まさにオリビエーロ・トスカーニのスタイルです。 ろうけつ染めの素材やプリント、ボーダー柄、クルーネックセーター、ブルーのスーツ、カラフルなチュチュなどが大胆にスタイリングされ、自由で活気に溢れたコーディネートを提案しています。

このルールにとらわれないミックス&マッチなスタイリングは、多種多様なカラーとファブリックが融合して生み出されました。写真の中のモデルたちは、「たとえ何が起ころうと、私たちはここにいる。私たちはすべて平等である」と呼びかけ、強く、鋭いイメージを発信しています。そのスタイルはまたパンクやシック、ヒッピー、そしてカジュアルといったな要素も持ち合わせます。グローバルなスタイリングは、究極的な自由、そしてクリエイティビティを表し、また宗教や性別、年齢に関係なく、世界中の人々へのメッセージです。

Tシャツやスウェットシャツ、アクセサリー類にプリントされている「平和」「愛」「平等」「ポジティブ」といったスローガンやマニフェストを大声で恐れることなく語ることができる、ジェンダーレスなスタイルでもあります。

今回のテーマは、イタリアのファッションブランドとしての不屈の精神とトスカーニがベネトンのために手掛けてきた数々の作品の双方を参照して作られた「Revolutions in spring in start」というカタログのタイトルにも表現されています。ファッション業界に数々の歴史を刻み、ベネトンにもう一度魔法をかけるために再登板したトスカーニは、「ベネトンのニットは再び脚光を浴びるだろう」と宣言しています。

2018年春夏キャンペーンは2月より、ビルボードやメディアなどにおいてイタリアのみならず全世界で公開される予定です。またビジュアルは、店舗やウェブサイト、ソーシャルメディア、そしてユナイテッド カラーズ オブ ベネトンのコミュニケーションチャネルでも紹介されます。

2018春夏キャンペーンビジュアル撮影時のBehind the Sceneは、こちらからご覧ください。

https://www.benetton.jp/
Official HP
Facebook
Twitter
Instagram

【リリース】株式会社PR TIMES



オリビエーロ・トスカーニ(Oliviero Toscani, 男性, 1942年- )
イタリア 、ミラノ生まれの写真家。
ベネトンの広告キャンペーンの作品を手がけたことで世界的に知られる。
チューリッヒで写真を学び、ローマの広告代理店に入社、『エル』、『ヴォーグ』等の雑誌でファッション写真を撮り、1983年よりベネトン社と契約、ベネトンでは、およそ従来のファッションブランドの広告写真からはかけ離れたAIDS、人種差別、戦争、死刑制度等を正面から取り上げ、その強烈な作品は世界各地で大きな議論を呼んだ。

Benetton(ベネトン) をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で