ボストンマラソン爆弾テロ事件で“ボストンのヒーロー”と呼ばれた男の真実の物語を描いたジェイク・ギレンホール主演・プロデュース作『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』が5月11日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。

ジェイクギレンホール,感動の実話,ボストンストロング,ダメな僕だから英雄になれた
© 2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

本作は2013年に起こったボストンマラソン爆弾テロ事件の被害にあった、ジェフ・ボーマンの実話を映画化。テロに巻き込まれ、両脚を失ったボーマンは「ボストン ストロング」というテーマの元、ボストン復興の象徴として脚光を浴びるも、ボーマンの前には様々な困難が・・・・。耐えられない傷とプレッシャーを背負いながら、恋人や家族などの愛する人々に支えられ、困難を乗り越え、再び立ち上がる“フツウの男”の感動の実話。

この度解禁された特報映像は、「ボストン・マラソン」ゴール間近で発生した爆発シーンから始まる。両脚を失い、絶望の淵の立たされたジェフ・ボーマンは「諦めたいと思う時もあった。」と語りながら、家族や彼女に支えられながら、復活を遂げるまでの日々を回顧するような構成となっており、ボーマンが「僕はただ生きたい」と願い、新しい義足をつけて力強く立ち上がろうとする映像が印象的な涙を誘う映像となっている。
また同時に解禁されたポスタービジュアルはボーマン演じるジェイク・ギレンホールが義足で再び力強く一歩を踏み出そうとする姿を大きくとらえたポスタービジュアルとなっている。

ジェフ・ボーマンを演じるのは、メジャー大作からインディペンデント映画まで縦横無尽に活躍する実力派俳優のジェイク・ギレンホール。『サウスポー』で演じた筋骨隆々なボクサーや『ナイトクローラー』で怪演したモラルが崩壊していくパパラッチ、地球外生命体と対峙する『ライフ』の宇宙飛行士など、近年の作品を並べるだけでも個性的な役が続くが、本作では両脚を失い、全米のヒーローとして脚光を浴びた男の光と影を見事に表現。義足での演技はもちろん、実際のジェフと時間をかけて交流し、決してモノマネではなく、根底にある人間性や弱さまでも繊細にすくいあげた。物語に心底惚れ込んだジェイクは、本作を新しく立ち上げた製作会社ストーリーズの第1作目に選び、プロデューサーとしても深く作品に関わっている。

映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』は5月11日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

<STORY>
ボストンに暮らすジェフ・ボーマンは元彼女のエリンの愛情を取り戻すため、彼女が出場するマラソン会場に応援に駆け付けるが、ゴール地点付近で爆弾テロが発生。巻き込まれたボーマンは爆発で両脚を失ってしまう。意識を取り戻したボーマンは爆弾テロリストを特定するために警察に協力。ボーマンの証言を基に犯人が特定されると、ボーマンは一躍、“ボストンのヒーロー”として世間の脚光を浴びるが、彼自身の再生への戦いはまだ始まったばかりだった―。

出演:ジェイク・ギレンホール(『ノクターナル・アニマルズ』、『ナイトクローラー』など)、タチアナ・マスラニー(『黄金のアデーレ 名画の帰還』など)、
ミランダ・リチャードソン( 『めぐりあう時間たち』、『ダメージ』など)、クランシー・ブラウン(『ショーシャークの空に』など)
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン(『セルフィッシュ・サマー ホントの自分に向き合う旅』『スモーキング・ハイ』など)
脚本:ジョン・ポローノ   原作:ジェフ・ボーマン、ブレット・ウィッター著
配給:ポニーキャニオン 提供:ポニーキャニオン/カルチュア・パブリッシャーズ  映倫区分:PG-12 
© 2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

公式twitter
公式facebook

http://bostonstrong.jp/


ジェイク・ギレンホール(Jake Gyllenhaal)をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で