【2018 年 3 月 6 日、サンタアガタ・ボロネーゼ/ジュネーブ】
アウトモビリ・ランボルギーニが、革新的な技術、パフォーマンス、オープンエアー走行の究極の組み合わせたランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー(lamborghini huracan-performante Spyder)を公開。アウトモビリ・ランボルギーニ CEO のステファノ・ドメニカリは次のようにコメント。

ランボルギーニ,ウラカンペル,フォルマンテ,スパイダー,最高峰,パフォーマンス,オープンエアー,lamborghini

「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーは、ウラカンで開発された技術の頂点と
コンバーチブルの高揚感を一つにしました。ウラカン・ペルフォルマンテは、サーキットと公道のどちらでも最高の路面からのフィードバックとエモーションが得られました。
一方で、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーはドライバーをより路面に近づけ、風とランボルギーニの自然吸気エンジン独特の響きを感じることができます。」

ランボルギーニ,ウラカンペル,フォルマンテ,スパイダー,最高峰,パフォーマンス,オープンエアー,lamborghini

 デザインとエンジニアリングがもたらすパフォーマンス、ドライビングダイナミクス、空気の中を走る爽快感による究極の組み合わせ
 フォージドカーボンファイバー技術により、ウラカン・スパイダーに比べ 35 kg の重量削減
 5.2 リットルの V10 自然吸気エンジンが 8000rpm で 640hp を実現
 0-100 km/h 加速 3.1 秒、最高速度 325 km/h
 ウラカン・ペルフォルマンテの優れた技術とパフォーマンスを受け継ぐスパイダーモデルにはアクティブ・エアロダイナミクス・システムの ALA(Aerodinamica Lamborghini Attiva)を搭載

5.2リットルの V10自然吸気エンジンを搭載したフルタイム 4WDのペルフォルマンテ・ス
パイダーは、0-100km/h加速を 3.1秒、200km/h加速を 9.3秒で実現し、最高速度はウラカン・ペルフォルマンテ・クーペの 325km/h に肩を並べます。時速 100 kmから完全停止までに要する距離は 31.5 m です。

ペルフォルマンテ・クーペ同様、スパイダーも 8000rpm で 640hp(470 kW)の出力を発揮
し、トルクは 1000rpm で 70%を超え、6500rpm で 600Nm を実現します。乾燥重量がわずか 1507kg のスパイダーのパワーウェイトレシオは 2.35kg/hp で、前後重量配分は 43:
57 です。
ランボルギーニ,ウラカンペル,フォルマンテ,スパイダー,最高峰,パフォーマンス,オープンエアー,lamborghini

デザインとエンジニアリング技術の至極のハーモニー

ウラカン・ペルフォルマンテのデザイン、テクノロジー、パフォーマンスをベースに持つスパイダーは、ペルフォルマンテの極上の走りに新たな楽しみをもたらします。
オープントップのデザインは、ルーフの開閉どちらの状態でも、クーペとは全く違う
性格を持ちます。

スーパートロフェオのレースカーやハイパフォーマンス・バイクに着想を得た、むき出しになったオープンフレームの特徴を持つペルフォルマンテのデザインを受け継ぐウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーの外観は、公道だけでなく、サーキットでも能力を発揮するスーパー・スポーツカーです。

アルミニウムのボディ全体に見えるカーボンファイバーは、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーの軽量化を示し、ウラカン・スパイダーに比べ35kgの重量削減を実現しています。また、ランボルギーニが特許を取得し、複雑な形状が可能なフォージドコンポジットをウラカン・ペルフォルマンテで導入したアクティブ・エアロダイナミクス・システムALA(Aerodinamica Lamborghini Attiva)の機能部品(フロントとリアのスポイラー、エンジンボンネット、リアバンパー、エアロダイナミック・ディフューザー)に採用しました。

ALAシステムは、高ダウンフォースや低ドラッグを必要とする場面で空力負荷を変えるほか、高速コーナリングでエアロ・ベクタリングを発動させ、サーキットでも公道でも、状況を選ばず優れたドライビングダイナミクスを実現します。ランボルギーニ・ピアッタフォルマ・イネルツィアーレ(LPI)システムは、車載エレクトロニクス・システムをすべてリアルタイムで管理します。車のセットアップとALAシステムの起動を500ミリ秒以下で行い、いかなる走行条件の下でも最良の空力設定を保証します。

ウラカン・ペルフォルマンテ・クーペと同様、スパイダーの特長として、サスペンションの強化、ESCの再調整、ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)の応答性の向上、ALAシステムと連動してあらゆる状況下で最大のトラクションを実現するフルタイム4WD、ドライビングモードSTRADA、SPORT、CORSAでランボルギーニのダイナミクス関連システムの設定をカスタマイズするANIMAの改良が挙げられます。

ランボルギーニ,ウラカンペル,フォルマンテ,スパイダー,最高峰,パフォーマンス,オープンエアー,lamborghini

路面と空にダイナミックにつながる、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーのルーフ

軽量の電動油圧式ルーフは、ウラカン・ペルフォルマンテのオープントップが真のスパイダーとなるよう剛性、ハンドリング、パフォーマンスはそのままに、開閉どちらの状態でも特徴的なラインを引き立たせます。また、コンバーチブルでありながら、超高性能スーパー・スポーツカーの剛性を持っています。

ルーフを開くと、ペルフォルマンテのダイナミックなシルエットが描き出されます。格納の際には効率よくペルフォルマンテ・スパイダーの完璧な重心を維持し、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーのオープンカーとしてのもう一つの美しい姿をのぞかせます。

走行速度50km/hで、わずか17秒で開くことができるルーフは、リアウィンドウも電動開閉ができ、閉じた場合には風よけとして機能します。ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーは、ルーフを格納すると2つの可動フィンが折りたたみルーフの格納場所から突き出た状態になり、シートバックからリアにかけてルーフの線をつなぎ、スパイダー独自の特徴的なシルエットを描き出します。

フィン内に組み込まれたダクトにより、オープントップ走行時の風の巻き込みを抑えます。さらに取り外し可能な2つのウィンドガードが横方向の空気振動を抑制し、高速でも会話を楽しめる快適なサウンドを保証します。
ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーの最初のデリバリーは2018年夏以降を予定しています。日本での価格は35,613,532円(税抜)です。

テクニカルデータ

シャーシおよびボディ
シャーシ アルミニウムとカーボンファイバー製のハイブリッドシャーシ
ボディシェル 外殻はアルミニウムと複合素材製、高品質ソフトトップ
サスペンション アルミニウム製ダブルウィッシュボーン式サスペンション
スプリングおよびダンパー 鋼製スプリングと油圧式ダンパー
オプションで磁性流体ダンパーも可能
ESC(電子安定制御) ANIMA によって ESC/ABS の特性の調整可
ESC オフ可能

ステアリング 電気機械式パワーステアリング

オプションで可変変速比の LDS ステアリングも可能
ブレーキ 真空ブレーキ・サーボ・ユニット付き油圧式デュアルサーキット・
ブレーキ・システム、フロントに 6 ピストン、リアに 4 ピストンの
アルミニウム製キャリパー
ブレーキディスク カーボンセラミック製ディスク、ベンチレーション型、

クロスドリル仕上げ
フロント∅ 380 x 38 mm、リア∅ 356 x 32 mm

タイヤ(標準) ピレリ P ゼロコルサ フロント:245/30 R20 – リア:305/30 R20
ホイール(標準) フロント:8.5J x 20” – リア:11J x 20”
ミラー 電動外部ミラー
エアバッグ フルサイズ・デュアルステージ・フロント・エアバッグ
フルサイズ・サイド・エアバッグ(特定マーケットではニー・エアバッグ)

エンジン
タイプ V 型 10 気筒、90°、IDS+MPI デュアルインジェクション
排気量 5204 cm3
(317.57 立方インチ)
ボア/ストローク Ø 84.5 mm x 92.8 mm (3.33 x 3.65 in)
バルブコントロール 連続可変調整のインテークおよびエキゾーストカムシャフト
圧縮比 12.7 : 1
最高出力 8,000 rpm/640 hp(470 kW)
最大トルク 6,500 rpm/600 Nm (442 lb. ft.)
排出ガス規制対応 EURO 6 – LEV 3
排気処理 触媒 2 個、ラムダ規制
クーリングシステム 水冷式および油冷式
エンジン管理 Bosch MED 17 Master Slave
潤滑 ドライサンプ
ドライブトレイン
タイプ 電子制御全輪駆動システム (Haldex Gen. V)、

リアに機械式セルフロッキングディファレンシャル
トランスミッション 7 速 LDF デュアルクラッチ・トランスミッション
シフト特性は ANIMA で変更可能
クラッチ ダブルプレートクラッチ ∅ 187 mm (7.36 in)
パフォーマンス
最高速度 325 km/h
0-100 km/h 3.1 秒
0-200 km/h 9.3 秒
制動距離 (100-0 km/h) 31.5 m
寸法
ホイールベース 2,620 mm
長さ 4,506 mm
幅 1,924 mm
幅(サイドミラー除く) 2,236 mm
車高 1,180 mm
トラック・フロント 1,668 mm
トラック・リア 1,620 mm
回転半径 11.5 m
乾燥重量 1,507 kg (3,322 lb)
パワーウェイトレシオ 2.35 kg/hp (5.0 lb/CV)
重量配分 43 % (フロント) – 57 % (リア)
容量
燃料 83 リットル
トランク 100 リットル
燃消*
市街地 19.8 l/100 km
都市外部 10.6 l/100 km
複合 14.0 l/100 km
Co2 排出量 320 g/km
* EU 指令 EC 715/2007 準拠

https://www.lamborghini.com/


ランボルギーニ をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で