映画『伊藤くん A to E』主題歌の『Joker』に加え、『Prism』など6曲をメディア初演奏!
数々のアーティストに楽曲を提供する、内澤崇仁はどんな人?メンバーが仰天エピソード披露
同番組は、EXILE/EXILE THE SECONDの黒木啓司プロデュースのもと、今注目のアーティストをゲストに招き、トークとスペシャルセッションを展開。同番組でしか見ることの出来ない化学変化を巻き起こす1時間のレギュラー番組。3月10日(土)の放送回では、ゲストMCを俳優のやべきょうすけ、アシスタントMCを元AKB48の大和田南那が務めます。

オリジナルアルバム,コクーン,アンドロップ
ⒸAbemaTV
オリジナルアルバム,コクーン,アンドロップ
ⒸAbemaTV

オープニングトークでは、黒木が「普段、andropの皆さんは、トーク番組にはあまり出演されないという事で、今回はありがとうございます」と挨拶をし、早速、andropの皆さんに質問をしていく。「内澤崇仁さんは、どういう人?」では、メンバーそれぞれが、ボーカル&ギターを務め、作曲も手掛ける内澤のストイックな部分について驚きのエピソードを披露する。

また話題となった『one-man live 2017 at日比谷野外大音楽堂』での演出や、数々のアーティストに楽曲提供している内澤に“楽曲を作る際に考える事”、3月7日(水)にリリースしたばかりのオリジナル・アルバム『cocoon』に込めた想い、楽曲のこだわりなど、普段なかなか聞くことの出来ないandropの本音に迫る。

そして、スペシャルパフォーマンスのコーナーでは、ニューアルバム『cocoon』から、各楽曲のテーマを解説付きで、俳優の岡田将生と、女優の木村文乃が共演した映画『伊藤くん A to E』の主題歌『Joker』に加え、アルバムに収録されている新曲『Prism』、『Arigato』、『Hanabi』、『Ao』、『SOS!』の6曲をライブパフォーマンス!

また「andropの誰も知らないプロフィール」のコーナーでは、公式プロフィールを持たないandropの皆さんに、「メンバー全員サウニスト」、「サウナの温度と水風呂の温度を当てることができる」、「みかんの皮を早く剥いて食べることができる」など、メンバーにまつわるキーワードを元に、内澤と黒木が“水風呂の温度当て”、ドラマーの伊藤彬彦と黒木は“みかんの皮むき”対決を敢行!果たして勝利はどちらに!?ベールに包まれたandropの素顔に迫る、3月10日(土)夜9時からの放送を、お見逃しなく!

■AbemaTV 『BPM~BEST PEOPLE’s MUSIC~』#70

放送日程:3月10日(土)
放送時間:夜9時~夜10時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
出演者:黒木啓司(EXILE/EXILE THE SECOND)
ゲストMC:やべきょうすけ、AMC:大和田南那
ゲスト:androp
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/8ZiPTAeSYRbFmZ


androp(アンドロップ)日本の4人組ロックバンド。
2008年にボーカル・ギターの内澤崇仁を中心に結成し、2011年にメジャーデビュー。2014年には内澤が目標としていた国立代々木競技場第一体育館公演を行い、1万人を動員した。
バンド名は英単語の「and」と「drop」を組み合わせた造語。内澤はインタビューで「自分たちの音楽が、聴く人にとって生活の中で寄り添うような音楽であってほしいと思っていたので、寄り添うという意味で〈and〉を入れました。そして、感情的な物を入れたいなという気持ちもあったので、喜怒哀楽を意味するもので、涙は形の無いものだけど、どの感情でも出てくるものだと思ったので、〈and〉と付随するものだと思い〈drop〉にしました。造語って意味の無いものだと思うのですが、あえて意味の無いものにしたかったんです」と語っており、また意味のない造語にした理由については、音楽活動を通して「androp」という言葉に意味を持たせていくことを挙げている。
メンバー
内澤崇仁(ボーカル・ギター)
佐藤拓也(ギター・キーボード)
前田恭介(ベース)
伊藤彬彦(ドラム
androp(アンドロップ)をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で