自然がいっせいに息を吹き返す春の野原、短い夏を急いでかけ抜けるように繁茂する草花、針葉樹が層をなす山や森、そして広い大地を静寂な銀世界に変える冬の雪…。北の大地の自然からすてきな模様とテキスタイルを生み出す「点と線模様製作所」の本。




ten to senの模様づくり (読む手しごとBOOKS) 岡理恵子 (著)

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
岡/理恵子
模様作家。1981年、北海道生まれ。北海道東海大学大学院芸術工学研究科卒。2008年からは「点と線模様製作所」として活動をスタート。北海道を拠点に、身近な風景、動植物、季節や天気の移ろい、音、記憶などを題材とした模様をつくり、倉敷意匠計画室の紙ものやファブリックの図案制作のほか、「北の模様帖」という名前でオリジナルのテキスタイルを制作している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



服&ファッション小物 OUTLET STORE

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で