2018年4月12日(木)-21日(土) 表参道のSO-CAL LINK GALLERY
パルファン・クリスチャン・ディオールは、 2018年4月12日より、 表参道のSO-CAL LINK GALLERYにて「ディオール アート オブ カラー展」を開催。
パルファン・クリスチャン・ディオールは、 2018年4月12日より、 表参道のSO-CAL LINK GALLERY(東京都渋谷区神宮前4-9-8)にて「ディオール アート オブ カラー展」を開催。

ディオールビューティ,カラーへの情熱,歴史,エキシビジョン,#ディオールアートオブカラー,表参道,#diortheartofcolor

「アート オブ カラー」は、 12色のディオール ブランドのカラーからインスピレーションを得て、 才能溢れるアーティストやクリエイター達のカラーへの情熱を表現したアートブックです。 ディオール メイクアップ クリエイティブ & イメージ ディレクターのピーター・フィリップスや歴代のアーティスティック ディレクターを務めたセルジュ・ルタンスやティエンらの作品や言葉を通してディオール ビューティの歴史を紐解いていくことができる一冊です。

2016年10月の刊行以来、 NY(アメリカ)、 アルル(フランス)、 ドバイ(アラブ首長国連邦)、 ソウル(韓国)、 上海(中国)にて開催され、 多くの人を魅了し、 人気を博してきた「アート オブ カラー」のエキシビションを東京・表参道で開催します。

【ディオール アート オブ カラー展について】
1949年にアヴェニュー・モンテーニュのディオール本店にて、 口紅「ルージュ ディオール」が限定品として紹介され、 色鮮やかなディオール ビューティの歴史が始まりました。 深紅に彩られた唇は、 ディオールのスピリットを象徴するニュールックと絶対的なフェミニニティを体現しています。

「女性の笑顔をドレスアップしたい」というクリスチャン・ディオールの思いが込められたルージュディオールは、 今日も多くの女性に愛されています。 1967年からセルジュ・ルタンスが、 1980年にティエンがアーティスティック イメージディレクターに就任し、 ディオール ビューティは大胆な色使いや多彩な才能で人々を魅了しました。 そして今日、 ピーター・フィリップスがディオール メイクアップにモダンな風を吹き込みながら、 ディオール メゾンの真髄であるカラーの素晴らしさや重要性を表現しています。

「アート オブ カラー」は、 数多くの色を操る偉大なアーティスト達の作品を12色のカラーに分類した章に渡って紹介します。 カラーが女性を美しく、 幸せにしてくれるものであることを改めて実感するとともに、 ディオールの先駆性や大胆さを、 旅するように発見出来る「アート オブ カラー」展にぜひ足をお運びください。

ディオール アート オブ カラー展

期間: 2018年4月12日(木)~21日(土) 11:00 ~19:00( 最終入場:終了30分前)
土曜のみ21:00まで
会場: SO-CAL LINK GALLERY(東京都渋谷区神宮前4-9-8)
東京メトロ「表参道」駅 徒歩3分 「明治神宮前」駅 徒歩7分
入場無料
http://www.i-dior.jp/artofcolor/

#ディオールアートオブカラー #diortheartofcolor

ディオールビューティ,カラーへの情熱,歴史,エキシビジョン,#ディオールアートオブカラー,表参道,#diortheartofcolor

「ディオール アート オブ カラー展」限定のアイシャドウ パレット

サンク クルール〈 アート オブ カラー〉 本体価格 ¥7,700
ディオール メイクアップ クリエイティブ &イメージ ディレクターのピーター・フィリップスが、 「アート オブ カラー」にインスピレーションを得て、 クリエイトした特別なサンク クルール。 赤や白、 ブルーをはじめディオールにとってかかせない色が揃ったパレットには、 「ART OF COLOR」のエンボスが施されています。

ディオール オンラインブティック、 表参道ブティック限定で発売する貴重なコレクターズ アイテムです。
※数量限定のためなくなり次第終了となります。

【リリース】株式会社PR TIMES


Dior(ディオール) をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で