Beats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)は2018年3月20日(火)、Amazon Fashion Week TOKYO中に開催されているAmazon Fashion “AT TOKYO” でのAMBUSH®(アンブッシュ)のランウェイショーに、AMBUSH®の公式ミュージックパートナーとして参加しました。Beatsは、AMBUSH®の設立者であるYOONさんとVERBALさんと共同で、ランウェイショーのために、カスタムメイドのBeats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォンを制作したほか、ショー後のアフターパーティにて、世界的に知られるNo Vacancy InnとSpaghetti BoysをDJに迎え、300人を超える招待客をもてなしました。

ビーツ,ドクタードレ,アンブッシュ,ミュージックパートナー,Amazon Fashion,AT TOKYO

 音楽業界から生まれ、現代のカルチャーをリードするアーティストを大切にしているBeatsにとって、音楽にルーツをもち、音楽に影響を受けた独創的なデザイン手法を取るYOONさんとVERBALさんは、最高のパートナーといえます。

 YOONさんは次のように述べています。「今までAMBUSH®が発表してきたコレクションは全て音楽の影響を受けています。創作に取り掛かる時はいつも、視覚的な要素だけでなく音楽的な要素も取り入れています。音楽は自分のイマジネーションと感性を刺激してくれて、違う世界に連れて行ってくれます。AMBUSH®のデザインでも音楽にインスピレーションを受けた世界を表現したいと思っています」

 Beatsは、AMBUSH®とタッグを組み、同ブランドの2018年秋冬コレクションにインスパイアされたカスタムメイドのBeats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォンをランウェイショーのためだけに制作しました。この非売品のカスタムヘッドフォンは、AMBUSH®の「NOBO」コレクションと従来にはない画期的な試みを取り入れたランウェイショーを一目見るために、スターライズタワーを訪れたAMBUSH®と親交の深い方々に贈られました。

 「Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン – AMBUSHスペシャルエディション」は、YOONさんとVERBALさんによって、人混みの中でも目立ち、最新コレクションのアウトドアテイストにも合う、普段使いできるアクセサリーというコンセプトで、現代的な「セーフティーオレンジ」カラーでデザインされました。ヘッドバンドにはAMBUSH®のシンプルなロゴが施され、独自開発のピュアアダプティブノイズキャンセリング(Pure ANC)機能、近接ペアリング機能、Appleデバイス間のシームレスな切り替え、業界トップのClass 1 Bluetooth接続、Fast Fuel(急速充電)機能、22時間(Pure ANCオン時)のバッテリー寿命といった、Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォンのあらゆる優れた機能を搭載しています。

YOONさんとVERBALさんの独創性を刺激し、AMBUSH®のランウェイショーでも使用された曲をまとめたプレイリストは、こちらのApple MusicのBeatsキュレーターチャンネルでお楽しみいただけます。
https://itunes.apple.com/us/playlist/ambush/pl.7ac131cfdd50476a9e78d3e5b4e78bc1

Beats by Dr. Dreについて

Beats by Dr. Dre (Beats)は、Dr. DreとJimmy Iovine(ジミー・アイオヴァイン)によって2006年に設立された、世界をリードするオーディオ・ブランドです。高品質なヘッドフォン、イヤフォン、スピーカーなどのデバイスを通して、次世代のエンターテインメント性ある音楽をお届けしています。今後ともBeatsは、レコーディングスタジオで聴いているかのような、エネルギッシュで心揺さぶるサウンドを、世界中の音楽ファンの皆様にご提供できるよう努めてまいります。Beatsは、2014年7月にAppleファミリーの一員となりました。

https://www.beatsbydre.com/

【リリース】株式会社共同通信PRワイヤー


Beats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレをamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で