女性の社会進出を支援するための法律「女性活躍推進法」が2016年4月に施行されてから2年が経ちました。総務省のデータによると女性の就業率は増加傾向にあり、女性の社会進出は進みつつあると言えます。

家事時間,1日平均150分,43%,パートナー,理解されづらい,考える家事,tabely

家事時間,1日平均150分,43%,パートナー,理解されづらい,考える家事,tabely

 一方、女性の1日の平均家事時間は約150分と言われており、女性の社会進出に伴い、この2年間で「家事のシェア」が注目されるようになりました。

 本調査の結果、「家事のシェア」における新たな課題が判明しました。
それは、「献立を考える」「掃除工程を考える」「毎月の支出を考える」「毎月の貯金額を考える」といった頭の中で行われる、目に見えない「考える家事」の存在です。

「考える家事」は、実に1日の家事時間の43%も占めており、「考える家事」に対するパートナー間における認識の差を見つめ直すことが、
家事のシェアを実現・普及させる鍵になるかもしれません。

「家事シェアの実態調査」結果サマリー

家事時間,1日平均150分,43%,パートナー,理解されづらい,考える家事,tabely

■夫婦間で「家事=労働時間」に対する認識の差は無かった。
■31%の妻が夫の家事協力に対して不満を抱いている。
■家事全体における妻の「考える家事」の割合は43%。
■およそ2人に1人の女性が、「考える家事」の存在をパートナーが認識していないと感じている。
 
マーケティング会社が実施した調査より抜粋

■ 一見、女性がソファで横になりながら、お菓子を食べているだけのように見えます。
■実は、女性は献立を考えていました。
■頭の中で行われる「考える家事」が存在することを視覚的に明らかにしています。
■改めて「考える家事」がパートナー間で認識されることを目指しています。

ムービー

タベリーとは

タベリーは、株式会社10Xによって開発された「10秒で献立作成ができる」献立アプリです。主菜、副菜、汁物の順番で、アプリから提案される複数の料理から料理を1つ選択することで、簡単に献立を作成することができます。

■タップ3回で決まる簡単操作!
■献立が、そのまま買い物リストに。
■「みんなの献立」でお手本の献立を探すことも可能。

タベリー


女性活躍推進法 をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で