東出昌大と濱口竜介監督がタッグを組み、芥川賞作家・柴崎友香による同名恋愛小説を映画化した『寝ても覚めても』。ティザービジュアルが完成しました。合わせて、公開日が9月1日(土)に決定。

寝ても覚めても,東出昌大,濱口竜介,柴崎友香,ティザービジュアル

本作は、二人の同じ顔をした男と、その間で揺れ動く女を描いた恋愛映画。

主演・東出昌大が、同じ顔をしていながらも全くタイプの違う男・亮平と麦(ばく)という一人二役に挑み、新星・唐田えりかがヒロイン・朝子を演じる。

メガホンをとるのは、前作『ハッピーアワー』でロカルノ、ナント、シンガポールはじめ数々の国際映画祭で主要賞を受賞しその名を世界に轟かせた気鋭・濱口竜介。監督自ら熱望した「寝ても覚めても」の映画化で、満を持して商業映画デビューを果たす。瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知(黒猫チェルシー)、仲本工事、田中美佐子の豪華キャストが脇を固め、tofubeatsが初の映画音楽を担当し主題歌を書き下ろすなど、最高の原作、キャスト、スタッフが集結。

人は、人のどこを好きになるのか?愛する人への“本当の想い”とはー。スリリングな展開が観るものに衝撃を与える本作は、恋愛を経験したことのある誰もが心を揺さぶられる「大人の恋愛映画」だ。

この度解禁となったティザービジュアルでは、”愛してしまう。「あなた」をー。”というコピーのもと、朝子が、眠っている男を愛おしそうに見つめている。しかし、「違う名前。違うぬくもり。でも同じ顔。運命の人は二人いた」と、同じ顔の二人の男の存在を匂わせている。彼は誰なのか?彼女は誰を愛しているのかー?一筋縄ではいかない物語を予感させるビジュアルになっている。

<あらすじ>

東京。カフェで働く朝子は、コーヒーを届けに行った先の会社で亮平と出会う。
真っ直ぐに想いを伝えてくれる亮平に、戸惑いながらも朝子は惹かれていきふたりは仲を深めていく。しかし、朝子には亮平には告げていない秘密があった。亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだーー。

出演: 東出昌大 唐田えりか 瀬戸康史 山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知/仲本工事/田中美佐子

監督: 濱口竜介 原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊)音楽:tofubeats
製作:『寝ても覚めても』製作委員会 
製作幹事:メ〜テレ、ビターズ・エンド 
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス
©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS

http://www.netemosametemo.jp/
https://twitter.com/netesame_movie
https://www.instagram.com/netemosametemo_movie/


寝ても覚めても をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で