香川の藍色工房と『Matsuyoi待宵』がコラボ制作
シンデレラ・デニム・英国王室だけじゃない、Ladyのための”ブルー”


生葉藍染コサージュ
株式会社松なみ(本社:香川県高松市、代表取締役:原田 諭起子)が運営する
アクセサリーブランド『Matsuyoi待宵』は、限定ショップ『Japan Blue ~Lad
y Blue~』を2015年5月27日(水)から6月2日(火)まで大阪・梅田、阪急うめだ
本店にて開催します。
同限定ショップは、同じく四国に拠点をおき自社の藍畑で栽培した藍を使った
石鹸や雑貨の製造販売を行なう有限会社藍色工房(本社:香川県木田郡三木町、
代表取締役:坂東 未来)とコラボ。古くより人々に親しまれ、昨今では「Japa
n Blue」と呼ばれ世界の人々にも愛されてきた日本の藍を、モダンかつラグジ
ュアリーに楽しんでいただける大人の女性向けアイテムを取り揃えました。
「男性向けアイテム」や「和雑貨」「民芸調」のイメージが強い”藍染め”の、
常識を覆す売り場になっています。涼しく、鮮やかなブルーが独特の世界観を
醸し出します。
6月に東京、東武百貨店池袋店にても開催予定です。
詳細>>>>
※『Matsuyoi待宵』とは?
ブランド名の「待宵」は、待宵月、月齢14番目の、満月の一日前の月のことを
いいます。そして古来、和歌の中でも、満月を待つ一日前の高ぶる気持ちを踏
まえ、「愛しい人を待つ宵」の意味でも使われています。そこで女性が思い焦
がれるような、素敵なアクセサリーを作りたいという意味を込めて、「Matsuy
oi待宵」としました。
■開催の背景
藍色工房とコラボしての催事出展も、2013年6月に初めて行ない今回で3回目と
なりました。
かねてより、『Matsuyoi待宵』は「日本の美」をテーマに、日本の着物や国内
外で直接買い付けたアンティーク・ビンテージなど厳選された材料から、独特
の世界観を持つアクセサリーを制作していました。
そこで、四国の素材に注目し、アクセサリーに最適な素材を探し続けた時、藍
色工房の「藍染」に出会いました。藍農家を営んでいるからこそできる、藍色
工房の美しい藍染に魅了され、アクセサリーを制作し、さらにその魅力を知っ
ていただこうと展示会を開催することとなりました。
「藍」といえば、日本では「粋」「男性的」「カジュアル」というイメージが
あります。しかし『Matsuyoi待宵』では、日本の「藍」のイメージではなく、
藍の色の魅力を生かした、ファッション性の強い、女性向けの優雅なラインの
アクセサリーを制作しました。
日本の伝統素材や工芸は、後継者問題など、いろいろな問題を抱えてるところ
も多く、徳島の藍も例外ではありません。『Matsuyoi待宵』では、アクセサリ
ーの制作を通じて、日本の伝統素材や工芸の美しさをあらためて認識していた
だけたらと思っています。
■代表・原田 諭起子コメント
『以前より、日本の着物地でアクセサリーを作っていたので、藍染めのことは
知っていた”つもり”でした。しかし、藍色工房さんの藍染、とくに藍農家さん
でしか絶対染められない、夏の生の藍の葉で染める「生葉藍染」の美しいスカ
イブルーの染めを見て、衝撃を受けました。この展示会を機会に、藍染の色が
持つ魅力を、直接目で見ていただきたいと思っています。』
( 生葉藍染イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/61479/img_61479_5.jpg )
■『Japan Blue~Lady Blue~』について
『Matsuyoi待宵』からは、藍色工房で染めた着物の生地を使ったコサージュ、
フランスで買い付けたアンティークやビンテージ素材に藍や青色の石や愛媛県
宇和島産真珠をあしらったアクセサリーを出展。藍色工房からは、藍エキスを
配合したスタイリッシュな洗顔ソープなどが並び、他にはないオリジナリティ
ーを持つアイテムが揃います。
≪出展商品紹介(一例)≫
◇ 藍染ブーケコサージュ 27,000円(税別)
藍瓶の底に溜まった”濃い藍(沈殿藍)”を、正絹の生地に極限まで染めて作った
生地と、白い正絹の生地で花びらを作り、さらにパリで買い付けたビンテージ
ガラスを花芯や実に見立てたコサージュです。

◇ 生葉藍染コサージュ 15,000円(税別)
盛夏の朝に取った新鮮な生の藍の葉でしか出ない、美しいスカイブルーに染め
られた正絹の生地と、パリのアンティークパーツを合わせた、優雅なラインの
コサージュです。
≪開催概要≫
日時  : 2015年5月27日~6月2日
      日~木曜 午前10時~午後8時、金・土曜日 午前10時~午後9時
会場  : 大阪・阪急うめだ本店1階 阪急おくりものギャラリー「フバコ」
アクセス: 大阪府大阪市北区角田町8番7号
URL   : http://www.Hankyu-dept.co.jp/▶
電話  : 06-6361-1381
『Matsuyoi待宵』は今後、藍と、京丹後の織物など日本の他の伝統素材や工芸
とコラボした作品を制作する予定です。
【会社概要】
株式会社松なみの代表取締役であり、『Matsuyoi待宵』の作家である原田 諭
起子は、「日本の美」をテーマに、日本の着物や国内外で直接買い付けたアン
ティーク・ビンテージを合わせ、独特の世界観を持つアクセサリーを制作。
特にこの数年、古来から日本で使われている素材に着目し、日本の伝統工芸で
ある大島紬や京丹後の織物や、四国の伝統素材である愛媛県宇和島産真珠、高
知の珊瑚を使い、従来の民芸品や土産品、宝飾品のイメージとは違う、ファッ
ション性の強いデザインのアクセサリーを、東京・大阪の百貨店での展示会を
中心に展開しています。
商号  : 株式会社松なみ
所在地 : 〒761-0113 香川県高松市屋島西町1126-49
代表者 : 代表取締役 原田 諭起子
設立  : 2013年10月
事業内容: アクセサリー、髪飾りの製造、販売
資本金 : 300万円
URL   :

昨年の展示風景1

昨年の展示風景2

昨年の展示風景3

生葉藍染イメージ

http://matsuyoi.jp/
【リリース】@Press

★✈✈✈✈✈を通販サイトで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で