「私はそこから覚醒しました」“性に目覚めた瞬間”を明かす!/
謎の美女・祥子、“送り迎え問題”で大ブーイング!「ブスの子は、現地集合、現地解散」
「私はそこから覚醒しました」謎の美女・祥子、“性に目覚めた瞬間”を明かす!

おぎやはぎ,ブステレビ,謎の美女,祥子,送り迎え問題,大ブーイング,ブスの子,現地集合,現地解散,AbemaTV 
(C)AbemaTV 

おぎやはぎ,ブステレビ,謎の美女,祥子,送り迎え問題,大ブーイング,ブスの子,現地集合,現地解散,AbemaTV 
(C)AbemaTV 

『おぎやはぎの「ブス」テレビ』は、お笑いコンビ・おぎやはぎの2人がMCを務め、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、ブスとは何かを徹底討論していく。

■謎の美女・祥子、“送り迎え問題”でブスから大ブーイング!「ブスの子は、現地集合、現地解散」

4月9日(月)夜9時からの放送は、美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”に、タレントの祥子、自称“ブス”メンバーに、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子、お笑いコンビ・メイプル超合金の安藤なつを迎えてお送りした。

最初のテーマ「ブスなら、これをやってもいいんでしょ?」では、美人にはしないけれど、ブスにはやってしまう“雑な扱い”について出演者の皆さんに聞いた。オアシズの大久保は、「大学の時にサークルの男女で海に行って、女の子がビーチボールを膨らまそうとしたら、男性が『俺がやってあげるよ』と言った。
私にもやってくれるのかな?と思って、その辺にあったシャチか、イルカのやつに息を吹き込んで膨らませていたら、誰も助けてくれなくて・・・。結構大きいやつを1人で完成させた」と発表。これに矢作は「あれは口がキツイよね」と、笑いながらコメントする場面も。

続いて、“美人コメンテーター”として登場した祥子にも聞いてみると、「みんなでどこか行く時に、ブスの子は、だいたい現地集合、現地解散。
私たち(美人)は、自宅までちゃんと迎えにきてくれて、帰りも送ってくれる」と“雑な扱い”の目撃談を話したところ、大久保が「美人の子は、帰りにブスの子も一緒に乗せてあげようとは思わないの?」と聞き、これに祥子は「全然そんなこと頭に無い」と発言してしまい、
スタジオの自称“ブス”メンバーから、「ひどい!」「信じられない!」と、一斉にブーイングが起こった。

■大久保佳代子、謎の美女・祥子、“性に目覚めた瞬間”を明かす!「私はそこから覚醒しました」

テーマ「ブスの思春期」では、心も体も大人へと成長する思春期に、ブスが性に目覚めた瞬間を、出演者の皆さんに聞いた。
すると、「小学生の時に“KONISHIKIのHってどうやるの?”と色々考えていたら性に目覚めた」、「テレビ番組の『ギルガメッシュないと』や『トゥナイト2』で学習した」、「イケメンをエロく看病する小説を書いていた」など、自称“ブス”メンバーたちが、性に目覚めた瞬間が明かされた。

大久保にも聞いてみると、「お兄ちゃんが、大河ドラマをビデオに録り溜めていて、“武田信玄”があったから、リビングで観てみたらセクシービデオだった。

感じるとホラ貝を吹くやつ。観ている時にお兄ちゃんが帰ってきたから、そのまま停止ボタンを押して、ビデオを取り出して部屋に戻ったけど、私が発情しているのを見られてしまった。そこから20年くらい口をきかなかった」と話し、お互いに罪悪感があり、ここ数年でやっと話をするようになったと告白した。
続いて、“美人コメンテーター”の祥子にも聞くと、「小学6年の時に、登り棒によくいる女の子がいた。その子から教えてもらった『快感♥フレーズ』が、少女漫画なんですけど、すごくエロくて衝撃でした。私はそこから覚醒しました」と明かした。

その他、テーマ「ブスの詐欺メイク」では、ブログでの分かりやすいメイク術と半顔メイクが話題の人気ブロガー桃に、ブス総選挙第3位!
筋金入りの自称“ブス”メンバー植村さやかさんを、今話題の“詐欺メイク”で変身させてもらった。桃が苦戦しながらも“詐欺メイク”を施した衝撃のビフォーアフターは、見逃したコーナーを無料で見ることができる「Abemaビデオ」で、ぜひお楽しみください。

おぎやはぎ,ブステレビ,謎の美女,祥子,送り迎え問題,大ブーイング,ブスの子,現地集合,現地解散,AbemaTV 
(C)AbemaTV 

おぎやはぎ,ブステレビ,謎の美女,祥子,送り迎え問題,大ブーイング,ブスの子,現地集合,現地解散,AbemaTV 
(C)AbemaTV 

■AbemaTV 『おぎやはぎの「ブス」テレビ』 番組概要
放送日程:毎週月曜 夜9時~夜10時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
4月9日(月)放送


謎の美女・祥子 をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で