長編インタビューで、Versaceのクリエイティブ ディレクターが喪失、薬物依存、ブロンドのパワーを語ります。

ドナテッラ・ヴェルサーチ,インタビュー,ドナテッラ叙事詩,SSENSE,Donatella Versace

「ブロンドっていうのは、太陽に愛撫されること、そして自分自身の太陽になるってことよ」。ドナテッラ・ヴェルサーチ(Donatella Versace)は、お馴染みのプラチナ ブロンドに目覚めた12歳のときを覚えている。あれ以来、兄のジャンニが誕生させたファッション ブランドVersaceとドナテッラは、共に、贅沢を愛する享楽主義を体現するようになった。揺るぎない象徴の座は、もはや「成金趣味」という形容を許さない。

昨年は、ジャンニ・ヴェルサーチ(Gianni Versace)が殺害されて20年目だった。ヴェルサーチ ファミリーは内容を許可していないと声明を出したものの、あの日の出来事はテレビシリーズで大々的に取り上げられた。だが2017年は、Versaceでもっとも長くクリエイティブ ディレクターを務めた人物として、ドナテッラが兄を凌いだ年でもあった。ミヒャエル・エーベルト(Michael Ebert)とスウェン・ミヒャエルセン(Sven Michaelsen)のインタビューで、ドナテッラが語ったヴェルサーチ王国の君臨の物語は、現実の世界よりも、ブランドのエンブレム「メドゥーサ」の神話世界に近い。

インタビュー全編はssense.comのエディトリアルでお読みください。

SSENSE(エッセンス)
FACEBOOK | INSTAGRAM | TWITTER

BRAND NEWS
BRAND NEWS | INSTAGRAM


ドナテッラ・ヴェルサーチ(Donatella Versace)をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で