『マダム・クロード 愛の法則』にパリの高級娼婦館の内幕を描いて話題になった女主人マダム・クロード。彼女がその前著に記した言葉を手がかりに、伊藤緋紗子さんが人生経験もふまえて説く、大人の女にふさわしい愛し方。




マダム・クロードに学ぶ大人の女のつくり方 伊藤 緋紗子 (著)

マダム・クロードの館は、一九六〇年代初めから七〇年代まで
政治家、王族、外交官たちを顧客として名を馳せたパリの高級娼婦館。
マダム・クロードによって身も心も磨き上げられた”娘たち”の多くは、
ここで人生の伴侶と出会い、幸せな結婚生活へと旅立っていった。
彼女たちがそれぞれ幸せをつかんだわけは…。
その言葉を手がかりに説き明かす幸せへの道しるべ。



服&ファッション小物 OUTLET STORE

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。