今年で7回目を迎える「本当におもしろい本」だけを集めた本好きのためのブックフェア「BOOK MARKET」。今年は過去最多となる21の個性的な出版社・書店が参加。本の販売はもちろん、本をテーマにしたイベントも開催します。2/7 & 2/8開催!





会期:2015年2月7日(土)・8日(日) 11時~18時
会場:Cielo y Rio 5F イベントスペース
   〒111-0051 東京都台東区蔵前2丁目15-5
   
出展:朝日出版社、 アトリエ・ヴィ、 アノニマ・スタジオ、 京阪神エルマガジン社、古本ricca、 北書店、 誠文堂新光社、 晶文社、 新潮社 青花の会、夏葉社、ニジノ絵本屋、 パイ インターナショナル、 ビーナイス、 本の雑誌社、 ミシマ社、港の人、 ミルブックス、 雷鳥社、 リトルモア、 地球丸、 Arne Books
出展者の詳細はこちら

★今年も3冊以上お買い上げの方に福田利之さんエコバッグをプレゼント


【本をテーマにした5つのイベントも開催!】
<2月7日(土)>
 



■11:00~12:30(10:45開場)
佐村憲一「とんでもなく偉大なおじさん、伊丹十三のこと」

雑誌『モノンクル』や『主夫と生活』などのエディトリアルデザイン、伊丹映画全10作品のすべてのアートディレクションを務めていた佐村憲一さんにお話を伺います。伊丹さんとの仕事やその人となりについて、長年にわたり公私共に親交が深かった佐村さん。当時の肉筆の絵やメモなど貴重な資料とともに、普段聞く事の出来ないお話をたっぷり語っていただきます。

 


■13:30~15:00(13:00開場)
幅允孝「本なんて読まなくたっていいのだけれど、」

ブックディレクター「幅允孝」さんが新刊『本なんて読まなくたっていいのだけれど、』(晶文社)を上梓しました。BOOK MARKETではおなじみ、北書店の佐藤店長といっしょに、ちょっとアングラな本、思いっきり社会貢献してる本などいろいろと紹介しつつ、面白い本の見つけ方・楽しみ方など気さくかつ濃厚に語ります。お気軽にご参加ください。

 


■16:00~17:30(15:30開場)
岡本仁「読書の旅、旅の読書」

マガジンハウスの雑誌『リラックス』元編集長にして、『今日の買い物』『ぼくの鹿児島案内』などの著書ももつ岡本仁さん。旅先で出会った本と人をめぐり綴られた読書エッセイ『果てしのない本の話』をこのたび刊行されました。旅と結びついた読書スタイル、影響を受けた本や雑誌、本を読むことと本を作ることなど、編集者ならではの視点で読書の楽しみについて語っていただきます。聞き手はマガジンハウス『&プレミアム』のエグゼクティブディレクターで、本書が雑誌『HUGE』で連載された際の担当者だった柴田隆寛さんです。



<2月8日(日)>

■13:30~15:00(13:00開場)
「出版社のつくり方」
ミシマ社・三島邦弘 /夏葉社・島田潤一郎 / ミルブックス・藤原康二

出版社を立ち上げた同世代(38歳・39歳・40歳)の3人が、出版社をはじめるまでのこと、はじめてからのこと、そしてこれからの本のあり方についてお話します。このトークイベントを聞けば、明日から出版社をはじめられる(かも)。
※定員に達したため受付を終了しました。

 




■16:00〜17:30(15:30開場)
たなかれいこ「生きるための料理の基本」

食のギャラリー612を主宰する「たなかれいこ」さんが新刊『生きるための料理』(リトルモア)を上梓しました。本書で紹介している、食べもので体をあたためるための基本をお話します。日々の暮らしにすぐ取り入れることができる、簡単だけれど大切な食のお話。少しでも不調がある方は必聴です。

▶各イベントの詳細・ご予約はこちら


▶facebookで最新情報を随時更新しています


http://www.anonima-studio.com/

【リリース】

✈✈✈✈✈✈本なんて読まなくたっていいのだけれど、


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で