青木U平(あおき・ゆーへい)の最新コミックスは流行に無縁の男たちが女性ファッション誌という魔界へと異動した、オシャレ苦行コメディ『服なんて、どうでもいいと思ってた。』(MFコミックス フラッパーシリーズ・KADOKAWA刊)。コミックス第1巻が2月23日(月)に発売されるのを記念し、連載中の「月刊コミックフラッパー」の3月号(2月5日発売号)ではモデルの木嶋ゆりさんがセクシーなグラビアで応援!また、全国の書店でも木嶋ゆりさんの挑発的な応援ポスターが見られるので、ぜひ注目してほしい。



 「不倫」と「愛人作り」をテーマにした異色ギャグマンガ 『FRINGE-MAN(フリンジマン)』を描いた青木U平(あおき・ゆーへい)氏。
 いま、マンガ界で注目を集める青木氏の最新作は「流行に無縁の男たちが女性ファッション誌という魔界へと異動した、オシャレ苦行コメディ」。その名も『服なんて、どうでもいいと思ってた。』(MFコミックス フラッパーシリーズ・KADOKAWA刊)。
 「オシャレ」と「ダサさ」の異文化ギャップに目が釘づけとなるギャグ作品だが、そのコミックス第1巻が2月23日(月)に発売されるのを記念し、連載中の「月刊コミックフラッパー」の3月号(2月5日発売号)では、テレビ東京「ゴッドタン」などで活躍するモデルの木嶋ゆりさんがセクシーなグラビアで応援!
 また、全国の書店でも木嶋ゆりさんの挑発的な応援ポスターが見られるので、ぜひ注目してほしい。


MFコミックス フラッパーシリーズ
木嶋ゆり

服なんて、どうでもいいと思ってた。

2月23日(月)発売!
『服なんて、どうでもいいと思ってた。』①巻
青木U平 著
2015年2月23日(月)発売
MFコミックス フラッパーシリーズ
KADOKAWA メディアファクトリー刊
定価:本体552円+税

「俺、オシャレな服屋のオシャレ店員さんがコワイんだよ…。」
流行に無縁の男たちが女性ファッション誌という魔界へと異動した、オシャレ苦行コメディ!

<お客様からのお問い合わせ先>
メディアファクトリー カスタマーサポートセンター
TEL 0570-002-001 (月~金 10:00~18:00 祝日を除く)
http://www.kadokawa.co.jp
http://www.kadokawa.co.jp
http://www.comic-flapper.com/comics

【リリース】株式会社PR TIMES

★✈✈✈✈✈木嶋ゆりを通販サイトで探す
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で