二〇一八年、道徳を教科化? だけど、その前に……、
『日本人にとって、「道徳」とは何か?』
この問いに答えられる、親や教師はいるのだろうか。
まず最初に大人たちが、真面目に考えた方がいい。





新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか 北野 武 (著)

稀代の天才が現代の核心をえぐる、未だ嘗てない道徳論!
「時代を作る人は、いつだって古い道徳を打ち壊してきた。誰かに押しつけられた道徳ではなく、自分なりの道徳で生きた方がよほど格好いい。
自分なりの道徳とはつまり、自分がどう生きるかという原則だ。
今の大人たちの性根が据わっていないのは、道徳を人まかせにしているからだ。それは、自分の人生を人まかせにするってことだと思う」
【内容】
第一章 道徳はツッコミ放題
時代が変われば、道徳も変わる/これから人生が始まる小学生に自分を見つめさせて、なんの意味があるのか/人の心の優しさにつけ込む詐欺師は、とても道徳的に見える/道徳は人間のもの。サルだのクマだのに語らせてはいけない/ほか
第二章 ウサギはカメの相手なんかしない
現代では、ウサギは競走中に昼寝しないし、そもそもカメなんて眼中にない/インターネットで馬鹿が利口になるわけじゃない/現代は、人間関係がゼロでも生きられる時代/数字で見れば、明らかに社会のモラルは向上している/ほか
第三章 原始人に道徳の心はあったか
氷河期に突入した7万年前、道徳の卵が生まれた!?/金持ちよりも、貧乏人の親の方が、子どもを厳しく躾ける/誰かに押し付けられた道徳に、唯々諾々と従うとバカを見る/勤勉や勤労が道徳なのは、いったい誰のためなのか/ほか
第四章 道徳は自分で作る
昔ながらの精神主義は、働きアリを作るには都合がいい/俺たちに断りもなく、どこの誰が、現在の道徳を決めたのか/友だちが一人もいなくなって、幸せに生きてる奴はたくさんいる/大学を辞めるまでの俺は、母親の道徳観の中で生きていた/ほか
第五章 人類は道徳的に堕落したのか?
さまざまな宗教を取り入れる日本人の知恵を世界に広めよう/食い物とは、他の生きものの「命」だ/環境破壊の問題も、要するに人間が道徳を忘れたから起きた/これから先は、個人の道徳より、人間全体の道徳がずっと大切になる/ほか



服&ファッション小物 OUTLET STORE

【みんなのセレクト】

★Kindle 電子書籍
人気店はバーゲンセールに頼らない 勝ち組ファッション企業の新常識 中公新書ラクレ
臆病者のための億万長者入門
貧乏サヴァラン (ちくま文庫)
2時間で丸わかり 不動産の基本を学ぶ

★シューズ&バッグ
[グリッティー] glittey ウェッジソール ブーティー ファスナー 厚底 4746 (M, ブラック)
[ジェリービーンズ] JELLY BEANS パンプス バックレースストラップ 12505526 101 (黒S/23.5)

★本
お白洲無情 (講談社文庫)
バスグラフィック Vol.18 (NEKO MOOK 1936)
啓順凶状旅 (講談社文庫)
啓順純情旅 (講談社文庫)
百助嘘八百物語 (講談社文庫)
職業としての小説家 (Switch library)
赤の女王―性とヒトの進化 (翔泳選書)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で