LVMH ウォッチ・ジュエリージャパン株式会社は、2018年6月2日(土)にリニューアルオープンするショーメ 銀座本店を祝し、特別ゲストに女優・桐谷美玲さんをお招きしたテープカットセレモニーとトークセッションを2018年6月1日(金)に開催。
桐谷さんは、ティアラ、ネックレス、ピアス、リングなど総額1億5千万円以上にも及ぶ豪華ジュエリーを身につけて登場。総額1億5千万円以上のジュエリーにも勝る輝きでオープニングセレモニーを華やかに飾りました。

桐谷美玲,総額1億円,ジュエリー,ショーメ,銀座本店,CHAUMET

ジャン=マルク・マンスヴェルト氏 ノルベール・ルレ氏/蒲谷直子氏/桐谷美玲さん

トークセッションではジュエリーをつけた感想を「ショーメの象徴でもあるティアラは、ワンポイントあるだけでプリンセスになったような気分になりますね。普段中々このようなジュエリーを着ける機会がないので本当に光栄です。気分が高揚してドキドキ、ワクワクしています。」と述べました。

また、6月28日(木)より、三菱一号館美術館で開催される「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」展では桐谷さんが自身初となる音声ガイト役に就任したことが発表されました。

桐谷美玲,総額1億円,ジュエリー,ショーメ,銀座本店,CHAUMET
トークセッション内容

Q.ショーメを象徴するティアラですが、この銀座本店2Fのブライダルサロンにレリーフとして、あしらわれています。2Fにはその他にも、結びつき、そして繁栄のシンボルがちりばめられているそうですが、ご覧いただいていかがですか?また、ブティックのどのような所がお気に入りですか?

桐谷さん:パリジャンのお部屋をイメージされているということで、女の子の夢が詰まってますよね。こんなお部屋に住めたら素敵な生活が送れそうですね。壁面に施された麦の穂だったり、蝶々が飛んでいたりと自然を可愛く、綺麗に表現されていてとても素敵だなと感じました。

Q.ショーメの女性像と桐谷さんのイメージが重なる所も多いと思いますが、ショーメのジュエリーを身につけてどこに行きたいですか?

桐谷さん:母とよく出かけることが多いので、一緒にジュエリーを身に付けて気分を高めて語り合いたいです。

Q.公私ともに常に輝き続けている桐谷さん。今の自分をダイヤモンドに例えると何カラットになると思われますか?

桐谷さん:うーん。今の私は0.2カラットぐらいですかね。目指すところは今着けているリングのような5カラットの輝きですが、まだまだ頑張りが足りないので輝けるように努力したいです。

Q.今回桐谷さんは、6月28日より三菱一号館美術館で開催される「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」展で、音声ガイドを務められるご予定だそうですが、心がけなどありましたらお教えいただけますか?

桐谷さん:音声ガイドは、初めての挑戦となるので、とても楽しみです。わかりやすくショーメのジュエリーの上品さだったり、繊細なデザインだったり、魅力を熱く伝えられるように頑張りたいです。

■ショーメ 銀座本店

新しいブティックは至るところに「自然主義」 を配し、メゾンのアイデンティティを完璧に表現しています。フランスのアート オブ リビングからインスピレーションを得た空間は、パリジャンのプライベートな邸宅のインテリアを思い起こさせます。また、ブランドのキーカラーであるブルーライトは、ファサードに施され、 都市のランドスケープを表しています。2階は、ブライダル専用の空間となっており、ブランドのシンボルであるティアラも大きく掲げられました。 さらに、1階の奥にはプライベートサロンも併設されております。

店舗概要
店舗:ショーメ 銀座本店
住所:〒104-0061 東京都 中央区 銀座3-5-7松澤ビル
時間:日-木 11:30-19:30 金土 11:30-20:00
電話:03-5524-2722

ショーメ第1弾チラシ

「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」展

この度、 ショーメ、三菱一号館美術館 は、「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」展を三菱一号美術館にて、2018年6月28日(木)より開催いたします。この特別な美術展では、18世紀後半から今日まで、約240年に及ぶショーメの歴史、文化、サヴォワールフェール、スタイルを巡ります。ルーヴル美術館名誉館長のアンリ・ロワレット氏と、三菱一号館美術館の高橋明也氏の共同監修の下、優れた40のコレクションと名だたる15の美術館・文化施設の支援により、ジュエリー、工芸品、絵画、デザイン画、ローマ教皇の所蔵作品に至るまで300点以上にも及ぶジュエリーが展示され、そのほとんどが日本初上陸のアーカイブピースとなります。さらに、本展のために特別に制作された、日本から着想を得たハイジュエリーセットも展示されます。

ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界—1780年パリに始まるエスプリ

会期:2018年6月28日(木)~9月17日(月・祝)
開館時間:10:00〜18:00(金曜、第2火曜、9月10日〜13日21:00まで
休館日:月曜休館(但し7月16日、9月10日、9月17日と、トークフリーデー
の7月30日、8月27日は閉館)
観覧料:一般1700円(1500円)/高校・大学生1000円/小・中学生500円
※()内は前売料金、詳細は展覧会サイトへ
会場:三菱一号館美術館 ショーメ
住所:東京都千代田区丸の内2-6-2
お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
公式サイト:http://mimt.jp/chaumet/

■CHAUMET(ショーメ)とは

1780年にパリで創業後、ナポレオン1世の皇后ジョゼフィーヌをはじめ、王室御用達ジュエラーとなったショーメは、常にフランスの歴史と共に歩んできました。約240年にわたって受け継がれる、ハイジュエリーのクリエーションにおけるショーメの卓越したサヴォワールフェール。ヴァンドーム広場のアトリエで生み出される数々のティアラやジュエリー、ウォッチには、比肩するもののないブランドのノウハウとパリのジュエラーならではの磨き抜かれたセンスが見事に表現されています


CHAUMET(ショーメ)をamazonで探す

CHAUMET(ショーメ) ネックレス ジュ ドゥ リアン 1Pダイヤ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で