同番組は、“ヤンキー鬼”に扮したお笑い芸人・バカリズムが、様々な女性たちが経験した“鬼ギレ”エピソードを吟味していくレギュラー番組。
今回は、本放送をもって番組が最終回を迎えるにあたり、ゲストにタレントの朝日奈央、大川藍の元アイドリング!!!の2人を迎え、通常より1時間拡大した「2時間SP」で放送。

バカリズム,朝日奈央,大川藍
ⒸAbemaTV
バカリズム,朝日奈央,大川藍
ⒸAbemaTV

■朝日奈央、○○に体を張って悶絶しながらも「なんかクセになってきた」

6月29日(金)夜9時からの最終回では、スタジオを飛び出し、バカリズム、朝日、大川の3人で台湾旅行を楽しむことに。有名観光スポット“夜市”に繰り出した3人は、屋台のB級グルメを満喫していたが、お腹が膨らみ始めたところでバカリズムが、行きついた屋台のメニューを必ず食べなければならないという“屋台飯ロシアンルーレット”を提案した。

竹串がしなるほどのジャンボフランク風のチーズの揚げ物を大川が、豚肉が包まれた分厚いパイのような料理をバカリズムが食したが、運よく難を逃れていた朝日に対し、バカリズムは「臭豆腐」を食べさせようと突然ルールを変更。朝日が抗議するも認められず、渋々ながらも臭豆腐を注文すると「みんなが食べているんだから大丈夫だよね」と自分に言い聞かせましたが、やはり独特な臭いに顔をしかめてしまった。

最初のうちは「もう無理!」と悶絶しながら臭豆腐を食べていた朝日。しかし何口か食べるうちに「なんかクセになってきた」と、すぐに台湾の食に順応するたくましさを見せつけた。

旅行2日目は、台北にある有名パワースポット『金剛宮』、通称“地獄寺”を訪れ、番組でいつも頭に着けていた小道具の“ツノ”を奉納することに。

金剛宮の中を巡り、奉納ができる部屋へと辿り着いた一行は、ツノを台の上に置き、バカリズムは頭を下げて「みなさんが怒らなくていいように、穏やかな生活が送れるよう」と願いを込めると「これで終わりにしてください」と、番組が続いた1年3ヶ月をともにしてきた小道具に別れを告げた。

しかしエンディングでは、ツノの奉納が本来の目的としながらも「これだと2時間もたないでしょ?」と、番組の間を持たせるために台湾旅行を組み込んだとぶっちゃけたバカリズム。「最後に番組のお金で楽しい思いしてやろう、どうせ終わるんだし」と言い放つと、同行した朝日と大川は早くも“特番”での復活旅行を希望した。

2人がハワイ、バリ、グアムといった行き先を提案すると、バカリズムは「何か(番組に)ゆかりがありそうなの(場所)探しとくわ、こじつけられそうなもの」と、番組の再起に意欲を見せた。

バカリズム、朝日、大川の3人が楽しんだ「台湾慰安旅行」の模様は、見逃した番組を視聴できる「Abemaビデオ」で、無料でお楽しみいただけます。
ぜひ、ご覧ください。

バカリズム,朝日奈央,大川藍
ⒸAbemaTV
バカリズム,朝日奈央,大川藍
ⒸAbemaTV
バカリズム,朝日奈央,大川藍
ⒸAbemaTV

■ 『必殺!バカリズム地獄』♯53最終回2時間SP

放送日時:6月29日(金) 夜9時~夜11時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL チャンネル
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/De8SBreSJp2wqH


朝日奈央 をamazonで探す

アイドリング!!! 朝日奈央 箔押し サイン付き トレ―ディングカード

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で