東京 2020 オリンピックまでの 2 年を 5 種類の時計とともにカウントダウン!
オフィシャルタイムキーパーのオメガ、「スピードマスター プロフェッショナル東京 2020 リミテッド エディションズ」をアスリートらと発表
7 月 24 日より日本限定で各 2,020 本を発売開始

左より: スイス・オメガ社 商品開発・カスタマーサービス担当副社長 ジャン=クロード・モナション、登坂 絵莉さん(レスリング)、楢﨑 智亜さん(スポーツクライミング)、松島 幸太朗さん(ラグビー)、小川航基さん(サッカー)、松田丈志さん(元競泳選手)、スウォッチ グループ ジャパン 株式会社 オメガ事業本部長 沖 早織
左より: スイス・オメガ社 商品開発・カスタマーサービス担当副社長 ジャン=クロード・モナション、登坂 絵莉さん(レスリング)、楢﨑 智亜さん(スポーツクライミング)、松島 幸太朗さん(ラグビー)、小川航基さん(サッカー)、松田丈志さん(元競泳選手)、スウォッチ グループ ジャパン 株式会社 オメガ事業本部長 沖 早織

オリンピックという大舞台で、頂点をめざし世界に挑むアスリートの勝負の瞬間を記録するタイムキーパー。東京 2020 オリンピックで 29 回目のオフィシャルタイムキーパーをつとめるオメガは、この世界的イベントまであと 2 年を祝して、7 月 24 日より日本限定で発売する 5 種類の「スピードマスター プロフェッショナル 東京 2020 リミテッド エディションズ」を発表。過去の大会で活躍した選手や東京 2020 への出場を目指すアスリートが登場し、あと 2 年となった大会への思いや決意を語りました。

オリンピックシンボルのカラーをイメージした 5 種類の限定モデルを着けて登場したのは、元競泳選手の松田丈志さん、レスリングの登坂絵莉さん、サッカーの小川航基さん、スポーツクライミングの楢﨑智亜さん、ラグビーの松島幸太朗さんの 5 人のアスリートです。

ブルーのベゼルリングのモデルを身につけた小川航基さんは、「チームのカラーがブルーで、デザインがとても格好いい。東京 2020 オリンピックは、世界の強豪と戦えるまたとないチャンスなので、ぜひメダル獲得を目指したい。」と述べました。18K イエローゴールドがあしらわれたモデルをつけた松島幸太朗さんは、「イエローゴールドが使われているので、メダルをとてもイメージしやすい。来年のワールドカップでしっかり結果を残し、東京 2020 へとはずみをつけたい。」と語りました。

東京 2020 で追加競技となるスポーツクライミングでの出場を目指す楢﨑智亜さんは、黒のベゼルリングのモデルに対し「まず見た目が格好いい上に、限定という特別なモデルを着けることが出来てうれしい。複合競技のうちのスピード種目でオリンピック記録を出すことで、初代金メダリストが近づいてくるはず。」と具体的なメダル獲得のプランを披露してくれました。

レッドベゼルにシルバーダイアルのモデルを着けた登坂絵莉さんは、「このモデルは日本の国旗の色をイメージさせるので、重みを感じると同時に大きなモチベーションにもなる。あと2 年間、できることをすべて行い、必ず出場して 2 大会連続で金メダルを獲得したい。」と力強い抱負を述べました。

過去 4 大会連続でメダルを獲得した松田丈志さんは 18K セドナゴールドにグリーンベゼルのモデルをつけ、「オリンピックファンでありオメガファンである自分は、5 色すべてを揃えたくる。

特にこのグリーンのモデルは今まであまり見たことがなく魅力的。」と述べると同時に、「自国で開催されるオリンピックは大変特別なもの。2 年間という限られた時間を有効活用して、悔いのない戦いをしてほしい。そうすればこの時計もさらに特別なものになる。」とご自身の経験とともに、力強いエールを送ってくれました。

スピードマスター プロフェッショナル 東京 2020 リミテッド エディションズについて東京 2020 の開催 2 年前となる 7 月 24 日から日本限定で発売開始となる「スピードマスタープロフェッショナル 東京 2020 リミテッド エディションズ」は、“ムーンウォッチ”として高い人気を誇るスピードマスター プロフェッショナルをベースとし、リミテッド エディションならではのスペシャルな仕上がりとなっています。ケースは、ステンレススティールが 3 種類、ステンレススティール&ゴールド(18K セドナTMゴールドもしくは 18K イエローゴールド)が2 種類揃います。

いずれもポリッシュ仕上げのベゼルを用いており、タキメータースケルがついたアルミニウム製ベゼルリングには、オリンピックリングのカラーをイメージしたブルー、ブラック、グリーン、レッドを採用しています。

またポリッシュ仕上げのねじ込み式ケースバックには、オメガロゴ、「LIMITED EDEITION」の文字と限定番号のほか、東京 2020 オリンピックのエンブレムなど、オリンピックへの期待が高まるさまざまな要素が刻印されています。

オリンピック精神が深く根ざしたこのモデルに、”ゴールド”がテーマとして繰り返し現れることは言うまでもありません。全てのモデルのダイアルには、ゴールドでΩ(オメガのロゴマーク)が施されています。18K セドナTMゴールドと 18K イエローゴールドのモデルには、同素材のオメガロゴが、ステンレススティールのモデルには、18K ホワイトゴールドでロゴをあしらいました。さらに、18K セドナTMゴールドと 18K イエローゴールドのモデルでは、ゴールドのリングがサブダイアルを飾ります。

このモデルはスタイリッシュなオリンピック特製ボックスに入っており、それぞれ 2,020 本の日本限定発売となります。これまでもオリンピックの各大会を記念したリミテッドモデルは発表してきましたが、今回の東京 2020 リミテッド エディションズは、開催国となる日本のみの発売となります。さらに 5 本セットも登場し、それぞれのピースに付け替え用のアリゲーターストラップが付いています。こちらも日本でのみ 55 セット限定発売です。

今回の新しいクロノグラフ モデルは、単一ブランドとして最多のオフィシャルタイムキーパーをつとめてきたオメガの歴史にふさわしい称賛のしるしであり、コレクターにとっては夢のようなウォッチとなりました。

新しいクロノグラフ モデル

お披露目された

レスリングの登坂絵莉選手

概要
■日時    2018年7月23日(月) 14:00〜14:30
■会場     ニコラス・G・ハイエックセンター 14F 「シテ・ドゥ・タン ギンザ」
■住所     東京都中央区銀座7-9-18
■登壇者    スイス・オメガ社 商品開発・カスタマーサービス担当副社長 ジャン=クロード・モナション
   スウォッチ グループ ジャパン 株式会社 オメガ事業本部長 沖早織(オキサオリ)
■特別ゲスト 小川航基(オガワコウキ):サッカー選手
        登坂絵莉(トウサカエリ):レスリング選手
       楢﨑智亜(ナラサキトモア):スポーツクライミング選手
       松島幸太朗(マツシマコウタロウ):ラグビー選手       
       松田丈志(マツダタケシ):元競泳選手

https://www.omegawatches.jp/ja/


スピードマスター をamazonで探す

オメガ スピードマスター ムーンウォッチ プロフェッショナル

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で