若手俳優たちによる恋愛リアリティーショー 『恋愛ドラマな恋がしたい』
元・NMB48りぽぽの2回の本気キスに「伝説のー!」と渡辺直美大興奮!
総視聴数1,500万突破!「ドラ恋終わってしまった、毎週土曜の楽しみが無くなってしまった・・・」
“ドラ恋”ロスになる視聴者多数。続編を望む声も!

元NMB48,りぽぽ,本気キス,渡辺直美,大興奮,ドラ恋ロス,AbemaTV
ⒸAbemaTV
元NMB48,りぽぽ,本気キス,渡辺直美,大興奮,ドラ恋ロス,AbemaTV
ⒸAbemaTV

株式会社AbemaTVが運営する“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、俳優・女優たちの共演をきっかけに恋は生まれるのかを追う恋愛リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい』の最終回を、2018年7月28日(土)よる11時より60分スペシャルで放送した。

第1話は5月26日(土)に放送され、「AbemaTV」の公式YouTubeや、見逃した番組をいつでも好きな時に視聴することができる「Abemaビデオ」など見逃し配信の合計が、放送から10日間で100万視聴を突破。さらに6月23日(土)に放送された第5話では、放送後わずか2日間で100万視聴を突破するなどSNS上での反響コメントを受け、回を追うごとに視聴数を伸ばしてきた。

そして7月28日(土)に放送された最終回までを含む、見逃し配信を含めた第1話からの総視聴数は、1,500万を突破した。

同番組は、お笑い芸人の渡辺直美さん、俳優の大野拓朗さん、福徳秀介さん(ジャルジャル)、タレントの谷まりあさんをスタジオMCに迎え、ネクストブレイク期待の若手俳優の男女8人が、恋愛ドラマでの共演をきっかけに、本当の恋に落ちてしまうのかを追う恋愛リアリティーショー。

全10回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで各回の主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取る為に、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に毎回用意されているキスシーンも演じていく。

企画・構成、番組内の恋愛ドラマの脚本を放送作家の鈴木おさむ氏が担当。ドラマ内に描かれている濃密なラブストーリーと様々なシチュエーションでのキスシーンは、「恋愛ドラマの作品として演じているのか?」「それとも恋心が生まれているのか?」
視聴者たちもドキドキしてしまうような展開となっている。

元NMB48,りぽぽ,本気キス,渡辺直美,大興奮,ドラ恋ロス,AbemaTV
ⒸAbemaTV
元NMB48,りぽぽ,本気キス,渡辺直美,大興奮,ドラ恋ロス,AbemaTV
ⒸAbemaTV
元NMB48,りぽぽ,本気キス,渡辺直美,大興奮,ドラ恋ロス,AbemaTV
ⒸAbemaTV

■元・NMB48りぽぽの2回の本気キスに「伝説のー!」と渡辺直美大興奮!                     
告白して両想いになったカップルだけが自分自身の役で、自分自身の言葉で本気のキスをすることができる最終回。「告白できるのは女性からだけ」というルールが発表されると、女子メンバー全員が生まれて初めての告白に困惑した様子。

ドラマの主役を目指して二か月間を共に過ごすうち、いつの間にか演技が本気になっていった8人。そんな彼らの恋の決着をつける舞台は「学校」

一番最初に告白したのは、りぽぽ。
初めてペアを組み主役を勝ち取ったはっしーに「あのドラマの2人みたいになれたらいいなと思います。私はゆうたくんのことが好きです。
ドラマの中だけじゃなくって、隣にいさせてください」と告白。「気持ちを伝えてくれてありがとう。よろしくお願いします。」と告白は成功。

はっしーとりぽぽの演技ではない本気のキスシーンでは、初めて2人が主役を演じた際にアドリブで行われた「おかわり」キスを彷彿とさせるかのような2回キスが!それを見て「伝説のー!」と渡辺直美さんは大興奮。

続いて、告白するために校庭に降りたこめちゃんが指名したのはりゅうたろう。
すると、その様子を教室から見ていたうみちゃんがこめちゃんを追いかけ、第4話で放送された大波乱のデートを彷彿とさせる事態に。

「もう一回、また一緒にお芝居をやろうと言ってくれたことが本当に嬉しかった。りゅうくんのことが好きだし、りゅうくんの一番になりたいと思います」とこめちゃん、続いてうみちゃんが「いままで感じたことない気持ちを味わわせてくれてありがとう。
優しいところとか、ちょっと間抜けなところとか、全部好きです」と想いを伝える。

それに対しりゅうたろうは「うみちゃん、ごめんなさい。俺の中で、恋愛対象として好きだっていう気持ちが今はない」とはっきりと伝え、第5話で放送されたドラマ「王様」で、ペアを組んだうみちゃんが出演できずに落ち込んでいたのに優しい言葉をかけてあげられなかったことを詫びた。

そして、こめちゃんに対してもりゅうたろうは「ごめんなさい。こめちゃんとは話していてすごく楽しくて好きだなと思った。

でもそれは人として好きで、恋愛対象としての好きとは少し違うという自分の気持ちに嘘はつけない」と、二人の女子を振るという展開に。

思いを寄せるこめちゃんが別の男性に告白するのを間近で聞いていたあがたは、「やっぱだめでしたね。どうやったらこの子を振り向かせられるんだろうと考えた恋でした」と悔し涙。

■「役者として一人前になるまで付き合わない」ストイックなテジュ・ひめペアの驚きの結末に渡辺直美「つらいつらいつらい!」連呼

そして、最後に告白したひめちゃんは迷わずテジュを指名。
自分の演技が足を引っ張っているせいでテジュが主役に選ばれないと思っていたひめちゃんは、どんなときも自分を選び続けてくれたテジュに感謝の気持ちを伝える。

「何に対してもストイックで人として尊敬しています。この番組でテジュと出会えて嬉しいし、テジュのことが大好きです。」との告白に「ありがとう。最初から最後まで。」と手を握るテジュ。MC陣が待ちわびた、テジュとひめちゃんペアの本気のキスが披露されるドラマシーンで「好きって言えるのはさわこだと思うし、ありがたく思ってる。実は、これをどうやって伝えたらいいか悩んだけど・・・」と切り出すテジュ。
「一昨日みんなでドラマを見た時、自分で嫌になるぐらい自分の演技にがっかりした。日本まで来たのに、適当な気持ちで仕事をやっている自分が許せない。

恋愛すると、演技に集中できない自分の姿が見えるので、(ひめちゃんのことが)好きだけど、今は200%で仕事に向き合いたい」と言い、役者として一人前になるまで付き合わないことを決めた二人。番組開始からお互いを純粋に想い合い、MC陣や視聴者からの応援コメントが多数寄せられていたテジュ・ひめちゃんペアの驚きの結末に「つらいつらいつらい!」を連呼する渡辺さん。

■総視聴数1,500万突破!「ドラ恋終わってしまった、毎週土曜の楽しみが無くなってしまった・・・」と“ドラ恋”ロスになる視聴者多数!続編を望む声も!

5月26日(土)より10週にわたり放送された本番組の総視聴数は1,500万を突破。SNSでは“ドラ恋”の名で親しまれ、「毎週土曜日の楽しみが無くなると思うと寂しい」「あー、もう来週からやらないなんて悲しい!続編やらないかなー」など早くも“ドラ恋ロス”に陥る視聴者からのコメントがたくさん寄せられており、なかには続編を待ち望む声も。

ネクストブレイク期待の若手俳優の男女8人の10週間の恋物語は、「Abemaビデオ」で配信中です。ぜひ、お楽しみください。


ⒸAbemaTV

■最終回Abemaビデオでのみ 無料見逃し配信中
恋愛ドラマな恋がしたい act.10 最終回1時間SP 本気で演じた、本当の恋

■AbemaTV公式YouTubeでも本編公開中
act.1 本気で演じたら、本当に好きになる?

act.2 幼馴染になってない!

act.3 キスで伝わる鼓動

act.4 対岸の恋

act.5緊急15分拡大!残酷なオーディションと衝撃のキス

act.6 中間告白1時間SP 俳優と女優の夏合宿

act.7 恋愛ドラマな恋がしたい act.7 涙の夏合宿-完結編-

act.8 恋愛ドラマな恋がしたい act.8 またまた緊急15分拡大!修羅場…譲れない思い

act.9 15分拡大 君はいつだって美しい

ダイジェスト版はコチラ(第1話~第5話)

■AbemaTV 『恋愛ドラマな恋がしたい』 放送概要
放送日時:毎週土曜よる11:00~11:30
放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル

MC:渡辺直美 大野拓朗 ジャルジャル・福徳秀介 谷まりあ
出演者:縣豪紀・岡田龍太郎・川村海乃・テジュ・橋本 裕太・姫野佐和子・三秋里歩・米山穂香(50音順)
番組公式Instagram:



大野拓朗 をamazonで探す
ジャルジャル をamazonで探す
渡辺直美 をamazonで探す

アイロボット ルンバ642 複数床面対応 自動充電 ロボット掃除機

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で