74回ヴェネチア国際映画祭審査員グランプリ受賞
イスラエル・アカデミー賞2017 最多8部門受賞
ヴェネチア国際映画祭<金獅子賞・銀獅子賞>連続受賞の快挙!

サミュエルマオズ監督,運命は踊る,イスラエル,鬼才
© Pola Pandora – Spiro Films – A.S.A.P. Films – Knm – Arte France Cinéma – 2017
サミュエルマオズ監督,運命は踊る,イスラエル,鬼才
© Pola Pandora – Spiro Films – A.S.A.P. Films – Knm – Arte France Cinéma – 2017

イスラエルの鬼才サミュエル・マオズとはヴェネチア国際映画祭審査員グランプリ(銀獅子賞)を受賞した『運命は踊る』が、9月29日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

人は、運命を避けようとしてとった道で、しばしば運命に出会う。——ラ・フォンテーヌ

ミハエルとダフナ夫妻のもとに、軍の役人が、息子ヨナタンの戦死を知らせるためにやって来る。ショックのあまり気を失うダフナ。ミハエルは平静を装うも、役人の対応にいらだちをおぼえる。そんな中、戦死の報が誤りだったと分かる。

安堵するダフナとは対照的に、ミハエルは怒りをぶちまけ、息子を呼び戻すよう要求する。ラクダが通る検問所。ヨナタンは戦場でありながらどこか間延びした時間を過ごしている。

ある日、若者たちが乗った車がやって来る。いつもの簡単な取り調べのはずが・・・。
父、母、息子――遠く離れたふたつの場所で、3人の運命は交錯し、そしてすれ違う。まるでフォックストロットのステップのように。

監督は、デビュー作『レバノン』で第66回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞に輝いた、イスラエルの鬼才サミュエル・マオズ。長編2本目となる本作で、再びヴェネチア国際映画祭で審査員グランプリを受賞。デビュー作に続き、2作連続で主要賞を受賞する快挙を成し遂げ、その後も、各国の映画祭で数々の賞を受賞しました。

世界的にも今、最も目が離せない監督のひとりであるサミュエル・マオズ監督の初来日が【8月21日~23日】の日程で決定しており、これから日本での注目度も急速に高まること間違いなし!そんなサミュエル・マオズ監督とは、いったいどんな人物なのかーー。その魅力に迫ります!

壮絶な戦争体験を基に描いた衝撃のデビュー作『レバノン』でいきなりヴェネチア国際映画祭金獅子賞!

1962年5月23日イスラエル、テルアビブ生まれのサミュエル・マオズは、幼い頃から映画に関心を持ち、18歳の頃には何十本もの自主映画を撮るようになる。

その後、兵役が義務づけられているイスラエル軍の戦車部隊に配属され砲手として訓練を受け、20歳になったばかりのマオズは、勃発したレバノン戦争に砲手として従軍し、壮絶な戦争体験をする。撤退にともない帰国した後、ベイト・ツヴィ演劇学校でかねてより関心を持っていた映画を学び、1987年に卒業。

翌年、自身の戦争体験を基にした脚本の執筆を試みるも、当時の生々しい記憶や匂いまでもが甦り書き進めることができず一時中断。

カメラマンやプロダクションデザイナーとして映像作品に携わり経験を重ね、構想から約20年を経た2009年、レバノンでの戦争体験を基に、反戦の意思を込めた長編映画デビュー作『レバノン』を発表。『レバノン』では、戦車のスコープを通して緊迫感とリアリティに溢れた映像は各国の映画祭で絶賛された。

そして、デビュー作にも関わらず、第66回ヴェネチア国際映画祭で最高賞であるグランプリ(金獅子賞)を受賞、第23回ヨーロッパ映画賞 ディスカバリー賞(初監督作品賞)など数々の賞を受賞し、華々しいデビューを飾った。

2本目の長編作『運命は踊る』でも審査員グランプリ受賞の快挙!
新作は誰も見たことのない“新感覚のミステリー”!

監督・脚本を手掛けた8年ぶり2作目の長編『運命は踊る』では、再びヴェネチア国際映画祭で審査員グランプリ(銀獅子賞)を受賞。

2作連続で主要賞を受賞する快挙を成し遂げた。息子の訃報から始まる本作は、再びマオズ監督の実体験を基に描かれている。

ある朝、長女が乗るはずだったバスが爆弾で爆破され、何十人もの人が亡くなるテロが起きた。長女は、たまたまそのバスに乗り遅れたことによって難を逃れ、1時間後に家に帰宅したのだが、長女と連絡がつながらない空白の1時間を「人生で最悪の時間を過ごすことになった。

私自身の戦争の時期をすべて合わせたよりもひどい時間だった」と語っている。本作では、その体験を基に、夫婦のもとに届いた「息子の戦死」の知らせが誤報だとわかるまでの時間や夫婦の心情を生々しく描き出す。

そして、誰にでも起こり得るような運命のボタンの掛け違いによって翻弄される登場人物を通し、誰もが共感できる普遍的な家族の物語を作り上げている。

そんな本作は、各国の映画祭で数々の賞を受賞し、本国でも、イスラエル・アカデミー賞であるオフィール賞で最多8部門受賞、おしくもショートリストまでの選出となったが、アカデミー賞Ⓡ外国語映画賞のイスラエル代表に選ばれた。

ナショナル・ボード・オブ・レビューでは、見事外国語映画賞を受賞。そして、2018年、ヴァラエティ誌が毎年発表している観るべき10人の監督に『レディ・バード』のグレタ・ガーウィグらと共に選ばれるなど、世界的にも今、最も目が離せない監督のひとりなのだ。

夫婦のもとに届いた残酷な誤報から浮かび上がる運命の皮肉や不条理さを緻密に描きだした、“新感覚のミステリー” とも言える本作。ぜひ、スクリーンで体感してみてはいかがでしょうか。


© Pola Pandora – Spiro Films – A.S.A.P. Films – Knm – Arte France Cinéma – 2017

<STORY>

イスラエル・テルアビブのアパート。家族のもとに、息子が戦死したとの連絡が入る。取り乱し、悲しみに打ちひしがれる両親。

しかし、それは誤報であり、息子は生きていることがわかる。一方、戦う相手もいない前哨基地で間延びした時間を過ごす息子。

遠く離れたふたつの場所で、父、母、息子――3人の運命は交錯し、すれ違っていく。

サミュエルマオズ監督,運命は踊る,イスラエル,鬼才

監督・脚本:サミュエル・マオズ
出演:リオール・アシュケナージー、サラ・アドラー(『アワーミュージック』)、ヨナタン・シライ

2017年/イスラエル=ドイツ=フランス=スイス/113分/カラー/シネスコ
後援:イスラエル大使館 
配給:ビターズ・エンド 
http://www.bitters.co.jp/foxtrot/
twitter | 映画「運命は踊る」
© Pola Pandora – Spiro Films – A.S.A.P. Films – Knm – Arte France Cinéma – 2017

9月29日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!



イスラエル テルアビブ をamazonで探す

イスラエル - テルアビブ、エルサレム - ビンテージな航空会社のポスター

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で