長身女性のためだけに作られた和風×モードのこだわりデザイン
長身女性専用の和風アパレルブランド『ATEYAKA』はこのたび、Made in Japan/完全受注生産のECサイトを2018年8月14日にオープン。ワンピース(42,984円 税込)やKIMONO風トップス(21,384円 税込)などを専用サイズ「170cm,180cm用のM/L」の4サイズで展開し、特に気になる「着丈」「袖丈」は、お好みに合わせて1cm単位でオーダー可能。

『ATEYAKA』

長身女性,和風,アパレルブランド,ATEYAKA,アテヤカ,
ATEYAKA

■長身女子のスタイルに合わせたモードなデザイン

ATEYAKAは、長身すぎる自分に自信が持てる和風アパレルブランドです。日本伝統の色や和服を意識しながらも、あえて先鋭的なデザインを取り入れた独自のデザインとなっています。着るだけで、上品かつ優美などこか日本的雰囲気が醸し出され、高身長だからこそのスタイルの良さが際立ち、内面からの気品が溢れます。

長身女子にこそ似合うデザインにこだわった、ジャストサイズのワンピースと、個性的なバルーン、セットで合わせると着物風にもなるセパレートのKIMONOを用意しました。高級ちりめん布帛を用いたポリエステル100%の布地は、自宅で洗えてシワにも強く、普段使いにもぴったりです。

■長身専用のサイズ展開、Made in Japanにもこだわった完全受注生産

長身専用サイズ「170cm,180cm用のM/L」の4サイズ展開。特に気になる「着丈」「袖丈」は、お好みに合わせて1cm単位でオーダー可能です。さらにMade in Japanにもこだわり、セミオーダーを受けてから日本国内の縫製工場で1着1着丁寧に縫製してお仕立ていたします。

■日本の伝統色を意識したカラー展開

ブランド名の「ATEYAKA」は、優美なようす、上品なようすを指す日本の古語“あてやか【貴やか】”です。そこから、気品・優美さを表す、高位の色である蘇芳(すおう)色をブランドカラーとしました。蘇芳色は蘇芳の木の芯を染料に灰汁媒染した紫みの紅色で、『衣服令』では十九色中四位という高位の色となっています。ブランドラインも退紅(あらぞめ)色や苔(こけ)色など、ただのピンクや緑ではない、日本の伝統色を用いた華やかな中にも落ち着きのある配色となっています。

長身女性,和風,アパレルブランド,ATEYAKA,アテヤカ

<使用色(一部)>

・退紅色:少量の紅花で染めた、薄い紅色。色名は、褪めた紅の意味。

・花葉色:山吹色より黄みがかった赤みの黄色。

・茶色 :江戸時代中期、蒸した茶の葉を煮出した汁の染色をさした、江戸時代の流行色。

・苔色 :古くから日本人に愛でられた苔のような黄緑色。

・杜若色:赤みが強く、濃い紫色。かきつけばなの汁で摺り染めをしたことにちなんだものといわれる。

■ブランド詳細

ブランド名称:ATEYAKA(アテヤカ)
サイズ展開 :170cm,180cm用のM/L
URL     :・公式サイト
       ・Instagram

価格    :・ワンピース(5カラー)       各42,984円
       ・Balloon トップス(5カラー)    各21,384円
       ・Balloon スカート(5カラー)    各21,384円
       ・KIMONO トップス(5カラー)    各21,384円
       ・KIMONO スカート(5カラー)    各21,384円
       ・Balloon 上下帯ベルトセット    49,226円
       ・KIMONO ピンク 上下帯ベルトセット 55,706円
       ・KIMONO 緑 上下帯ベルトセット   59,400円
       ・お太鼓帯ベルト 京都織布地     21,384円
       ・帯ベルト シンプル 京都織布地   12,938円
       ・帯サッシュベルト 綿素材      6,458円
       ※価格は全て税込

<ブランドプロデューサー 大倉 加奈子 プロフィール>

1983年生まれ、東京都出身、180cm。大学・大学院で6年間理論宇宙物理学を専攻。高次元時空の歪みやブラックホールの計算に没頭する。卒業後、外資系コンサルティング会社、日系エンタメ事業会社で海外戦略担当等を経て、2017年、独立。海外に行く中で改めて日本の良さを感じ、日本の良き伝統と高身長を掛け合わせたコンセプトをもつアパレルを展開していく。

事務所所在地 : 〒107-0061 東京都港区北青山2-7-20 猪瀬ビル2F
アメーバブログ

【リリース】@Press

アパレルブランド をamazonで探す

小売再生 ―リアル店舗はメディアになる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で