日本ラグビーフットボール協会は、2018 年8月 20 日(月)より、日本ラグビー最高峰リーグ「ジャパンラグビーラグビートップリーグ」(以下トップリーグ)の認知拡大を目指す WEB ムービー「トップリーグの逆襲 2018→2019」を公開。

日本代表選手も多数活躍するトップリーグ。そのトップリーグの全 16 チームの選手が出演する動画を撮影いたしました。各チームの選手達が様々な方法で、ラグビーやトップリーグそして、アジア初となる 2019 年ラグビーワールドカップ日本大会を全力で、熱く PR します。ワールドカップ前 最後のシーズンとなる今年、昨年の「トップリーグの逆
襲」からさらにパワーアップした熱い WEB ムービーをぜひご覧ください。

ラグビー日本代表,日本開催W杯,吉本新喜劇,諸見里,モノマネ,Japan Rugby Football

また、ラグビーファンにはおなじみ(?)、お笑い芸人の諸見里 大介さんが日本代表ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフ氏のモノマネを披露。滑舌の悪さを発揮し、「ジェイミージョシェフでしゅ。」などと語る、通訳必須の内容です。

「トップリーグの逆襲 2018→2019」YouTube

■WEB ムービー「トップリーグの逆襲 2018→2019」について

ラグビートップリーグ 16 チームの選手が出演する WEB ムービー「トップリーグの逆襲! 2018→2019」。アジア初開催となるワールドカップ日本大会の開催前最後のシーズンとなる、ジャパンラグビートップリーグ 2018-2019 を盛り上げるため、各チームの選手達が身体をはったり、恥を捨てたりとあの手この手の作戦を立て、熱く必死にアピールします。

更に、ラグビーファンのなかでひそかに話題となっていた吉本新喜劇座員・諸見里 大介さんによる、日本代表ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフ氏のモノマネ。ジェイミー・ジョセフ氏に扮して「記者会見」を開催。「ワールドカップ前しゃいごのシーズンでしゅので、全しぇんしゅに、しゅべてを賭けて戦って欲しい」と、熱い考えを述べます。

また、サントリーサンゴリアス所属・中村 亮土選手やパナソニック ワイルドナイツ所属・松田 力也選手など、日本代表選手も多数出演しており、ラグビー/トップリーグのファンならずとも必見の動画です。

【動画概要】
サントリーサンゴリアス

ラグビー日本代表のヘッドコーチ・本物のジェイミー・ジョセフ氏が登場し、「みなさんおはようございます」と挨拶し、スタートします。トップリーグやワールドカップへの意気込みを語るのかと思いきや、同じ格好をした諸見里 大介さんが映し出されました。そのまま会見は続きます。確かに顔はジェイミー・ジョセフ氏に似ていますが、諸見里さんの滑舌の悪さが際立っています。会見の内容はまったく内容が頭に入ってきませんが、来年のワールドカップに向けて、選手のみならずスタッフサイドの熱意も伝える作戦です。
【出演者】
ジェイミー・ジョセフ(ラグビー日本代表ヘッドコーチ)
諸見里 大介(吉本新喜劇座員)
佐藤 秀典(ラグビー日本代表通訳)
真壁 伸弥(選手)
垣永 真之介(選手)
中村 亮土(選手)

ラグビー日本代表,日本開催W杯,吉本新喜劇,諸見里,モノマネ,Japan Rugby Football

宗像サニックスブルース

舞台は保育園でしょうか。盛田気選手が「ねぇパパー、ねぇママー、日本最高峰リーグ、トップリーグの試合に連れてってよー!」というフリップを持ち、大勢の子どもたちに読み上げてもらおうとしています。まずは外堀を、ということでしょうか。ラグビーについて子供たちに興味を持ってもらい、家族で観戦に来てもらう作戦です。

【出演選手】
盛田 気
金堂 礼
倉屋 望

神戸製鋼コベルコスティーラーズ

某サッカーのプロリーグに世界的スターが加入したことを引き合いに出し、トップリーグにもラグビー界のレジェンド「ダン・
カーター」がいることを主張します。
世界的大スターについてはトップリーグも負けてないぞ、とばかりに猛アピールする作戦です。

【出演選手】
児玉 健太郎
日和佐 篤
前川 鐘平
ダン・カーター

キヤノンイーグルス

「今シーズンのトップリーグはワールドカップが開催される 12 都市のうち、11 都市で試合があります。さあどこでしょう。」という問いに対し、「札幌 釜石 熊谷 東京」「横浜 静岡 愛知 大阪」「タコヤキ!」「神戸 福岡 熊本」「バサシ!」と順調に回答しました。なぜか特産品を言うハヴィリ リッチー選手。様々な都市でトップリーグの試合が行われることをクイズ形式で回答し、試合を観に行きやすいということをアピールする作戦です。

【出演選手】
橋野 皓介
山路 泰生
永富 健太郎
ハヴィリ リッチー
三島 藍伴

NTTコミュニケーションズシャイニングアークス

牧野内 翔馬選手を“トップ”級の「イケメン」だと周りの選手が褒め続けます。それを凛々しいキメ顔で否定し続ける牧野内選手。ラグビーが上手いだけではありません。多種多様なイケメン選手が実はいる、ということをアピールして幅広くファンを獲得する作戦です。

【出演選手】
池田 悠希
石井 勇輝
平井 将太郎
庵奥 翔太
牧野内 翔馬

豊田自動織機シャトルズ

野球界で二刀流が話題であることを引き合いに、ラグビー界の二刀流を紹介していきます。「イケメンと正確なキック」「ハードタックルと覚えにくい名前(スコット フグリストーラー)」「ぽっちゃりと笑顔」二刀流の選手たちを紹介し、野球にも負けないラグビー選手達の魅力をアピールする作戦です。

【出演選手】
松本 仁志
木村 貴大
サム グリーン
スコット フグリストーラー
渡邊 彪亮

Honda HEAT

なかなかルールに馴染みのないラグビーを、少しでも身近に感じてもらえるように、ということで、「スタンドオフ」というポジションを様々なもので例えていきます。サッカーでいうと「攻撃的ミッドフィルダー」 バスケでいうと「ポイントガード」小学校でいうと「校長先生?」 会社でいうと「CEO??」わかるような、わからないような。ポジションを身近なものに例えることにより、よりラグビーを身近に感じてもらおうという作戦です。

【出演選手】
忽那 健太
朴 成基
小西 大輔
ベイデン・カー

クボタスピアーズ

「ラグビートップリーグの認知率約 25%」お前ら悔しくないのかーーーーっ!!認知率が低いという悲しい現状にもめげず、昨年に引き続き自分たちを鼓舞する作戦です。

【出演選手】
井上 大介
近藤 英人
新関 世志輝

日野レッドドルフィンズ

西村 雄大選手がトップリーグで MVP をとったときに備え、祝福の練習をするチームメイトたち。「トントントントンおめでトン…」と、某 CM で聞き覚えのあるリズムとフレーズで祝福をします。それに対し、西村選手もまんざらでもない様子で「トントントントンありがトン」と答えます。最後は、「ワールドカップを察知!」で締めくくります。日野レッドドルフィンズならではの手法で印象付ける作戦です。

【出演選手】
西村 雄大
松井 佑太
坂本 椋矢
モセセ トンガ

リコーブラックラムズ

「最近のトップリーグは GPS やドローン、AI などの最新のテクノロジーを駆使して戦略を立てています。ラグビー選手はインテリジェンスの塊だ。」「では、このへんでドロンさせていただきます。」せっかく知的な雰囲気なのに、駄洒落で締めくくるという絶妙なギャップは必見です。肉体同士のぶつかり合いのみならず、最新の技術を駆使した頭脳戦も見所だということをアピールする作戦です。

【出演選手】
堀米 航平
松橋 周平
ロトアヘア ポヒヴァ大知
ロトアヘア アマナキ大洋

ヤマハ発電機ジュビロ

昨年の「竹田兄弟 VS ロトアヘア兄弟」に引き続き、今年は「矢富兄弟 VS 西内兄弟」の MC バトル風の動画です。痛烈な Dis をかますかと思いきや、兄の良いところを言い合うというなんだかほっこりする仕上がりです。2 組の兄弟が所属するという、他のスポーツでも中々見られないような組み合わせをウリにチームワークをアピールする作戦です。
【出演選手】
矢富 洋則
矢富 勇毅
西内 勇二
西内 勇人

コカ・コーラレッドスパークス

昨年の「トップリーグの逆襲」に引き続き、タンクトップ姿でシャワーを浴びる選手たち。鍛え上げられた二の腕や胸筋に、シャワーによる濡れ感も加わり、絶妙なセクシーさを醸し出すことで、女性たちを取り込もうとする作戦です。もちろん最後はお決まりのあのセリフ、「タンク・トップリーグ」。

【出演選手】
筬島 直人
パク ジス
桑水流 裕策
久原 綾眞
徳重 元気

東芝ブレイブルーパス

大野 均選手がりんごを握りつぶし、100 パーセントのりんごジュースを作りました。100%のりんごジュース使い、選手たちがトップリーグで 100%を出し切ることを宣言する作戦です。なお、「このジュースは販売しておりません」とのこと。

【出演選手】
小瀧 尚弘
中尾 隼太
宇薄 岳央
大野 均

NEC グリーンロケッツ

瀧澤 直選手がグローバルな意見を聞きたいとして、自分がイケメンかどうか、各選手に問いかけます。「顔がでかい」「顔が犬みたい」など辛辣な意見が飛び交う中、「ハンサムです」という意見も。瀧澤選手がイケメンかどうかは賛否両論ありましたが、声は低音でとても素敵です。トップリーグがグローバルであることをアピールし、様々なファンを取り込もうという作戦です。

【出演選手】
ジョージ・リサレ
ラトゥイラレプラ
グランド・ディアーンズ(コーチ)
森田 洋介
瀧澤 直

パナソニック ワイルドナイツ

パスを回したり、勉強を教えたりと様々な方法で子どもたちに接する選手たち。子どもたちとの触れ合いを大切にし、次の世代にもラグビーとトップリーグを好きになってもらおうという作戦です。

【出演選手】
坂手 淳史
小山 大輝
福岡 堅樹
ベン ガンター
内田 啓介
松田 力也

トヨタ自動車ヴェルブリッツ

モノクロの状態で、男たちのアツい叫びがぶつけられます。「元ラガーマンのみなさん、今のあなたがあるのは地獄の夏休みを乗り越えたからです。」「ヘッドキャップの臭さを耐え切ったからです。」「お願いします。僕たちと一緒にラグビーを盛り上げてください。」「来年ワールドキャップなんですよ。」「ラグビーの未来がかかっているんですよ。」「トップリーグの試合に友達 100 人連れてきたください。」練習の大変さなどを思い出させ、「ラガーマンあるある」で、元ラガーマンにやや強引な訴えをみせる作戦です。
【出演選手】
垣本 竜哉
木津 悠輔
三浦 昌吾

最終話

最後は全チームとラグビーファンのみなさんが、トップリーグのワールドカップに向けたトップリーグへの思いを語ってくれました。
「来年日本で開催される世界最高峰の舞台ラグビーワールドカップに向かって、日本最高峰のリーグ・トップリーグが走り出す。日本が世界にどこまで逆襲できるのか、それは今シーズンのトップリーグにかかっている。日本で開催されるワールドカップは、4 年に一度じゃない、一生に一度だ。だから今シーズンの俺たちは、限界まで必死で身体を張り続ける。
仲間のために、チームのために、そしてこの国のラグビーの未来のためにだから、お願いします。みなさんもラグビーを盛り上げてほしい。元ラガーマンの皆さんも、にわかファンのみなさんも、女性のあなたも、お子様のあなたも、今シーズンはトップリーグを観に来てください。よろしくお願いしまーす。」

「トップリーグの逆襲 2018→2019」YouTube

http://www.top-league.jp/

ラグビー をamazonで探す

SCEPTRE(セプター) ラグビー ボール ワールドモデル

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。