さよなら、退屈なレオニー,セバスチャン・ピロット,カレル・トレンブレイ

映画『さよなら、退屈なレオニー』17歳の少女レオニーの物語 監督はカナダの新鋭、セバスチャン・ピロット。

2018 年東京国際映画祭にて(原題『蛍はいなくなった』として)上映され、輝きを放つ若手キャストに贈られる<ジェムストーン賞>を受賞した本作が邦題改め『さよなら、退屈なレオニー』として、6/15(土)より新宿…