Fashion-J 週刊ファッション情報

 
 

 Fashion-Jをシェアする

 この記事をシェアする

JAPANESE SHADES(日本の色彩)をテーマに、凛々しく優美な東洋のムードが満載GAS の 2016 年春夏ウーマンコレクション

2015年12月 9日 04:42

GAS の 2016 年春夏ウーマンコレクションは、"日本からスタートし、太陽が焦げ付くカリフォルニア砂漠で終焉を迎える旅行"がコンセプト。『日出づる国日本』への賛辞として JAPANESE SHADES(日本の色彩)をテーマに、凛々しく優美な東洋のムードが満載です。ブルーとホワイトの陰影から成る今シーズンのカラーパレットは、全面プリントの背景やレースのインサーションで表現され、デニムは全型において本物志向を追求し、典型的な日本のスタイルをさらに昇華しました。



GAS の 2016 年春夏ウーマンコレクション

GAS の 2016 年春夏ウーマンコレクション

様々なアイテムに施された絞り染め手法は、伝統的な日本の"しぼり"を思い起こさせる装飾的技術を取り入れました。グラデーションカラーのデニムシャツに合わせた折皺のようにもみえるヴィスコース・モスリンのロングスカートは、日本古来の芸術である折り紙をプリーツに見立てた加工を施しました。

野外音楽フェスからインスピレーションを得た、コレクションの中でも最も夏らしいアイテムでは、ヒッピーテイストがフォークロアやボヘミアン、ジプシーやロックとミックスマッチした最新のトレンドと出会い、スーパークールなコレクションに仕上がりました。ライトデニム素材に皺加工を施した様々なブルーから成るタイダイプリントが特徴のチュニックに、完全にブリーチした膝が破れたジーンズと合わせます。フェスには欠かせないミリタリーテイストのパーカは、ハイウェストのアンクル丈のグレイザージーンズと合わせます。 シアーなトップスにはピンクとライムイエローのグラデーション効果が用いられ、完璧なフェススタイルを作り上げました。

GAS の 2016 年春夏ウーマンコレクション

GAS の 2016 年春夏ウーマンコレクション

太陽が焦げ付くカリフォルニア砂漠を彷彿させるような滑らかなラインや色合いが入ったニットやスエード・ジャケットには 70 年代のアイコンとも言えるハイウエストのフレアデニムを合わせます。

最後に今シーズン GAS は、女性に捧げるコレクションとしてロー・ユーズド加工を施したカプセルコレクションを初めて発表することになりました。洗練された魅力溢れるオーセンティックなルックをまとい、自分らしくあることを大切にする女性をイメージし、高品質な素材、そして革新さと職人技に完璧すぎるバランスが垣間見れるコレクションです。


GAS の 2016 年春夏ウーマンコレクション

GAS の 2016 年春夏ウーマンコレクション


トップステッチに用いる糸のセレクションや、付加価値を高めるためにこのプロジェクト用にセレクトした艶消しの真鍮加工のアクセサリーパーツとスペシャルデザインのラベリングには、特に注意を払いました。典型的な 70 年代スタイルを象徴するベイビーブルー・カラーでウルトラ・フレアーなボトムスラインが特徴の Camilla ジーンズは、ヒッピー・スピリットにモダンなひねりを加えることで再解釈されました。そして Ester ジャケットとスリムカットの Brooke ジーンズ、新しいボーイフレンドデニムの Juice と Destiny が、本プロジェクトの最後を飾ります。

# gasjeans #gasjeansSS16 #madeinitaly #pittiuomo

Facebook

http://www.gasjeans.com/jp_jp



★✈✈✈✈✈GAS を通販サイトで探す







 この記事をシェアする

フォトギャラリー

ロンドンの新鋭ランジェリーブランド「Kriss Soonik (クリスソニック)」 ロンドンの新鋭ランジェリーブランド「Kriss Soonik (クリスソニック)」

カテゴリ

アーカイブ