Fashion-J 週刊ファッション情報

 
 

 Fashion-Jをシェアする

【Girls Award】スワロフスキーの様なキラキラ輝きをもった女性のためのミリオンカラッツ

  • ミリオンカラッツ【 MILLION CARATS
  • ミリオンカラッツ【 MILLION CARATS
  • ミリオンカラッツ【 MILLION CARATS
  • ミリオンカラッツ【 MILLION CARATS
  • ミリオンカラッツ【 MILLION CARATS
  • ミリオンカラッツ【 MILLION CARATS
  • ミリオンカラッツ【 MILLION CARATS
  • ミリオンカラッツ【 MILLION CARATS
  • ミリオンカラッツ【 MILLION CARATS
  • ミリオンカラッツ【 MILLION CARATS
  • ミリオンカラッツ【 MILLION CARATS
  • ミリオンカラッツ【 MILLION CARATS


 「もっと自由にオシャレを楽しみたい」という女性のためのブランド【 MILLION CARATS 】。2011年春夏のテーマは、Actress's Holiday(女優の休日)だ。フランス女優のVacance Style(バカンス・スタイル)をレトロ感覚で表現した。スワロフスキーの様なキラキラ輝きをもった女性になって欲しいという願いを込めていた。

 ロイヤルウエディングのドレスのトレントのようなキャミソールドレス。透かし編みのニットドレス。花柄のマキシドレス。南米風プリントのチュニック。カラフルなプリントのミニドレス。ヒッピー風のベルボトムのジーンズとフリンジ付きのトップス。大きな水玉のマキシドレス。爽やかな波柄のトリコロール配色のノースリーブのワンピース。オレンジ色のハイウエストのキャミソールワンピース。ヌードカラーのドレスとアースカラーのヘアアクセサリー。70年代の女優が登場しているような錯覚をした。




【関連資料】
ミリオンカラッツ【 MILLION CARATS 】日本
【Girls Award】ガールズアワード by CROOZ blog 2011 SPRING/SUMMER 2011.04.29


【Girls Award】大きめフラワープリントやレースで自然を表現したアイズビット ダイカンヤマ

  • アイズビット ダイカンヤマ【 ISBIT DAIKANYAMA 】
  • アイズビット ダイカンヤマ【 ISBIT DAIKANYAMA 】
  • アイズビット ダイカンヤマ【 ISBIT DAIKANYAMA 】
  • アイズビット ダイカンヤマ【 ISBIT DAIKANYAMA 】
  • アイズビット ダイカンヤマ【 ISBIT DAIKANYAMA 】
  • アイズビット ダイカンヤマ【 ISBIT DAIKANYAMA 】
  • アイズビット ダイカンヤマ【 ISBIT DAIKANYAMA 】
  • アイズビット ダイカンヤマ【 ISBIT DAIKANYAMA 】
  • アイズビット ダイカンヤマ【 ISBIT DAIKANYAMA 】


 遊び心とトレンドをミックスさせたスタイルを提案している【 ISBIT DAIKANYAMA 】。大きめフラワープリントやレースで、自然に笑顔溢れるラインナップした2011年春夏のテーマは、『THE BEAUTY LIVES ON FOR EVER』だ。太陽のオレンジイエロー、草原のミントグリーン、ローズガーデンに広がる鮮やかなレッドやピンクをメインカラーとして展開した。

 スマイル柄のボールバックやストローハット、ダッフルバッグ、ウェッジソールの靴、中折帽、レースのソックス、パステルカラーのストール、カゴバッグなど服飾雑貨が、充実していた。ダンガリーの部分プリーツのスカート。ヘンリーネックのチュニックドレス。ギンガムチェックのパフスリーブドレスとレースのショートパンツ。水玉のシャツワンピース。ブルーのギャザーワンピースとニットボレロ。笑顔になってしまうスタイリングが多く見られた。

【関連資料】 ・アイズビット ダイカンヤマ【 ISBIT DAIKANYAMA 】日本【Girls Award】ガールズアワード by CROOZ blog 2011 SPRING/SUMMER 2011.04.29

【Girls Award】ちょっと大人っぽく、都会的で、カワイイ要素を残しているホイットニー・イブ

  • ホイットニー・イブ【 Whitney Eve 】
  • ホイットニー・イブ【 Whitney Eve 】
  • ホイットニー・イブ【 Whitney Eve 】
  • ホイットニー・イブ【 Whitney Eve 】
  • ホイットニー・イブ【 Whitney Eve 】
  • ホイットニー・イブ【 Whitney Eve 】
  • ホイットニー・イブ【 Whitney Eve 】
  • ホイットニー・イブ【 Whitney Eve 】
  • ホイットニー・イブ【 Whitney Eve 】
  • ホイットニー・イブ【 Whitney Eve 】


 アメリカのMTVの人気リアリティ番組の「The City」や「The Hills」に出演して、リアルなライフスタイルでたくさんの女性から共感を得て、リアリティ番組のスターとなったWhitney Port(ホイットニー・ポート)さんがプロデュースするブランド【 Whitney Eve 】。ちょっと大人っぽく、都会的で、しかもカワイイ要素を残しているブランドである。

 水玉のビスチェに、ルーズなパンツ。女優帽に、幾何学模様のワンショルダードレス。ターコイズのブレスレットとネックレスに、ボーダー柄のキャミソールに、シンプルなミニタイトスカート。どれも通勤服になるデザインばかりだ。脱カジュアルのオフィス着が復活している中、都会の中で生活するための洋服は、最重要アイテムとなっている。【 Whitney Eve 】に期待する。




【関連資料】
ホイットニー・イブ【 Whitney Eve 】アメリカ
【Girls Award】ガールズアワード by CROOZ blog 2011 SPRING/SUMMER 2011.04.29


【Girls Award】素材 形 自然の色味を生かしたデザインのユペンディ

  • ユペンディ【 yupendi 】
  • ユペンディ【 yupendi 】
  • ユペンディ【 yupendi 】
  • ユペンディ【 yupendi 】
  • ユペンディ【 yupendi 】
  • ユペンディ【 yupendi 】
  • ユペンディ【 yupendi 】
  • ユペンディ【 yupendi 】


 モデルでプロデューサーの黒木なつみ さんのブランド【 yupendi 】。2011年春夏のテーマは、cozy bliss!!!だ。「TPOに合わせて自分が1番心地良いと感じられる素材 形 自然の色味を生かしたデザイン」したという。~大地から大地へ ペガサスに乗って...~という恒久的なテーマを実現したショーだった。

 エンジェルのような羽根を付けた登場したモデルさんは、楽しんでいるように見える。風を意識したデザインは、舞うように美しく弧を描いている。限界に近いくらいのピンヒールをはき、北アフリカの大地を舞っているような感じすらした。ラストのアースカラーのプリント地でできたマントを付けたようなオーガンジーのワンピースは、オーラが出ているくらい美しかった。女性の夢を叶えたデザインだった。





【関連資料】
ユペンディ【 yupendi 】日本
【Girls Award】ガールズアワード by CROOZ blog 2011 SPRING/SUMMER 2011.04.29


【Girls Award】優しいさと透き通った心を持ったラブリーなウェンディーネ

  • ウェンディーネ【 Wendine 】
  • ウェンディーネ【 Wendine 】
  • ウェンディーネ【 Wendine 】
  • ウェンディーネ【 Wendine 】
  • ウェンディーネ【 Wendine 】
  • ウェンディーネ【 Wendine 】
  • ウェンディーネ【 Wendine 】
  • ウェンディーネ【 Wendine 】
  • ウェンディーネ【 Wendine 】
  • ウェンディーネ【 Wendine 】


 デザイナー寺島なぎさ氏がロマンティック・テイストを全面に出している【 Wendine 】。2011年春夏のテーマは、「SHE'S SO LOVELY」だ。夜空に向かう空のような優しいグラデーションや透き通った海のようなミント優しいピンク、パープルをメインカラーとして使われた。フラワープリントや、ボーダーのセーラーカラーなど、サマーシーズンをハッピーに彩る多彩なテイストがラインナップ。

 レースのペチコート付きのミニスカートやミニドレスなどラブリー感あふれるデザインは、独特の世界である。マキシとミニのレングスの共存は、大きくファッションが変革していく予兆のように思えた。また、ファッションが充足感や愛情に向かって、突き進んで行くのも確かだ。オシャレな洋服を着るとハッピーになる。そのシンプルさが伝わった。




【関連資料】
ウェンディーネ【 Wendine 】日本
【Girls Award】ガールズアワード by CROOZ blog 2011 SPRING/SUMMER 2011.04.29


【Girls Award】ハッピーガーデンガールやハッピーボヘミアンがテーマのグロッシールージュ

  • グロッシールージュ【 Glossy Rouge 】
  • グロッシールージュ【 Glossy Rouge 】
  • グロッシールージュ【 Glossy Rouge 】
  • グロッシールージュ【 Glossy Rouge 】
  • グロッシールージュ【 Glossy Rouge 】
  • グロッシールージュ【 Glossy Rouge 】
  • グロッシールージュ【 Glossy Rouge 】
  • グロッシールージュ【 Glossy Rouge 】
  • グロッシールージュ【 Glossy Rouge 】


 オシャレを楽しむ女の子が大好きなキーワードをちりばめた着るだけで「Happy」になれるリアルクローズを提案しているブランド【 Glossy Rouge 】。2011年夏のテーマは、「Be Happy!」で、ハッピー・ガーデンガールやハッピー・ボヘミアンだ。花々が咲きほこるガーデンや野山は、美しい。豊かな自然が、心を穏やかにしてくれる。




 ボヘミアンは、チェコスロバキアのボヘミア地方が由来と言われている。その民族衣装やジプシーのファッション要素を取り入れたスタイルを一般的にボヘミアンと言っている。元々、ジプシーは、ロマ(roma)と言われ、主に北インドのロマニ系に由来し中東欧に居住する移動型民族。アジアの要素とヨーロッパの要素が加わって、誕生した無形文化遺産のようだ。だからこそ、グローバルに郷愁と愛着を感じるのかもしれない。





【関連資料】
グロッシールージュ【 Glossy Rouge 】日本
【Girls Award】ガールズアワード by CROOZ blog 2011 SPRING/SUMMER 2011.04.29

ロマ(roma)


ZAK WONDERFUL まるでワインのような味わいのざくろ100%ジュース

  • ZAK WONDERFUL
  • ZAK WONDERFUL
  • ZAK WONDERFUL
  • ZAK WONDERFUL


 5月24日に東京・丸ビル35階のレストラン「サンス・エ・サヴール」でざくろ100%ジュース ZAK WONDERFULのメディアセミナーが開催された。管理栄養士として活動されている大島菊枝先生、新潟薬科大学小西徹也教授によるざくろの成分説明やポリフェノールと美容と健康の相関についての講演が行われた。そして、「サンス・エ・サヴール」の料理長が特別に開発した、「ZAK Wonderful」を使用したランチが振舞われた。



 食べ物自体に、薬理作用があることが最近の研究で分かり始めているということに驚いた。東洋医学では、前から食物や植物が病気を直し効果があると広く使わてきた。安全性が確保された「食養」と量をコントロールする「食療」の存在も知った。ZAKは、まるでワインのような味わいがあって、ノンアルコールの飲料としては、完璧なドリンクだった。甘ったる点もあるが、体によさそうだ。




【関連資料】
ZAK WONDERFUL



【Girls Award】ゆったりとしたスタイリングを提案したオルタナティブ

  • オルタナティブ【 alternative 】
  • オルタナティブ【 alternative 】
  • オルタナティブ【 alternative 】
  • オルタナティブ【 alternative 】
  • オルタナティブ【 alternative 】
  • オルタナティブ【 alternative 】
  • オルタナティブ【 alternative 】
  • オルタナティブ【 alternative 】
  • オルタナティブ【 alternative 】


 本国であるアメリカを始め、アジア・ヨーロッパ・オセアニアとワールドワイドに展開するトーライフスタイルブランド【 alternative 】の2011年春夏のテーマは「放浪の旅」。『TOKYOの規則的かつ流動的な動きが入り混じったライフスタイルと南カリフォルニアの太陽の暖かみを見事に融合。ゆるめのシルエットを取り入れる事で着心地の良さに重点を置き、カラーは太陽を浴びたようなナチュラルトーンを使用。ゆったりとしたスタイリングを提案』したという。




 ボヘミアンやヒッピーのようなナチュラルで、エコロジーさを感じるデニム素材のセレクションが素晴らしい。風に舞うロングドレスやコンビネゾン。パステルカラーを使ったカットソーの組み合わせは、実に綺麗だ。無地からジャガードまで、幅広いデザインのヘアアクセサリーや雑貨小物。優美で優雅なビーチスタイルのイメージがした。放浪の旅がいつまでも続くように祈りたい。




【関連資料】
オルタナティブ【 alternative 】アメリカ
【Girls Award】ガールズアワード by CROOZ blog 2011 SPRING/SUMMER 2011.04.29


【RUNWAY for JAPAN】たったひとりのモデルが言った一言で始動

  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】


 たったひとりのモデルが言った一言で始動した東日本大震災復興支援チャリティー・ファッションショー【RUNWAY for JAPAN】。「僕たちに出来ることってないですか?」という一言が話になり、100名のモデルを動かした。奇跡のショーは、著名なアーティストが「USAフォー・アフリカ」として集結して完成させた「ウィ・アー・ザ・ワールド(We Are The World)」に似ている。

 音楽イベントは、トレーナーやTシャツなどの関連グッズも販売する。【RUNWAY for JAPAN】でも、本業のTシャツだけでなく、野菜や被災地で作られた商品を販売していた。こんな時に、ワールドワイドに活躍するスーパースター級のデザイナーがいれば、もっと広がるのに。日本のデザイナーが世界で活躍していない現実も見えてしまった。デザイナーを育てることが急務のように思えた。

【関連資料】 ・【RUNWAY for JAPAN】 東日本大震災復興支援チャリティー・ファッションショー開催 2011.5.15
We Are The World DVD+CD

【RUNWAY for JAPAN】迫力あるウィメンズ・ブランド登場

  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】


 東日本大震災復興支援チャリティー・ファッションショー【RUNWAY for JAPAN】への評価が高まっているそうだ。後半だけでも、21ブランド50名のモデルが参加している。できるだけ、紹介しようと思う。2012年秋冬のデザインだ。英知を集め、短時間にベストを尽くしたデザイナーの生き様を感じる。もっと続けたい、という意見も多いと聞く。

 モデルやデザイナーを支える協力スタッフの熱意もすごい。演出家、モデルのキャスティングをする人達、ロゴデザイナー、ステージディレクター、ヘアメイクアーチスト、スタイリスト、舞台美術家、PR会社の人達、制作運営スタッフなど裏方の人たちもボランティアだ。大きなイベントを支える人達の心意気も感じたファッションショーだった。

【関連資料】
【RUNWAY for JAPAN】東日本大震災復興支援チャリティー・ファッションショー開催 2011.5.15


【RUNWAY for JAPAN】モード系、アウトドア系、ワイルド系、ロック系、ワーク系などメンズ・ブランド集結

  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】


 東日本大震災復興支援チャリティー・ファッションショー【RUNWAY for JAPAN】の特徴は、メンズ・ブランドもレディース・ブランドも関係なく、男女モデルとも出演したことだ。特に、メンズブランドの多さに驚かされた。モード系、アウトドア系、ワイルド系、ロック系、ワーク系など様々なテイストのブランドが、参加した点が大きい。しっかりとメンズブランドが成長し、ファッション・ビジネスの未来が見えるほど、完成されてきていることを確信した。

 見えないモノが見えてくるのが、チャリティーの良さのようだ。先日、映画「The Runaways」を観た。1970年代、平均年齢わずか16歳で、男社会のロック界に殴り込みをかけた実在のガールズバンドの物語だ。何かに挑むときは、チームワークだと確信した。【RUNWAY for JAPAN】に参加したメンズ・ブランドは、古いファッション界に殴り込む感じがした。いつまでも、チャレンジャーであって欲しい。

【関連資料】 ・【RUNWAY for JAPAN】 東日本大震災復興支援チャリティー・ファッションショー開催 2011.5.15 ・ランナウェイズ(The Runaways)

【RUNWAY for JAPAN】白い衣装のモデル達が素足で登場

  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】
  • 【RUNWAY for JAPAN】


 文化服装学院・遠藤記念館大ホールで行われた【RUNWAY for JAPAN】のジャパン・デザイナーズ・コレクションでは、2部に分かれ、1部は白で統一され、21ブランド50名のモデルが登場した。モデル達は、素足で登場した。白い衣装のモデルの中で、バレリーナの蟹瀬レナさんの赤の衣裳が日本の国旗をイメージさせた。日本の象徴の日の丸が本当に美しく輝いていた。

 ファッション・モデルとブランド、デザイナーの団結の強さを痛切に感じた。何にもこだわらない、しがらみも捨て、純粋にチャリティーを行っている人たちの真価を感じた場面だ。白には、リセット(復興)の意味もある。細かい点にこだわったことも今回のショーの成功につながっている。

「デザイナーの皆さん、ノーギャラでも役に立つのならと協力してくれた。 スチールモデルでも歩けるし、展示会ベースのブランドでもランウエイで着られる。 このようなイベントを動かすことが東京、ファッション業界にとって大きな意義があると 再確認できました」

とファッションプロデューサーを務めた仲 將智(Mr.Masatomo Naka)氏からメールを頂いた。そろそろビジネスに戻らないと書き添えてあった。みんなノーギャラで集まった有志ばかりだ。皆さん、お疲れ様でした。



【関連資料】
【RUNWAY for JAPAN】 東日本大震災復興支援チャリティー・ファッションショー開催 2011.5.15
仲 將智


【RUNWAY for JAPAN】ファッションを通じ支援するチャリティー・ランウェイプロジェクト

  • 東日本大震災復興支援チャリティー・ファッションショー
  • 東日本大震災復興支援チャリティー・ファッションショー
  • 東日本大震災復興支援チャリティー・ファッションショー
  • 東日本大震災復興支援チャリティー・ファッションショー


 5月15日、文化服装学院 遠藤記念会館大ホールでファッションモデルとファッションデザイナーが心ひとつとなり、ファッションを通じ支援するチャリティー・ランウェイプロジェクト【RUNWAY for JAPAN】が開催された。出演モデルは総勢100 名、日本を代表するファッションデザイナーや人気JAPAN ブランドが参加致した。学院長の大沼聡(Mr.Atsusi Ohnuma)氏や小池百合子( Ms.Yuriko Koike)氏、福島県いわき市の参議院議員森まさこ(Ms.Masako Mori)氏などの挨拶につづき、ファッションショーがスタートした。福島県のキッズモデルが元気な笑顔で登場すると、大きな拍手とともに、涙が止まらないほど感動を覚えた。

 福島県在住のデザイナーの志賀亮太(Mr.Ryouta Shiga)氏がデザイナーを代表して挨拶し、RUNWAY for JAPANの代表の挨拶で終わった。代表の挨拶によって、東京のホテルや施設に避難している人達への支援がないことを知った。200名近い学生ボランティアの活躍も目立った。純粋に手を差しのべる人の多さに驚いた。また、ショー終了後、Etw.Vonneguetのデザイナー、オルガ(Olga)さんが自身の服を着用したモデルとの撮影に快く引き受けてくれた。この気軽に支援する姿こそ今必要なことだと知った。

【関連資料】 ・【RUNWAY for JAPAN】 東日本大震災復興支援チャリティー・ファッションショー開催



【Girls Award】西海岸のダイナーに集う人々のワードローブをイメージしたギルドプライム

  • ギルドプライム【 GUILD PRIME 】
  • ギルドプライム【 GUILD PRIME 】
  • ギルドプライム【 GUILD PRIME 】
  • ギルドプライム【 GUILD PRIME 】
  • ギルドプライム【 GUILD PRIME 】
  • ギルドプライム【 GUILD PRIME 】
  • ギルドプライム【 GUILD PRIME 】
  • ギルドプライム【 GUILD PRIME 】


モードとカジュアルを融合させ、ファッション感度の高い男女を対象とするセレクトショップ【 GUILD PRIME 】。2011年春夏のテーマは、西海岸のダイナーに集う人々のワードローブをイメージした『SEASIDE DINER』だ。デニムのコンビネゾン。サマーツイードのノーカラーのナポレオンジャケット。クラシックなチェック柄のロングシャツワンピース。ボーダーのコンビネゾンなど 海と太陽の下で過ごすためのワードローブがいっぱい。



クラシックでエレガントで、カジュアルな感性が魅力的なブランドだ。サテンの光沢感のあるハイウエスト切り替えのドレスとシルバーのショートブーツは、若い女の子が憧れる大人のスタイリングだ。優雅な時の流れを感じさせるデザインと心を癒すシックなカラーも魅了的だ。トレンドが大きく変わり始めていることを実感した。




【関連資料】
ギルドプライム【 GUILD PRIME 】
ガールズアワード | Girls Award by CROOZ blog 2011 SPRING/SUMMER 2011.04.29


【Girls Award】コロニアルファッションを現代にアレンジしたラブレス

  • ラブレス【 LOVELESS 】日本
  • ラブレス【 LOVELESS 】日本
  • ラブレス【 LOVELESS 】日本
  • ラブレス【 LOVELESS 】日本
  • ラブレス【 LOVELESS 】日本
  • ラブレス【 LOVELESS 】日本
  • ラブレス【 LOVELESS 】日本
  • ラブレス【 LOVELESS 】日本


 上質な素材やシンプルの中にもデティールにこだわったデザインが特徴のセレクトショップ【 LOVELESS 】の2011年春夏のテーマは、『DESERT COLONY』。帝国主義時代の名残りを残した砂漠のリゾート地。そこでのコロニアルファッションを現代にアレンジしたという。サファリやアフリカを彷彿とさせるリゾートウェアが登場した。長谷川潤(Ms.Jun hasegawa)や押切もえ(Ms.Moe Ishikiri)が登場すると盛り上がった。

 1960年代後半、イヴ・サンローランが発表したサファリ・ルック【 safari look 】が流行した。ヨーロッパ人にとって、アフリカは近い。コロニアル(植民地)が多くあったことも、気軽にアフリカへ足を運んだ理由で独特のスタイルが定着した。映画「愛と哀しみの果て (out of africa)」では、コロニアルファッションを実感できた。また、アガサ・クリスティ(Agatha Christie)の上流階級のアフリカ旅行を扱ったものなどは、参考になるかも。




【関連資料】
ラブレス【 LOVELESS 】日本

【Girls Award】ガールズアワード by CROOZ blog 2011 SPRING/SUMMER 2011.04.29
サファリ・ルック【 safari look 】スタイル


【Doors27】FB企画舎トーガの21世紀ビジネスへの挑戦

  • FB企画舎トーガ / 藤田雅美
  • FB企画舎トーガ / 藤田雅美
  • FB企画舎トーガ / 藤田雅美
  • FB企画舎トーガ / 藤田雅美


 5月10日から12日まで東京・恵比寿のイベントスペース「EBIS303」で、アパレル20社と雑貨14社が参加した合同展「ドアーズ」が行われた。その中で、「FB企画舎トーガ」代表の藤田雅美(Mr.Masami Fujita)氏が率いるブースは、面白いブランドばかりだった。「お客様と心の交流が出来るワクワク・ドキドキ広場のHIGH TOUCHをプロデュースしました」と藤田(Mr.Fujita)氏は語る。白無垢を染めたタイパンツは、デニムのような感覚で新しさを感じた。

 藤田(Mr.Fujita)氏は、繊維業界の専門紙「繊研新聞社」に入社。呉服からスタートし、ファッション・ビジネス(FB)の周辺情報(芸能、建築、食など)を領域とし、1990年代半ばからの裏原宿をはじめとした新興勢力を専門としてきた。編集デスクを務めた後、独立。FB企画舎トーガを設立。企業コンサルタントとして独創企画、型破り社員教育を実践中の。文化服装学院の就職アドバイザーの辞め、第一弾として学生をデビューさせる仕事を始めた。

地域活性化支援アドバイザー(中小企業基盤整備機構)の活動も行っている藤田(Mr.Fujita)の熱い思いを語った言葉を紹介します。

学生創作の雑貨と結婚衣裳を雑貨に生まれ変わらせてみるプロジェクトのお披露目です。 21世紀は前世紀と全く違った発想と仕組みでやってみなくてはと 「信じて」超常識で無謀な試みをしてみるつもりです。 笑いにきていただければ、幸いです。 この合同展も地域活性化支援につながる全国弱小メーカーの集まりです。

【関連資料】 ・クリエーターズ・ブログ 藤田雅美合同展「ドアーズ【Doors27】」FB企画舎トーガ【Tohga】/ 藤田雅美

【 nizoni 】毎日の生活にぴったりの快適さが評判のバッグ

  • ニゾーニ【 nizoni 】
  • ニゾーニ【 nizoni 】
  • ニゾーニ【 nizoni 】
  • ニゾーニ【 nizoni 】


 仕事帰りのジムウエア、書類、ラップトップなど、アクティブな女性達が、軽くて丈夫で機能的で、オフィスに持っていける きちんとしたバッグが欲しいということから理想を詰め込んだ "Dream bag"を創ろうということで作られたバッグ【 nizoni 】。その2011年秋冬の新作の展示会が開かれた。小さなポシェット型のバッグは、ウエストバッグに早変わりする。ランニングやウォーキングの時にも使えるバッグだ。

 パールシルバーやレッドなど毎日の生活にぴったりの快適さが評判だそうだ。とくに、シャーリー(Shirley)というチェーンバッグは、ウエストバッグにも出来る2ウェイタイプ。パーティにはチェーンで優雅に、ゴルフやランニングではウエストバッグとして使える優れもの。最近の防災意識が高い中、貴重品を詰め込めるサイズは、便利だ。




【関連資料】
ニゾーニ【 nizoni 】アメリカ・バッグ


【Girls Award】気分やシチュエーションに合わせて自由にファッションを楽しむスタイルを提案したルミネ

  • ルミネ【LUMINE】
  • ルミネ【LUMINE】
  • ルミネ【LUMINE】
  • ルミネ【LUMINE】
  • ルミネ【LUMINE】
  • ルミネ【LUMINE】
  • ルミネ【LUMINE】
  • ルミネ【LUMINE】
  • ルミネ【LUMINE】
  • ルミネ【LUMINE】


 【LUMINE】はLUMINE STYLEを、女の子の気分=「FEELING」に合わせて3つのテーマで展開。キラキラワクワク。休みの日にはドライブで海や野外フェスへ。そんなアクティブに輝く女の子のスタイル「SPARKLE」と、ほのぼのゆったり。好きな音楽を聴きながら愛犬とのカフェに。ゆったりとした時間を大切にする女の子のスタイルの「COZY」。ドキドキツヤツヤ。週末は友達とパーティーやクラブへ。ナイトクルージングを楽しむ女の子たちのスタイルの「GLOSSY」以上3つのテーマにあわせたコーディネート。

 LUMINEのあつかっている個性豊かなブランドが続々と登場して会場を盛り上げた。しかも、自主編集したスタイリングで、新しい世界観を作り上げた。フリーズマートのチューブトップドレスや、spiral girlの花柄フレアショートパンツとW closetのだまし絵カーディガン。another editionのシルクフラワーマキシワンピース。DRWCYSのフリルコットンブラウスとFRAY I.Dの裾レースロングパンツ。ミリタリーブルゾンとsnidelのレースコンビワンピース。CANANABISのスカルストライプショートスカートとKanAng Parkのマリーネポンチ衿のサテンジャケットなど。




【関連資料】
ルミネ【LUMINE】
【Girls Award】ガールズアワード by CROOZ blog 2011 SPRING/SUMMER 2011.04.29


【MODE FOR TEEN】「楽しくおしゃれにチャリティー」をテーマに学生団体がパーティを開催

  • 学生団体ヤムヤムヤム
  • 学生団体ヤムヤムヤム
  • 学生団体ヤムヤムヤム
  • 学生団体ヤムヤムヤム
  • 学生団体ヤムヤムヤム
  • 学生団体ヤムヤムヤム
  • 学生団体ヤムヤムヤム
  • 学生団体ヤムヤムヤム
  • 学生団体ヤムヤムヤム
  • 学生団体ヤムヤムヤム
  • 学生団体ヤムヤムヤム
  • 学生団体ヤムヤムヤム
  • 学生団体ヤムヤムヤム
  • 学生団体ヤムヤムヤム


 ゴールデンウィークが開けた5月9日、原宿のUcess The Lounge(ユーセス・ザ・ラウンジ)で学生団体ヤムヤムヤムが、「楽しくおしゃれにチャリティー」をテーマにパーティを開催した。エキサイティングエリアは、ゴールドネイビーに、設定。リラックス&エギジビション エリアは、ピンクベージュとして、パリジェンヌのルームをイメージしたという。ELLEgirl エルガール専属ブロガーのsookさんとJuriさんをゲストとして招きトークショーを行った。


 『東日本大震災を受けてティーン世代の私達が出来る事は何か改めて考え、ティーンがチャリティについて知る、そして同時にモードファッションを楽しむことが出来る環境を作ることが目的です』とオーガナイザーの上野智子さんは語った。そしてスタッフにモデルとして、衣装を提供したピープル・ツリーのSchool of Fair Trde(SoFT)や、リボンやカチューシャを提供した株式会社SHINDO S.I.C ショールーム、株式会社アパレルウェブ、HONYY Entertainment, Inc、マンダム株式会、公益財団法人プランジャパン、Levisなどの企業がサポートして完成したプロジェクトは、大成功に終わった。


 ティーンエージャーを中心とする若者が作り上げたイベントは、100名を超える若者が参加した。新しいファッションのムーブメントが、mixi(ミクシィ) やTwitterによって一般学生から始まるのかもしれない。ごく自然に手を差しのべることが、どんなに難しいか?彼らはそれを簡単に乗り越える力がある。ボランティアの意義を知っていることに頭が下がった一夜だった。




【関連資料】
MODE FOR TEEN -CHARITY SP- 楽しくおしゃれにチャリティー 5月9日 (月) 開催



【Girls Award】西海岸スタイルを日本に定着させたフォーエバー21のコレクション

  • フォーエバー21【 FOREVER21 】
  • フォーエバー21【 FOREVER21 】
  • フォーエバー21【 FOREVER21 】
  • フォーエバー21【 FOREVER21 】
  • フォーエバー21【 FOREVER21 】
  • フォーエバー21【 FOREVER21 】
  • フォーエバー21【 FOREVER21 】
  • フォーエバー21【 FOREVER21 】
  • フォーエバー21【 FOREVER21 】
  • フォーエバー21【 FOREVER21 】
  • フォーエバー21【 FOREVER21 】
  • フォーエバー21【 FOREVER21 】
  • フォーエバー21【 FOREVER21 】
  • フォーエバー21【 FOREVER21 】


 アメリカの西海岸スタイルを日本に定着させた【 FOREVER21 】のコレクションは、とにかく明るい太陽の下で行わているように見えた。1万円で服からアクセサリー、シューズやバッグまでトータルで揃うを合い言葉に、トレンドの靴やアクセサリーがふんだんに登場した。木下優樹菜、トリンドル玲奈、加藤夏希など、テレビでお馴染みのタレント・モデルがランウェイを歩いた。

 花柄のキャミソールワンピース、大きなドットプリントのオフショルダーのTシャツ、花柄のキャミソールのコンビネゾン、キャミソールワンピースと水玉のサンダルブーツとバングルと太いサッシュベルト。白地に花柄プリントのショートパンツとカレッジTシャツとボーダーのダブルブレストのショートジャケットは、いかにもアメリカらしいスタイリングだった。メンズやキッズも登場したコレクション。ファミリーで共有するアメリカ文化のように思えた。

【関連資料】 ・フォーエバー21【 FOREVER21 】アメリカ・小売店【Girls Award】ガールズアワード by CROOZ blog 2011 SPRING/SUMMER 2011.04.29

【Girls Award】ユニクロの持つインターナショナルなイメージを発揮

  • ユニクロ【 Uniqlo 】
  • ユニクロ【 Uniqlo 】
  • ユニクロ【 Uniqlo 】
  • ユニクロ【 Uniqlo 】
  • ユニクロ【 Uniqlo 】
  • ユニクロ【 Uniqlo 】


 【 Uniqlo 】と旬のデザイナーやブランドとのコラボ企画「デザイナーズ・インビテーション・プロジェクト」。このプロジェクトのアンバサダーであるLIZAさん、大屋夏南(Ms.Kana Oya) さん、ローラ・チャン(Ms.Rola Chan)さんが、「GirlsAward」のモデルとしてショーに登場した。また、韓国モデルユニット「K-men's」がスペシャルゲストとしてUniqloのUTコレクションを身につけステージに登場して、会場から割れんばかりの声援を受けていた。

 【 Uniqlo 】の持つインターナショナルなイメージを韓国モデルユニットの「K-men's」の13名が、「ワンピース」「ガンダムイラストレーションズ」「企業コラボ」「Disney ProjectなどのキャラクターTシャツを着ることで世界に発信している実感がした。また、デザイナーズ・インビテーション・プロジェクトとは、常に新しいことにグローバル規模でチャレンジすることを目指すユニクロと、世界の第一線で活躍するデザイナーやブランドとのコラボレーション・プロジェクトのこと。【 Uniqlo 】のグローバル化は、日本の誇りでもある。




【関連資料】
ユニクロ【 Uniqlo 】 日本
【Girls Award】ガールズアワード by CROOZ blog 2011 SPRING/SUMMER 2011.04.29
デザイナーズ・インビテーション・プロジェクト【 Designers invitation project 】イベント


【 lessthan* 】レスザンが立ち上げたチャリティーショップ「no cross no crown」売上好調

  • レスザン【 lessthan* 】
  • レスザン【 lessthan* 】
  • レスザン【 lessthan* 】
  • レスザン【 lessthan* 】
  • レスザン【 lessthan* 】
  • レスザン【 lessthan* 】


 JFWで活躍している【 lessthan* 】のデザイナー、安藤大春(Mr.Ohal Ando)が交友のあるデザイナーやミュージシャン、アーティストたちと、チャリティーショップ「no cross no crown」を4月29日に立ち上げた。彼らが描いた「十字架」をモチーフに製作した、キーホルダーやTシャツを販売、その収益のすべてを復興支援の為寄付するという支援活動だ。原宿ラフォーレの地下1階に期間限定ショップを開いた。「4月30日には、RAGFAIRの土屋礼央さんが販売員として来ていただきました。あっという間に用意したキーホルダーが売れてしまいましたので、追加を作っていただくことになりました」とスタッフの佐藤ナオさんは嬉しそうに語った。

 デザイナーやミュージシャン、アーティストなどがデザインを提供し、杉野服飾大学やバンタンデザイン研究所の学生がクッションを入れて完成させたという。ひとつひとつが手作りである。心のこもった制作によって、キーホルダーやTシャツが心を打つ姿を見た。Twitterで毎日スタッフが更新している姿も、新しい顧客を誘うようだ。営業中の撮影は禁止ということで、写真も【 lessthan* 】のスタッフが送ってくれた。この場を借りて、スタッフ皆さんに御礼申し上げます。




★チャリティーショップ「no cross no crown」
★期間:4/29( 金) ~ 5/15( 日) 11:00-20:00
★場所:ラフォーレ原宿地下一階イベントスペース





【関連資料】
lessthan*(レスザン)が立ち上げた東日本大震災復興支援チャリティーショップ「no cross no crown」。
レスザン【 lessthan* 】日本
Twitter lessthan*@lessthan_staff


【SDN48】「ちょっと大人」な雰囲気のAKB48劇場のスターたち

  • 【SDN48】
  • 【SDN48】
  • 【SDN48】
  • 【SDN48】
  • 【SDN48】
  • 【SDN48】


 秋葉原のAKB48劇場で原則毎週土曜日の夜に公演を行うSaturDay Nightから2009年に誕生した【SDN48】。AKB48劇場では18歳以下は鑑賞不可な公演だが、【Girls Award】では「ちょっと大人」な雰囲気で登場した。新曲、「愛、チュセヨ」を歌い上げた。赤のベリーショートのワンショルダーのトップスに、ホットパンツとフリンジ付きのラップスカート。ヘアアクセも同じ光沢感のある素材を使ったコスチュームは、鮮やかでセクシーだ。

 日韓同時デビューを果たし、韓国プロモーションも行ったという。総合プロデュースを手がける作詞家秋元康氏が、K-Popブームを意識したユニットだ。マーケティングに長けた秋元氏の鋭さを感じた。ファッション・デザイナーのマーケティングを重視するプロデューサーが必要だ。どう楽しませるか?ということを徹底して分析している。ファッション産業と音楽産業は、似ているように思うのだが。

【関連資料】 ・【SDN48】【Girls Award】ガールズアワード by CROOZ blog 2011 SPRING/SUMMER 2011.04.29 愛、チュセヨ(Type B)(DVD付)



【Girls Award】ダイナミックに衣装を変えたアイコニック

  • アイコニック【 ICONIQ 】
  • アイコニック【 ICONIQ 】
  • アイコニック【 ICONIQ 】
  • アイコニック【 ICONIQ 】
  • アイコニック【 ICONIQ 】
  • アイコニック【 ICONIQ 】


 「Change Myself」というキャッチコピーで、一躍有名になった【 ICONIQ 】が大胆なステージを【Girls Award】で見せてくれた。バレエのチュチュのようなスカートに、ピンクのラップスカート。同素材の太い共ベルト付きのショールカラージャケットがクラシッカルで上品だ。オードリーヘップバーンの時代が蘇る。TOKYO LADYを熱唱した。

 ピンクのジャケットとスカートを脱いで、ノースリーブのTシャツとチュチュだけに。Tシャツには、「Pray for You」と書かれていた。Change Myselfを歌った。最後は、ヘアメイクさんがステージに登場して着替えとメイクをした。アフロヘアにカクテルグラスを形取ったマイクを持って登場。フリンジのベストはテーラードで、裏地が黒。ボーダーのミニスカートは、ダブルボタンの巻きスカート。LADYSを歌った。ファッションと音楽の融合の姿を見た。




【関連資料】
アイコニック【 ICONIQ 】
【Girls Award】ガールズアワード by CROOZ blog 2011 SPRING/SUMMER 2011.04.29


【Girls Award】ガールズユニット「Be-ppin」がついにアーティストデビュー

  • ガールズユニット「Be-ppin」
  • ガールズユニット「Be-ppin」
  • ガールズユニット「Be-ppin」
  • ガールズユニット「Be-ppin」
  • ガールズユニット「Be-ppin」
  • ガールズユニット「Be-ppin」


 女性誌「BLENDA」のモデルが集結したガールズユニット「Be-ppin」。Girls Awardでついにアーティストとしてデビューした。日本セクシー党を旗揚げし「日本の女の子の、日本の女の子による、日本の女の子のための"セクシー解放"」をマニフェストに掲げる、スーパーヘルシー&セクシー集団だという。「kara」や「少女時代」などセクシー路線のK-Popに負けないパワーを感じた。

 低年齢化していく傾向のJ-Popは、ロリータの域に達していた。日本人全体の精神性まで疑われる事態のように映る。このように大人が楽しめるユニット誕生で、大きく変化するようにも思う。精神性の高いサブカルチャーを作るような動きになっているようにも思う。大人たちは、こんなセクシーユニットを望んでいたのかもしれない。





【関連資料】
音楽情報
【Girls Award】ガールズアワード by CROOZ blog 2011 SPRING/SUMMER 2011.04.29
BLENDA (ブレンダ)