Fashion-J 週刊ファッション情報

 
 

 Fashion-Jをシェアする

【JFW-IFF】グリーン&エシカル・ウエディングのブランド「エコマコ」

  • エコマコ【ECOMACO®】日本
  • エコマコ【ECOMACO®】日本
  • エコマコ【ECOMACO®】日本
  • エコマコ【ECOMACO®】日本


 地球環境に優しい素材を使った婦人服ブランド【ECOMACO®】は、エコロジーな素材のウエディングブランド「グリーンウェディング」を2011年夏から発売している。ドレスは、ポリ乳酸繊維やオーガニックコットン、和紙などを使っている。また、式後は、染め直してパーティドレスにしたり、出産後のことを考えて、赤ちゃんのおくるみに変身できるという。

 「弊社が長野県に本社のある関係で、このドレスを着ていただいて、軽井沢でウエディングを行っている方も増えてます」と営業の方が話してくれた。また、花嫁の思い出の花を裾に刺繍するオーダーメイドも行なっているという。環境や社会に配慮したエシカルなドレスは、ますます需要が拡大しそうだ。リサイクルも考えたデザインも斬新である。デザイナーの岡正子さん自らが、グリーンのドレスを纏って、接客している姿が印象的だった。

【関連資料】
エコマコ【ECOMACO®】日本
【JFW-IFF】 合同展 2012年1月25ー1月27日


【TOKYO RUNWAY 2011S/S】蛯原友里、冨永愛、加藤夏希、アユキ、ルナがゲストモデルに

  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2011S/S】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2011S/S】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2011S/S】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2011S/S】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2011S/S】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2011S/S】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2011S/S】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2011S/S】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2011S/S】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2011S/S】


 1月28日に行われた「東京ランウェイ 2011S/S記者発表会」では、蛯原友里さん、冨永愛さん、加藤夏希さん、アユキさん、ルナさんがゲストモデルとしてウォーキングとトークセッションに参加した。トークショーでは、蛯原さんが「東京からアジアに対して発信することにワクワクしていまし、いままで参加しなかったブランドが参加するということで、早く洋服をきたくなっちゃう」と語った。

 加藤さんは、神戸コレクションのステージ以外の観客との交流の様子を語り、「中国のモデルさんとも一緒にステージに立てることを楽しみにしています」としめくくった。また、世界中のコレクションを体験している冨永さんは、「リアルクローズのファッションショーは世界でただひとつ、東京でしか行われないですよ。リアルクローズのファッションショーを東京から発信できることを私は嬉しく思います」と語った。

 グロガー女子から「ランウェイを歩く気持ちについて」質問された加藤さんは、「客席から、カンペで"ピースして"とか"KISSして"とか書いてあって、色々なカンペを見つけるのが楽しみです」と観客との一瞬の出会いを大切にしている話を語った。また、「東京のファッションの優れている点について」という記者の質問に対して、中国モデルのアユキさんは、「東京のファッションは、背が高くないアジア人にとって、とても参考になる」と答えた。インタビューを終えて、モデルが商品を見せる人形(マネキン)ではなく、顧客とのコミュニティを創りだす営業マンに思えてきた。すべては、人間性で決まりそうだ。

【関連資料】
東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2011S/S】
第1回「東京ランウェイ」開催決定!!3月20日 国立代々木競技場第一体育館
蛯原友里【yuri ebihara】モデル ・冨永愛【Ai Tominaga】
加藤夏希【Natsuki Kato】
アユキ【AYUKI】中国版「Ray」で活躍する人気モデル 
ルナ【RUNA】 「ViVi」の中国版で活躍する中国人モデル

【TOKYO RUNWAY】東京ランウェイ発表会



【TOKYO RUNWAY】東京ランウェイ発表会 蛯原友里 冨永愛 加藤夏希などが参加

  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY】


 1月28日、第1回「東京ランウェイ 2011S/S」記者発表会が、東京・青山のスパイラルホールで行われた。「神戸コレクション」が20回目を迎える今年、その「東京公演」を培ってきたノウハウやネットワークを生かしながらも、日本だけでなくアジアのトップランナーとして時代を切り開いていくためにイベント名称を改名したという。「神戸コレクション」は、今まで専門家や販売店向けのBtoBだったファッションショーを、BtoCの一般客が参加できるショーにした功績は大きい。

 第1回「東京ランウェイ」記者発表会では、モデルの蛯原友里さん、冨永愛さん、加藤夏希さん、中国版Rayliモデルのアユキさん、中国版ViViモデルのルナさんが登場した。MCは、谷原章介さんと夏川純さんが務めた。また、女性ブロガー70名が招待され、twitterにリアルタイムで投稿し、用意されたモニターに中継された。今回は、JFWのMercedes-Benz Fashion Week TOKYOとのコラボレーションも行われる。

 東京ランウェイ・プロデューサーの(株)毎日放送 事業局事業部副部長の下中大介氏(Mr.Daisuke Shimonaka)は、『TOKYO RUNWAYは、明日着たい服。リアル。共感。をキーワードにしています』と語った。それと同時に、一般の皆さんの支援やサポートで大きくなったことを感謝し、ブロガーさんだけでなく、モデルオーディションも単にキレイな女性ではなく、人間性を評価してセレクトするという。女子力という力に大きな期待と希望を感じた発表会だった。

【関連資料】
東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY】
東京ランウェイ twitter
第1回「東京ランウェイ」開催決定!!3月20日 国立代々木競技場第一体育館
Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO
神戸コレクション


【DoCLASSE】ドゥクラッセ トレインチ自由が丘店オープン

  • ドゥクラッセ【DoCLASSE】日本
  • ドゥクラッセ【DoCLASSE】日本
  • ドゥクラッセ【DoCLASSE】日本
  • ドゥクラッセ【DoCLASSE】日本
  • ドゥクラッセ【DoCLASSE】日本
  • ドゥクラッセ【DoCLASSE】日本


 1月27日、40から50代を中心に支持を集めている通販カタログの「DoCLASSE」の直営店が、自由が丘駅南口から徒歩2分の立地の「トレインチ自由が丘」1階にオープンした。実際に試着や商品に直接触れたいという顧客からの要望に応えるため、自由が丘本店、日比谷シャンテ店、ららぽーと横浜店に続く4店舗目の直営店のオープンとなった。駅前立地の利便性だけでなく、ジャケット等の店舗限定商品も展開されている。

 レディース商品を中心に、外反母趾に優しいおしゃれな靴として人気のfitfit(フィットフィット)のためのゆったりとしたソファーや、試着室を3室備えているなど、ユーティリティを広くとった設計になっている。サイズも5号から13号まで展開し、ものによっては、15号まであるという。店舗にない場合は、宅配できるため、店舗に再び足を運ぶ手間が省けるのもメリットだ。

 

 プラスサイズのモデルが大活躍するアメリカ。いづれ、日本も大きいサイズのモデルが必要になるのかもと感じた。

【関連資料】
ドゥクラッセ【DoCLASSE】日本
トレインチ自由が丘


【JFW-IFF】SHINDOとブライダルスタイルがコラボレーション

  • SHINDO
  • SHINDO
  • SHINDO
  • SHINDO


 リボン、トリミングレース、ブレード等の副資材のトップメーカーSHINDOとブライダルスタイルがコラボレーションしたメインブースは、華やかで夢のある空間に仕上げっていた。震災後、結婚願望が急速に高まっていることもあって、ドレスだけでなく、ブライダルアイテムが注目されている。結婚、妊娠、育児と人生のセットメニューのように関連するスタートアップのブライダル。需要なイベントの結婚式、披露宴がある。

 ブライダルジュエリー、ブーケ、ヘッドドレス、引き出物など雑貨が、充実していた展示会だった。お姫様になれる唯一のイベントがウェデイングだとしたら、一番輝く一日であって欲しいと願う。そんな思いを込めたドレスが展示されていた。華麗で美しいシルエットは、英国のウイリアム王子とキャサリン妃のロイヤルウエディングを思い出した。静かではあるが、結婚ブームが来ているようにも思う。

【関連資料】
SHINDO
【JFW-IFF】 合同展 2012年1月25ー1月27日


【JFW-IFF】iphone関連のキラキラグッズが人気のツーマッチ

  • ツーマッチ【too much】日本・雑貨
  • ツーマッチ【too much】日本・雑貨 title=
  • ツーマッチ【too much】日本・雑貨
  • ツーマッチ【too much】日本・雑貨 title=


 1月25日から始まってJFW-IFF合同展示会で、iphoneケースを展示しているひときわ目立ったブースがあった。常にドレスアップしたスタイルを!様々な年代や素材のミックス、ゴージャスとクラシックの共存したスタイルを提案する【too much】だ。ラフォーレ原宿のB1Fにショップがあり、渋谷系とは違うモード感覚のアイテムが多い。

 キラキラと輝くビジュー付きの王冠なども扱っている遊び心満載のブランドである。特に、おしゃれなデジタルライフをエンジョイしているファッショニスタ達に人気なのが、iphoneのイヤホンジャックに差し込むiphoneピアスと言われているアクセサリーだという。価格帯も千円前後ということもあって、売れている。楽しいことがビジネスになると痛感した一日だった。

【関連資料】
ツーマッチ【too much】日本・雑貨
JFW-IFF 合同展示会 2012年1月25ー1月27日


【KISS(Korean  International Style Show)】日韓合同ファッションイベント

  • 日韓合同ファッションイベント
  • 日韓合同ファッションイベント
  • 日韓合同ファッションイベント
  • 日韓合同ファッションイベント


 1月25日、26日、 27日の3日間行われる初の日韓合同ファッションイベント【KISS(Korean  International Style Show)】の記者会見が国立代々木体育館で行われた。韓国モデルのキム・テヨン、キム・ヒョンジン、チェ・ウンジョン、パク・ジヘ、パク・スルギ。日本からは、有末麻祐子、浦浜アリサ、加賀美セイラ、紺野ゆり、佐藤かよ、里海、菅原沙樹、菜々緒、西田有沙が出席した。

 アーチストでは、4人組ガールズグループのシスター(SISTAR)、6人組男性アイドルグループのビースト(BEAST)、4ピースバンドのシーエヌブルー(CNBLUE)、7人組ガールズグループのラニア(Rania)、モデルドル9人組のナイン・ミュージス(NINE MUSES)などが出席した。日韓という言語も文化が違う国同士の若者たちが、ファッションショーで交流する。アジアがひとつになるきっかけになるかもしれない。そんなことを感じた会見だった。

【関連資料】
KISS(Korean  International Style Show)
ナイン・ミュージス(NINE MUSES)
シスター(SISTAR)
ビースト(BEAST)
シーエヌブルー(CNBLUE)



【CYCLE MODE】サイクルウェア・ファッションが新しい

  • サイクルモード【CYCLE MODE】
  • サイクルモード【CYCLE MODE】
  • サイクルモード【CYCLE MODE】
  • サイクルモード【CYCLE MODE】


 毎年11月頃に、東京と大阪でサイクルモードというイベントがある。スポーツタイプの自転車をはじめ、フレーム、パーツ、ウェア、バッグなどの2012年モデルが一堂に会し、且つ最新モデルの自転車に試乗することができる、コンシューマーを対象にした日本最大のスポーツ自転車総合展示・試乗会だ。サイクリストたちも、年々おしゃれになっているという。

 自由にサイクルファッションを楽しもう!という感覚で、サイクルウェア・ファッションショーも開かれる。機能性だけでなく、ファッション性と女性らしさやガーリシュな感覚を取り入れたサイクルウェアを着たモデルが登場する。スポーツであり、タウンユースでもある自転車だからこそ、心地よさや爽快感を味わえる。なによりも地球に優しいエコライフの一部だから。(撮影:服部尽氏)

【関連資料】
サイクルモード【CYCLE MODE】


【n♥line by nozomi】佐々木希さんプロデュースのセットアップスーツ

  • エヌラインバイノゾミ【n♥line by nozomi】
  • エヌラインバイノゾミ【n♥line by nozomi】
  • エヌラインバイノゾミ【n♥line by nozomi】
  • エヌラインバイノゾミ【n♥line by nozomi】
  • エヌラインバイノゾミ【n♥line by nozomi】


 佐々木希さんプロデュースの「洋服の青山」のブランド【n♥line by nozomi】は、セットアップスーツが主流だ。セットアップスーツとは、ジャケットとボトムを個別のサイズで組み合わせできる単品販売するスーツのことをいう。ジャケットがショートジャケットとロングジャケット。ボトムスが、台形スカートとプリーツスカート、マーメイドスカート、ニットスカート、フレアパンツとあり、色々な組み合わせが自由にできるのが特徴だ。

 特に、リクルートや就活などでは、可愛い印象のスイート派か、上品で知的な印象のクール派か、しっかり決めていたほうが自己表現しやすい。スーツ選びは、体型だけでなく、ライフスタイルに沿った生き方を決めることでもある。両方を兼ね備えて女性も多い。だから、セットアップで両方を演じることも可能だ。いい仕事が見つかるまで、セットアップスーツは、親友で有り続けるような気がする。

【関連資料】
セットアップスーツ【setup suits】アイテム
洋服の青山 佐々木希さんプロデュース エヌラインバイノゾミ【n♥line by nozomi】


洋服の青山 佐々木希さんプロデュース n♥line by nozimi 記者発表会

  • エヌライン・バイ・ノゾミ【n♥line by nozomi】日本
  • エヌライン・バイ・ノゾミ【n♥line by nozomi】日本
  • エヌライン・バイ・ノゾミ【n♥line by nozomi】日本
  • エヌライン・バイ・ノゾミ【n♥line by nozomi】日本


 1月20日、洋服の青山 佐々木希さんプロデュース n♥line by nozimi 記者発表会が、恵比寿ガーデンプレイスで行われた。「洋服の青山」のイメージキャラクターで、ファッションリーダーとして若い女性から圧倒的な人気を集めているモデル・女優の佐々木希さんがプロデュースした新レディースブランド【n♥line by nozimi】の商品が発表された。

 入学式や入社式など改まった場でも、女性らしさと華やかさを求めるスイート派と、知的な印象とカッコ良さを求めるクール派の2ラインを表現した。セットアップスーツ、コート、ブラウス、ハンドショルダーバッグ、ミニボストンバッグ、取り外し可能なビジュー付きパンプスなど、女性目線で企画したアイテムが多く、レディース・スーツの革命が起こりそうな予感がした。

【関連資料】
エヌライン・バイ・ノゾミ【n♥line by nozomi】日本
n♥line by nozomi. |佐々木希オフィシャルブログ



【fur fur】「花を活けるように、服を生ける」のコンセプトが根底

  • ファーファー【fur fur】日本
  • ファーファー【fur fur】日本
  • ファーファー【fur fur】日本
  • ファーファー【fur fur】日本


 デザインの根底にあるものは、不完全なもの、はかないものへのいとおしさ。ぼろぼろで、歪んだ服の中にあるエレガント。感情のある服作りを目指す【fur fur】。「花を活けるように、服を生ける」をコンセプトした2012年春夏コレクションにそって、2012 Summer&Cruise Exhibitionがプレスルームで行われた。

 「花をテーマにしていますが、花柄のモチーフだけでなく、フォルムを花っぽくしているのが今夏の特徴です」とプレスの女性から説明があった。ビジュー付きのデザインなどで、大人っぽくしたクルーズラインは、ウェディングなどのオケージョン対応をしている。刺繍、スモッキング、製品プリーツ加工、ワッシャーなどテクニック的にも高度なものが多く見受けられた。大人っぽく着て欲しいというのが、本音のようだ。

【関連資料】
ファーファー【fur fur】日本
2012年春夏コレクション


【furamu clip】2012年春夏展示会 心も明るくさせるフラムクリップ

  • フラムクリップ【furamu clip】日本
  • フラムクリップ【furamu clip】日本
  • フラムクリップ【furamu clip】日本
  • フラムクリップ【furamu clip】日本


 株式会社ピーアイが手がける人気レディースブランド『furamu clip』の2012年春夏展示会が行われている。映画の告知風特大DMなど、個性あるユニークな招待状がヒットの鍵と言われ、展示会来社数が前年比300%超の168社となり、大きな反響を呼んでいる。2011年から新潟県五泉市のニット組合青年部とニットの共同企画商品をリリース。デザインを経験豊かな宮川里絵氏が担当。大手百貨店の自主編集売場や人気セレクトショップでも取り扱われるなど、全国150社以上のセレクトショップ、専門店に商品を展開中。

 そして、何よりもブランドアイコンは、株式会社ピーアイ代表取締役社長の奥ノ谷 圭祐氏だ。「アパレルメーカーの短パン社長 Okunoya.jrの公式ブログ」は、一般ユーザーからのアクセスが多く、5年目のブランドとしては驚異の伸びを示している。「オンライン通販は、やりません。あくまで、お付き合いしている小売店さんを紹介することが我々の使命だと思います」と奥ノ谷社長は、言い切る。会社創立24年の経験を活かして、日本のアパレル産業を元気にさせるために、小売店の紹介をホームページやブログで発信している。とにかく、会社全体が明るく面白い。社長の個性とそれに応える社員のエネルギッシュな笑顔が、日本を再生させてくれるような気がした。

【関連資料】
フラムクリップ【furamu clip】日本
フラムクリップDVD上映中
アパレルメーカーの短パン社長 Okunoya.jrの公式ブログ

【Limited Edition】そごう・西武PBの挑戦リミテッドエディション ビバユー

  • リミテッドエディション【Limited Edition】
  • リミテッドエディション【Limited Edition】
  • リミテッドエディション【Limited Edition】
  • リミテッドエディション【Limited Edition】


 1月17日、西武池袋本店で、「2012年春夏 そごう・西武 プライベートブランド新作発表会」が行われた。20代女性に向けたナチュラル・フェミニンスタイルを提案する「リミテッドエディション VIVAYOU」と、若い男性の等身大のビジネススタイルに焦点を当てた「リミテッドエディション A.A.R」の発表会。「VIVAYOU」「A.A.R」は、いづれも従来NBとしてヤングに愛され続けて来た実績のあるブランド。今回はそのノウハウを活かしながら百貨店PBならではのクオリティと価格のバランスを主眼に置いた商品開発をおこなってきたという。

 「Limited Edition VIVAYOU」は、カジュアル・フェミニン・プレッピーをキーワードに、母娘が安心して買えるブランドとして今年の3月から販売開始する。クオリティの高さと買いやすいプライスゾーンにこだわったのも特徴だ。母娘が一緒に選べるトレンド・スタイルは、クラシックでナチュラル感のあるコーディネート。フリルのブラウスにネイビーのフィット&フレアのジャンパースカートやコンビネゾン、チュールレースを使ったスカートにボーダーTシャツとネイビージャケットのミスマッチ感覚のコーディネートが提案された。百貨店の本気モードを感じた発表会であった。

【関連資料】
株式会社 そごう・西武
リミテッドエディション【Limited Edition】
NB ナショナルブランド(national brand)
PB プライベートブランド(private brand)


【Limited Edition】ヤングマーケットに向けたそごう・西武PBの2012年春夏の挑戦

  • リミテッドエディション【Limited Edition】
  • リミテッドエディション【Limited Edition】
  • リミテッドエディション【Limited Edition】
  • リミテッドエディション【Limited Edition】
  • リミテッドエディション【Limited Edition】
  • リミテッドエディション【Limited Edition】


 1月17日、西武池袋本店で、「2012年春夏 そごう・西武 プライベートブランド新作発表会」が行われた。デビュー以来、従来の百貨店手法から脱却し、新しい価値提供をめざしてきたそごう・西武のプライベートブランド「リミテッド エディション」は、このたび新しいターゲットに向けた展開を始めた。百貨店業界全体にとっても重要な課題である、ヤングの取り込みに向けてブランドをスタートした。

 2009年にアツロウ タヤマ【ATURO TAYAMA】からスタートした「リミテッド エディション」は、年間10億円を売上を達成する事業に成長したという。ジュンコシマダ【Junko Shimada】を加え、価値を重視した自主開発商品を行なってきた実績がある。東京コレクションで活躍するデザイナーとの取り組みや、日本の優れた技術のある産地や工場に入り込んでモノつくりを共同で開発するという。

 すでに80億円を売り上げている、独自性、差別性のある独自商品(エクスクルーシブ)を強化する方針だ。今春は、海外から高い支持を受けている(株)SHINDOのレースを使ったNBブランドとのコラボレーションと、イタリアン・ジーニング・カジュアルの「BALL」の日本度戦展開を開始する。母娘がともに共有できるPB商品の開発とともに、新しいマーケットに向けた始動する。

【関連資料】
株式会社 そごう・西武
リミテッドエディション【Limited Edition】
NB ナショナルブランド(national brand)
PB プライベートブランド(private brand)


【girls generation】韓国の9人組人気ユニット「少女時代」の魅力

  • 少女時代【girls generation】
  • 少女時代【girls generation】
  • 少女時代【girls generation】
  • 少女時代【girls generation】


 先日行われた「第23回 日本 ジュエリーベストドレッサー賞」で特別賞 女性部門賞を受賞した韓国の9人組人気ユニット「少女時代」。彼女たちの特徴は、何と言っても9人が揃ったダンスやコスチューム、そして美脚のシンクロナイズだそうだ。その可愛さとクオリティの高さが多くのファンを魅了している。Amazonによると「英語、中国語、日本語などの語学実力はもちろん、歌手、映画俳優、タレント、MC、DJ、モデルなど多くの分野で活躍する多芸多才さを取り揃えたティーンエイジャー達で構成されている」という。

 日本のAKB48等のアイドルユニットが制服やユニフォームなのに比べ、韓国のアイドルユニットが個性的なコスチュームを着ている。日本だけで勝負するのか、日本・中国・韓国などアジア諸国のアジア・マーケットで勝負するのか?という目的もある。日本のカワイイか、韓国の大人カワイイか、という対比構造も面白い。フジテレビの「日中韓TV」という日本・中国・韓国の3カ国がアジアンシップ(アジアの友情)にのっとり、さまざまなジャンルで正々堂々と競い合う、日中韓3カ国対抗バラエティ番組がある。たまには、比較文化を論じてみるのも楽しいかも。

【関連資料】
少女時代【girls generation】
少女時代オフィシャルサイト
第23回 日本 ジュエリーベストドレッサー賞
日中韓TV


【ichikura Kimono style】振袖コレクション

  • 一蔵【ichikura Kimono style】
  • 一蔵【ichikura Kimono style】
  • 一蔵【ichikura Kimono style】
  • 一蔵【ichikura Kimono style】


 すでに、キモノ業界では2013年の成人式の準備が行われているという。振袖コレクションで有名な一蔵(ichikura)は、人気モデルを使ったカタログが人気だ。一蔵が【HARAJUKU KAWAii!!】で日本の美をティーンエージャーに披露した。ピンクやブルー、赤、黒など派手な色彩に大柄の花柄や大正時代のようなクラシックな柄など豪華絢爛な着物の世界を表現した。

 若者たちが、着物文化を成人式や謝恩会など継承している。日本の伝統を何世代にも渡ってリレーしていくことで、文化やスタイルが残っていく。洋服にはないルールが存在し、歴史やルーツをたどることになる。気候、風土、体型にあった衣服がある。振袖(ふりそで)は、丈の長い袖が特徴で、未婚女性の礼装用の着物だという。振袖で誰よりも目立ちたいのもわかる気がする。

【関連資料】
一蔵【ichikura Kimono style】
【HARAJUKU KAWAii!!】 2011.12.28 STUDIO COAST


【HARAJUKU KAWAii!!】可愛らしさをスパイスした大人スタイルのミスティウーマン

  • ミスティウーマン【mysty woman】日本
  • ミスティウーマン【mysty woman】日本
  • ミスティウーマン【mysty woman】日本
  • ミスティウーマン【mysty woman】日本
  • ミスティウーマン【mysty woman】日本


 クオリティを高めつつ、女性が感じる可愛らしさをスパイスし、最新のトレンドにブランドらしいエッセンスをミックスしたトータルファッションを提案するブランド【mysty woman】。水玉プリントのハイウエストワンピースに三つ編みヘアがカワイイ、クラシックスタイル。女優帽に、花柄プリントのミニワンピース。

 ミュールにソックス、テーラー衿のフロント開きワンピースにスカーフと細いベルト。透け感のある花柄プリントのイエローの丸衿ワンピースと細ベルトとバスケットバッグ。トレッキングシューズにレースのソックスとショートパンツ。ボーダーのカットソーに、ラッフル使いのコートが揺れた。

【関連資料】
ミスティウーマン【mysty woman】日本
【HARAJUKU KAWAii!!】 2011.12.28 STUDIO COAST


【第23回 日本 ジュエリーベストドレッサー賞】武井咲、大島優子、少女時代など受賞

  • 【第23回 日本 ジュエリーベストドレッサー賞】
  • 【第23回 日本 ジュエリーベストドレッサー賞】
  • 【第23回 日本 ジュエリーベストドレッサー賞】
  • 【第23回 日本 ジュエリーベストドレッサー賞】
  • 【第23回 日本 ジュエリーベストドレッサー賞】
  • 【第23回 日本 ジュエリーベストドレッサー賞】
  • 【第23回 日本 ジュエリーベストドレッサー賞】
  • 【第23回 日本 ジュエリーベストドレッサー賞】
  • 【第23回 日本 ジュエリーベストドレッサー賞】
  • 【第23回 日本 ジュエリーベストドレッサー賞】


 1月11日に第23回日本ジュエリーベストドレッサー賞が、東京ビッグサイトで行われた。1990年から毎年過去一年間を通じて、最も輝いていた人、最もジュエリーが似合う人、そして今後もさらに、ジュエリーを身につけて欲しい人を世代別(10代、20代、30代、40代、50代、60代以上)、男性部門のそれぞれにわけて、日本ジュエリーべストドレッサー賞として選考し、その年の国際宝飾展(IJT)会期初日に表彰しているイベントである。

武井咲さん、大島優子さん、少女時代などの若手とベテラン女優の米倉涼子さん、檀れいさん、余貴美子さん、浅丘ルリ子さんが一堂に介する姿を、千人を超える一般客の前で披露した。「小さい頃から、ガラスのような光るものが好きでした」と挨拶した浅丘ルリ子さんの言葉は印象的だった。また、余貴美子さんは、 「50代で初めてこのような賞をいただいたので、新人の気持ちで、ますます磨きをかけます」とウィットに富んだ挨拶で会場を沸かせた。佐藤浩市さんが、「50を過ぎた男がと思ったが・・・」と照れながらも、素直に喜んでいたのが印象的だった。




【関連資料】

第23回 日本 ジュエリーベストドレッサー賞 - 国際宝飾展




<第23回 日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞 受賞者>
 10代      
武井 咲 さん (女優)
 20代      大島 優子 さん (AKB48/女優)
 30代      米倉 涼子さん (女優)
 40代      檀 れい さん (女優)
 50代      余 貴美子 さん (女優)
 60代以上   浅丘 ルリ子 さん (女優)
 男性部門 佐藤 浩市 さん (俳優)
 特別賞女性部門  少女時代 さん (韓国 アイドル歌手)
 特別賞男性部門  本田 圭佑さん (サッカー選手)


【HARAJUKU KAWAii!!】遊び心いっぱいのブランド、イーハイフンワールドギャラリー

  • イーハイフンワールドギャラリー【E hyphen world gallery】日本
  • イーハイフンワールドギャラリー【E hyphen world gallery】日本
  • イーハイフンワールドギャラリー【E hyphen world gallery】日本
  • イーハイフンワールドギャラリー【E hyphen world gallery】日本
  • イーハイフンワールドギャラリー【E hyphen world gallery】日本


 さまざまなテイストに旬のエッセンスを落とし込み、レイヤードを楽しむ、モードスタイルを提案する、遊び心いっぱいのブランド【E hyphen world gallery】。水玉のストッキングにショートパンツとリボンタイのブラウスを着たモデルが登場した。ミントグリーンのショートパンツに、クリームのライン入りVネックカーディガンと白いシャツのツイーンヘアのトラッドスタイルがミスマッチで注目を集めた。

 フレアスカートに、ハート模様のニット、金ボタンのステンカラーコートとのコーディネート。ボーダー柄のマリンパンツに、水玉のセーラーカラーブラウスは、エレガントだ。オーガンシート無地の二枚重ねのショートパンツとギンガムチェックのシャツとレースアップのヨットパーカのアクティブスタイルは、マリン感覚で新らしかった。

【関連資料】
イーハイフンワールドギャラリー【E hyphen world gallery】日本
【HARAJUKU KAWAii!!】 2011.12.28 STUDIO COAST


【HARAJUKU KAWAii!!】「可愛らしさ」「華やかさ」と「セクシーさ」のカージュ

  • カージュ【Khaju】日本
  • カージュ【Khaju】日本
  • カージュ【Khaju】日本
  • カージュ【Khaju】日本
  • カージュ【Khaju】日本


 オシャレが大好きな女の子たちへ、華やかでワクワクするようなワードローブが入ったクローゼットをイメージしたSHIPSのウィメンズ向けブランド【Khaju】。花が持つ「可愛らしさ」「華やかさ」と「セクシーさ」の魅力をエッセンスとしたコンセプト通りに、大柄のプリントワンピースにフリンジバッグを持ってモデルが登場した。

 ストレートシルエットのドレスとオーガンジーのフレアシルエットの二枚重ねのドレスは、ヒョウ柄ストールとマッチしていた。ミュールにバルーンパンツとセットアップのジャケットは、大人のイメージだ。無造作に結んだ布のベルトが、オシャレ。ハイウエストのサスペンダー付きスカートとリボンタイのブラウス。ミントグリーンのロングスカートとネイビーブルーのクルーカーディガンの絶妙なコーディネートも魅力的だった。安定感のあるデザインに、大人の雰囲気を感じた。




【関連資料】

カージュ【Khaju】日本

【HARAJUKU KAWAii!!】 2011.12.28 STUDIO COAST



【HARAJUKU KAWAii!!】ニューストリートのビビッドカジュアルを表現したギャラクシー

  • ギャラクシー【galaxxxy】日本
  • ギャラクシー【galaxxxy】日本
  • ギャラクシー【galaxxxy】日本
  • ギャラクシー【galaxxxy】日本
  • ギャラクシー【galaxxxy】日本


 過去と未来のバカノリ音楽からザッピングした、コメット飛び散る仮想世界を含んだ"ニューストリート"ウェアを体現するビビッドカジュアルブランド[galaxxxy]。コミック柄を散りばめたオーバーオールに、動物アニメ柄のトレーナーを着たツインおだんごヘアのモデルは、幼い少女のように見えた。パイル地のようなラベンダーとレモンイエローのボーダーミニスカートとキー柄のオフショルダー・カットソーとキー型のヘッドドレス。

 シャーベットトーンのストライプ柄のスカートには、リボンが点々と縫いつけられていた。のスリーブのジージャンと大きなリボンのヘッドドレスが目立った。ピンクのフラットシューズに、コーラルピンクのティアードスカートとサテンのミニ丈のジャンパーは、チアガールのようだ。ポップ柄のコンビネゾンに髪を盛ったヘアスタイルが印象的な70年代スタイルもフレッシュで、躍動感があった。

【関連資料】
ギャラクシー【galaxxxy】日本
【HARAJUKU KAWAii!!】 2011.12.28 STUDIO COAST


【HARAJUKU KAWAii!!】ガーリーロックとキャンパスルックのナマイキ

  • ナマイキ【namaiki】日本
  • ナマイキ【namaiki】日本
  • ナマイキ【namaiki】日本
  • ナマイキ【namaiki】日本
  • ナマイキ【namaiki】日本


 雑誌zipper(ジッパー)で活躍中の瀬戸あゆみ氏とスピンズがコラボレーションしたブランド【namaiki】。ケミカルウォッシュのようなメンズ版のジージャンに、ハードロック&ヘヴィメタルバンド「KISS」のビンテージトレーナー、赤のデニムショートパンツ。クラッシュしたストッキングが印象的なガーリーロックなスタイルだった。

 太めのボーダータイツに炎の大胆プリントのメンズシャツ。装飾したニット帽をかぶった姿がアクティブで爽やかだ。サテンのショートパンツに、刺繍の入ったスカジャンは、ボーイッシュでヘアバンドが80年代アイドルのようだった。プリント柄のハイカットにブロックチェックのミニスカート。写真プリントのTシャツにスタジアムジャンパーがキャンパスルックで、懐かしい。

【関連資料】
ナマイキ【namaiki】日本
【HARAJUKU KAWAii!!】 2011.12.28 STUDIO COAST


【HARAJUKU KAWAii!!】古着とリメイクとクリテエイティブが魅力のスピンズ

  • スピンズ【SPINNS】日本
  • スピンズ【SPINNS】日本
  • スピンズ【SPINNS】日本
  • スピンズ【SPINNS】日本
  • スピンズ【SPINNS】日本
  • スピンズ【SPINNS】日本


 ユースカルチャーの活性化を意識したプロモーション・プロジェクトと、充実したハイクォリティー古着・雑貨の圧倒的ラインナップで話題の古着ショップのブランド【SPINNS】。デニムのフレアパンツとデニムシャツのコーディネートのモデルは、ピクニックバッグを持って登場した。頭には、大きな布のリボンを巻いていた。すべてのアイテムにビジュががちりばめられていた。



 タイトなミニドレスの上に、オーガンジーのロングスカート、レース調の袖、身頃にユニオンジャックのプリントなどリメイクしたドレスで、熊のぬいぐるみを持ってモデルが登場した。カットオフしたカレッジロゴのパーカとタータンチェックのスカートとシャツの大胆レイヤードスタイルが、奇抜で面白い。スタッズ付きの革ジャンに、ブラウスと派手なグラフィック柄のサスペンダー付きパンツは、ガーリーロックでカワイイ。



 コルクボードにピンナップするように、メガネから星、音符柄などモチーフを自由に貼ったスカートは、圧巻だった。芸術の領域に達していた。洋服への飽くなきチャレンジ精神を感じた。先日亡くなったスティーブ・ジョブズが語った言葉「Stay hungry,Stay foolish」を思い出す。ファッション・デザイナーも、ハングリーであり続けろ、バカであり続けろ、ということだと確信した。消費者はそれを望んでいる。




【関連資料】

スピンズ【SPINNS】日本

【HARAJUKU KAWAii!!】 2011.12.28 STUDIO COAST



【HARAJUKU KAWAii!!】トレンドとベーシックを組み合わせたページボーイ

  • ページボーイ【PAGEBOY】日本
  • ページボーイ【PAGEBOY】日本
  • ページボーイ【PAGEBOY】日本
  • ページボーイ【PAGEBOY】日本


 カジュアルをベースに、トレンドとベーシックを組み合わせたリアルクローズを提案するブランド【PAGEBOY】。鹿の子編みのポンチョとループタイが印象的なスタイリングは、スエードのロングブーツとブラウンのショートパンツとシャツの組み合わせ。フレアスカートにチロリアンブラウスのコーディネートも。

 フロント開きのラベンダーのロングスカートにリボンタイのブラウス、ヒョウ柄のクルーネックカーディガン。スエードのショートブーツに、ライトブラウンのショートパンツとミントグリーンのクルーネックのプルオーバー。ペンダントとチェーンベルトのトートバッグがお嬢さん系の雰囲気があった。




【関連資料】

ページボーイ【PAGEBOY】日本

【HARAJUKU KAWAii!!】 2011.12.28 STUDIO COAST



【HARAJUKU KAWAii!!】トラッドテイストとナチュラル感を取り入れたアースミュージック&エコロジー

  • アースミュージック&エコロジー【earth music & ecology】日本
  • アースミュージック&エコロジー【earth music & ecology】日本
  • アースミュージック&エコロジー【earth music & ecology】日本
  • アースミュージック&エコロジー【earth music & ecology】日本
  • アースミュージック&エコロジー【earth music & ecology】日本


 デイリーコーディネートをおしゃれに演出してくれるアイテムやスタンダードなトラッドテイストに流行とナチュラル感を取り入れたブランド【earth music & ecology】。宮崎あおい(Ms.Aoi Miyazaki)さんをイメージキャラクターにしたテレビCMでもお馴染みのブランドだ。レースのミニスカートに、バスケット編みのパステルカラーのボーダーニットは、ナチュラルで草原にいるような爽やかさがある。

 裾ギャザーの切り替えのプリントワンピースに、透かし編みのシュートカーディガン。白のレースアップシューズに、ベージュのミニスカートとラベンダーのVネックカーディガンとシャツ。オパール加工の幾何学模様のミニワンピースに、ケーブルと透かし編みのショート丈のニット。ターンバックした袖のデニムシャツ、ニットのヘッドドレスがカワイイ、スイート感覚のコーディネートなどが登場した。




【関連資料】

アースミュージック&エコロジー【earth music & ecology】日本

【HARAJUKU KAWAii!!】 2011.12.28 STUDIO COAST



【HARAJUKU KAWAii!!】セクシーと自然体をコンセプトにしたミスティック

  • ミスティック【mystic】日本
  • ミスティック【mystic】日本
  • ミスティック【mystic】日本
  • ミスティック【mystic】日本
  • ミスティック【mystic】日本


 女性なら誰もが持ち合わせている「セクシーと自然体」をコンセプトにしたブランド【mystic】。ミントグリーンのロングスカートと黄色と白のボーダーの透かし編みニットカーディガンと丸衿のブラウスが、ロマンチックだ。ラッフルカラーのプリントワンピースに、リボンテープ使いのリップル・カーディガンは、大人のセクシーさがある。



 厚底スニーカーにレースのソックス、プリントのミニフレアスカートとダンガリーの胸の開いたシャツ、そしてトレンチコートで旅行気分全開だ。合繊の水玉スカートに、ラッフル衿のブラウスと光沢感のあるテーラードジャケットは、スチールグレーで都会的。赤のショルダーバッグがアクセントで若さとセクシーさを強調していた。都会の大人の女性の日常を見ているようだった。



【関連資料】

ミスティック【mystic】日本

【HARAJUKU KAWAii!!】 2011.12.28 STUDIO COAST



【HARAJUKU KAWAii!!】フェミニンなスタイリングを提案するレイカズン

  • レイカズン【Ray Cassin】日本
  • レイカズン【Ray Cassin】日本
  • レイカズン【Ray Cassin】日本
  • レイカズン【Ray Cassin】日本
  • レイカズン【Ray Cassin】日本


 どこかノスタルジックな雰囲気が漂うガーリークローズに、トレンドを程よく加味した甘くなりすぎない、等身大で着られるフェミニンなスタイリングを提案するブランド【Ray Cassin】。ショートブーツに、ピエロカラーのブラウスとケーブル編みニットと裾レースのショートパンツがとてもガーリーでカワイイ。ジャガードニットカーディガンとコットンの裾にクロスステッチ使いの白いロングスカートは、ノスタルジックさに観客は酔いしれていた。

 レースアップのワークブーツに、チュールレースと無地の二枚重ねのスカート、リボンタイのサックスのシャツ、エンブレム付きのケーブル編みカーディガンはクラシックなスタイルだった。また、ライディングブーツに、ロールアップしたショートパンツ、ウエスト切り替えのブラウスとカーキ色のフィールドコートは、アウトドア感覚で春が待ち遠しく感じた。フラットシューズに、ロールアップジーンズ、ピエロカラーのブラウスとケーブル編みのカーディガンは、普段着感覚で親近感があった。大きな衿が春夏のトレンドになりそうだ。

【関連資料】
レイカズン【Ray Cassin】日本
【HARAJUKU KAWAii!!】 2011.12.28 STUDIO COAST


【HARAJUKU KAWAii!!】ワンランク上のカジュアルスタイルを提案するダブルネーム

  • ダブルネーム【DOUBLE NAME】日本
  • ダブルネーム【DOUBLE NAME】日本
  • ダブルネーム【DOUBLE NAME】日本
  • ダブルネーム【DOUBLE NAME】日本
  • ダブルネーム【DOUBLE NAME】日本


「WORK NATURAL」をコンセプトに、デニムを中心としたワンランク上のカジュアルスタイルを提案するブランドである【DOUBLE NAME】。レースアップシューズに、レースのソックス、カットオフのデニムミニタイトスカートにチロリアン風のブラウス。デニムのロングスカートに、前見頃がプリントのジップアップ・ジャンパーにストローハット姿がスポーティで春らしい。

 シャツにボーダーのボートネックTシャツとジーンズ姿は、山ガール風でチャーミングだ。デッキシューズっぽいスニーカーに、ショートパンツ、アメリカンコミックのTシャツとヨットパーカジャケットのマリンテイスト。エナメルスニーカーに、ブルーのパンツ、コミック柄Tシャツに無地とチェッキの切り替えパッチワークシャツのトラベルスタイルも人気だった。キャンバス地のボストンバッグは卒業旅行に使えそう。シーンがわかるブランドだった。

【関連資料】
ダブルネーム【DOUBLE NAME】日本
【HARAJUKU KAWAii!!】 2011.12.28 STUDIO COAST


【HARAJUKU KAWAii!!】スタイリッシュなライフスタイルを提案したチャオパニック

  • チャオパニック【Ciaopanic】日本
  • チャオパニック【Ciaopanic】日本
  • チャオパニック【Ciaopanic】日本
  • チャオパニック【Ciaopanic】日本
  • チャオパニック【Ciaopanic】日本


 ベーシックスタイルを中心に、国内外から高感度なカジュアルアイテムを集め、感度の高い都市生活者のアダルトでスタイリッシュなライフスタイルを提案するランド【Ciaopanic】。オーガンジーと無地の二枚重ねのバスト切り替えのワンピースとプリントのロングトッパーとの組み合わせが、ガーリーだった。

 レースアップシューズに、ボーダー柄のニーハイソックス。衿付きのスカート部分がボックスプリーツのワンピースは、60年代調でインパクトがあった。チロリアン刺繍やテープを使ったワンピースにストローハットは、フォークロア感覚で新鮮な印象を受けた。チェックのロングスカートに、ドルマンスリーブの切り替えTシャツとチェーンバッグは、リッチ感とナチュラル感の融合だ。【Ciaopanic】は、様々なスタイルを短時間で提案してくれた。

【関連資料】
チャオパニック【Ciaopanic】日本
【HARAJUKU KAWAii!!】 2011.12.28 STUDIO COAST


アーカイブ